みあのドラクエブログ

DQMSL速報管理人みあの弟のブログ [NewEntry] [Admin]

カレンダー

10 « 2017-11 « 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

記事分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

みあブラザーズ

管理人  [ みあブラザーズ ]

ドラクエやFFを中心としたブログ
少しグロ記事もあるので注意

RSS

広告

FC2Ad

        --------       スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2013-01-09       改造版 ドラゴンクエストⅤ(SFC版)のモンスター

SFC版ドラゴンクエストⅤの改造モンスター。
ご存知かもしれないが、Ⅴには今までの種類のモンスターが多数登場しているが、
何故か登場しない系統が多い(じごくのよろい・キラーアーマー等)。
おそらく、Ⅴには新モンスターが多いため、やむを得ず系統を削減したのだろう。
ゴーストの系統にメトロゴースト・ヘルゴースト等といちいち全て揃えると容量オーバーするため。

なので、前作での色違いモンスターがこの作品に限っては極端に少ないのだ。



Ⅴスライムベス
スライムベス
意外にもⅤではなんとこいつが出ない。ただし、スライムレースにこいつに似た色のスライムはいるが・・・
まあ、こいつが出ないのはⅤ以外にⅡやDQMシリーズでもそうだが。



Ⅴベホイミスライム
ベホイミスライム
前作のⅣに登場するベホイミを使うスライム。「ベホイミ」という中間のポジションがマイナーだったのか、
以降ではホイミスライムとベホマスライムの2種が大活躍してしまった。



Ⅴタホドラキー Ⅴメイジドラキー
タホドラキー、メイジドラキー
メイジドラキーはまだしも、タホドラキーが省かれているのは珍しい。
名前は変だがドラキー系統だけあって結構メジャーなモンスターなのに・・・



Ⅴブラッドハンド Ⅴメタルハンド
ブラッドハンド、メタルハンド



Ⅴゴールドオーク
ゴールドオーク



Ⅴゴールドマン
ゴールドマン
今作で初登場となるゴールデンゴーレムと被るため、彼だけを省いたのだろう。



Ⅴミニデーモン Ⅴつかいま
ベビーサタン、つかいま
ベビーサタンとミニデーモンが逆になってしまうが、Ⅴでは明らかにベビーサタンなのにミニデーモンとなっている。



Ⅴデビルロード
デビルロード
Ⅱの凶悪モンスター。残念ながらⅤにはお呼びがかからなかった・・・
どうせ色違いのバズズ出しているなら、デビルロードも出せばいいと思う。



Ⅴごろつき Ⅴデスストーカー Ⅴオルテガ
さつじんき、デスストーカー、オルテガ
オルテガ・・・パパスにしておこう。一応データ上に山賊ウルフのドット絵としてパパスが存在している。
だが、山賊ウルフよりもオルテガみたいなパンツマスクの方が何となくお似合い(パパスファンには悪いが)。



Ⅴフェイスボール
フェイスボール



Ⅴサイクロプス Ⅴアトラス
サイクロプス、アトラス
サイクロプスは意外にもⅤに登場しない。チゾットの洞窟に出てきそうなモンスターなのだが・・・



Ⅴじごくのつかい
じごくのつかい



Ⅴマタンゴ Ⅴマージマタンゴ
マタンゴ、マージマタンゴ



Ⅴベロベロ
ベロベロ
Ⅳの第五章でもこいつの出現率が大幅に下がっていることから、Ⅴの時代には絶滅してしまったのだろう。



Ⅴスターキメラ Ⅴメタルキメラ
スターキメラ、メタルキメラ



Ⅴパンドラボックス
パンドラボックス
この当時にはまだパンドラボックスは存在していなかった。初登場はⅦである。
パンドラボックスをⅤに登場したらこんな感じだろうか?



Ⅴグール Ⅴどくどくゾンビ
グール、どくどくゾンビ
Ⅴではリビングデッドがグールの色を奪っているので、逆にグールがこの色である。
ちなみに、次作のⅥでもグールの色を借りている。



Ⅴじごくのよろい Ⅴキラーアーマー Ⅴカンダタこぶん Ⅴピサロナイト
じごくのよろい、キラーアーマー、カンダタこぶん、ピサロナイト
さまようよろい系は色違いがかなり豊富。故に空き容量のため、とりあえずさまよう鎧だけにしたのだろう。かなり中途半端・・・
せめて、じごくよろいとキラーアーマーだけは出してやれよ。



Ⅴキングマーマン
キングマーマン
色からして魔界の海に生息していそうだが、魔界には船がないため渡ることができない。
あの魔界の海にはどんな魔物がいただろうか?



Ⅴメトロゴースト Ⅴヘルゴースト
メトロゴースト、ヘルゴースト



Ⅴバラモスゾンビ
バラモスゾンビ(?)
いや、これは「イブールゾンビ」という名前にしておこう。何しろバラモス自体はⅤに無関係だから。
イブールはⅢで言うバラモスの立ち位置。




Ⅴブルデビル Ⅴデスカイザー
ブルデビル、デスカイザー
本来はⅣのアンクルホーンのカラーリングなのだが、Ⅴ以降ではアンクルホーンに色を奪われた。
デスカイザーはⅦが初登場なので、当然Ⅴには存在しない。

        2013-01-02       改造版 ドラクエソードのモンスター

今回は神ゲー「ドラゴンクエストソード 仮面の女王と鏡の塔」のモンスターを改造。
意外とモンスターの種類が少なく、さまようよろいが登場しているのに、じごくのよろいが出なかったり、
サイクロプスとアトラスが登場しているのに、ギガンテスがいないとか・・・



ソードベホイミ
ベホイミスライム
やはり毎回毎回省かれているのがこのベホイミスライムである。
彼自身も自覚があるのか、少年ヤンガスでは自分が「やっぱり僕は中途半端なんだねぇ~」的なセリフを吐く。
Ⅸが出るまではナンバリング作品のマイナーモンスターの中でもマイナーな部類扱いだった。



ソードメタハン
メタルハンド
GBC版だと画面によっては青っぽく見えるし、深緑色にも見えてしまう。
他所のサイトでこいつのドット絵が青~銀っぽく書かれているので、おそらくはメタリックブルーなのだろう。
マドハンドとブラッドハンド(またはブラッディハンド)の下位2種は登場回数が多いのに・・・



三郷メタルキメラ
メタルキメラ
メタルドラゴン、ドラゴメタル、メタルハンドに続くキメラ族のセミメタル系。
こいつも一度も再登場されることがない不憫なモンスター。外伝ではスターキメラですら登場しているのに。
そのスターキメラもⅨ・Ⅹには登場している。どうやらⅩにもこいつの姿は見られないようだ。



ソードホロスト
ホロゴースト
ソードではシャドー(黒色)と怪しい影の2種しか出なかったため、さびしい系統に。
ホロゴーストなら何故赤色なのって思われるだろうが、もともとホロゴーストはこの色である(Ⅲ)。
再登場以降は何故か魔王の影のカラーリングになってしまい、皮肉にもそれが定着してしまったのだ。



ソードまおう
まおうのかげ
もともとシャドー系最上位であったが、Ⅲ以降ではホロゴーストがこの系統の最上位になった。
しかも色までホロゴーストに奪われてしまい、もはやホロゴーストに成りすまされてしまった・・・
もはや魔王の影はマクロベータと肩を並ぶほどのマイナーなモンスターになってしまった。



ソードつかいま
つかいま
ナンバリング作品ではⅣだけで、今のところトルネコシリーズにしか出番がない。
グレートライドン、ベホイミスライム、ベロリンマンなど、何故かⅣのモンスターは再登場しないのが多い。
トルネコ3と少年ヤンガス以外では3D化されていないモンスターでもある。



ソードグレドン
グレートライドン
マイナーモンスターの烙印を押されていた彼だが、Ⅹにて再登場されたため、マイナー枠から何とか卒業。
ちなみにⅩのカラーリングはこれ(PS版リメイク)ではなく、FC版オリジナルのカラーリングである。
微妙に「グレートライドン」から「グレトライドン」に変更されている。



ドラクエソード キングマーマン
キングマーマン
Ⅷではキングマーマンが出席して、マーマンダインは欠席(没)にされた。
ソードではマーマンダインが出席して、キングマーマンが欠席となった。
キングマーマンとマーマンダインの共演は少年ヤンガスを除いてⅢ以降はない。
それにしても、Ⅷではマーマンダインが没にされたのが意外だったなぁ。



ソードゴルドン
ゴールドマン
今作にはゴーレム(ボス)とストーンマンが出てくるが、ゴールドマンは出てこない。
そういえば、剣神でもこいつは登場しなかったな。代わりに「いかりのまじん」というのが出たが。



ソードダクロル
ダークトロル
トロル族で最強の強さを誇るトロル。とは言っても、Ⅸでは宝の地図の中では弱い部類になるが・・・
前にも書いたが、こいつが登場する作品は少なく、Ⅲ以外の作品では再登場したのがⅨだけである。
発売されたばかりなので、現在まだ登場していないモンスターが多くいるが、
果たしてこいつはⅩに登場するだろうか? こいつどころかトロルキングですら出てくるかわからない。

        2012-12-31       テリワン×Mac

神ゲー「テリーのワンダーランド」と神OS「Macintosh」の改造モンスター。
今回はテリワン及びイルルカに登場するモンスターのドット絵をアレンジしてみた。
GBC版時代のドット絵なので、今回は白色の背景を付けました。
(いつものように黒にすると輪郭が無くなり、全体が黒でつぶれてしまうため)

3D化と違って、2Dグラフィックなので比較的アレンジは容易でした。
ちなみに、グラフィックスに最適と言われているMacで編集しました。やはりMacは最高のOSです。
どこかのWin何とかというクソOSとは大違いだ。

この記事はこれからも新しいドット絵を追加していきます。
将来発売されると思われるドラクエXIの新モンスターも追加する予定です。



テリワンメタライ
メタルライダー


テリワンベホイミ テリワンベホイム テリワンベホマ テリワンしびれ テリワンしびスラ
ベホイミスライム、ベホイミスライム、ベホマスライム、しびれくらげ、しびれスライム


テリワンベホマズ テリワンベホズン テリワンウルスラ
スライムベホマズン、スライムベホマズン(Ⅵ)、ウルトラスライム


テリワンマデュラ テリワンエンペラ テリワンプラキン
スライムマデュラ、スライムエンペラー、プラチナキング


テリワンミニデモン テリワンミリア
ミニデーモン、つかいま


テリワンパラサキス テリワンあくまのめ テリワンインスペ
パラサキス、あくまのめだま、インスペクター


テリワンベレス テリワンベレイス テリワンデビプリ
ベレス、ベレス(Ⅹ)、デビルプリンス


テリワンいどまねき テリワンデスホール テリワンホール
いどまねき(Ⅶ)、デスホール、ホールファントム


テリワントロル テリワントロボン テリワントロキン テリワンショウカク テリワン1
トロル、トロルボンバー、トロルキング、ショウカク、ダークトロル


テリワンブルデビル テリワンバトラー テリワンヘルバト テリワンデスカイ
ブルデビル、ヘルバトラー(Ⅶ)、ヘルバトラー、デスカイザー


テリワンおにこん テリワンギガモン
おにこんぼう、ギガデーモン


テリワンオガソル テリワンてっきゅう テリワンスイフー
オーガソルジャー、てっきゅうまじん、スイフー


テリワンくもじん テリワンランプまじん テリワンまじんブドゥ
くものきょじん、ランプのまじん、まじんブドゥ


テリワンブースカ
ブースカ


テリワンベルフェゴル テリワンキラデモ テリワンデモキン
ベルフェルゴン、キラーデーモン、デーモンキング


テリワンセルゲイ
セルゲイナス


テリワンサイクロ テリワンアトラ テリワンラマダ
サイクロプス、アトラス、ラマダ


テリワンデビロド テリワンバズズ テリワングランババズズ
デビルロード、バズズ、グランバズズ


テリワンデザモ テリワンベリア
デザートデーモン、ベリアル


テリワンサイレス テリワンエビホク テリワンダークジャミラ テリワンゲモン
サイレス、エビルホーク、ダークジャミラ、ゲモン


テリワンメタハン
メタルハンター


テリワンブラハン テリワンブラッディ テリワンメルハンド
ブラッドハンド、ブラッディハンド(Ⅵ)、メタルハンド


テリワンおうごん
ゴールドマン(Ⅲ)


テリワンひとくい テリワンミミック テリワンパンドラ
ひとくいばこ、ミミック、パンドラボックス


テリワンゴールドマン テリワンストーンマン テリワンムーガ テリワンメガゴーレム テリワンいかり
ゴールドマン、ストーンマン、ゴーレムーガ、メガゴーレム、いかりのまじん


テリワンだいまじん テリワンてんばん テリワンはがぞう テリワンズイカク
だいまじん、てんのもんばん、はがねのきょぞう、ズイカク


テリワンイッシー テリワンうごぞう テリワンどぐう
いしにんぎょう、うごくせきぞう(Ⅴ)、どぐうせんし


テリワンストビー テリワンじゃしん テリワンスタチュー テリワンウィング テリワンホラー テリワン石
ストーンビースト、じゃしんぞう、リビングスタチュー、ウィングデビル、ホラービースト、石の番人


テリワンじごよろ テリワンアーマー テリワンアイント テリワンしれん テリワンサイモン テリワンこぶん テリワンピサロン
じごくのよろい、キラーアーマー、アイアンナイト、試練の騎士、サイモン、カンダタこぶん、ピサロナイト


テリワンブラスト テリワンてっこう テリワンマジアマ テリワンゾゾゲル テリワンガーディ テリワンサタメル
ブラスト、てっこうまじん、マジックアーマー、ゾゾゲル、ガーディアン(Ⅵ)、サタンメイル


テリワンニュート テリワンメラリザ
ベビーニュート、メラリザード


テリワンアックス テリワンドラソル
アックスドラゴン、ドラゴンソルジャー


テリワンヒルズ テリワンドラウー
ギガントヒルズ、ドラゴン・ウー


テリワンヒドラ テリワンキングヒドラ テリワングラドラ
ヒドラ、キングヒドラ、グランドラゴーン


テリワングリーン テリワンレッド テリワンアンドレ テリワンエース
グリーンドラゴン、レッドドラゴン、アンドレアル(Ⅳ)、エースドラゴン


テリワンスノー テリワンサラマンダー
スノードラゴン、サラマンダー


テリワンりゅうき テリワンシュプ テリワンりゅうせんし テリワンまかい
りゅうき兵、シュプリンガー、りゅうせんし、まかいファイター


テリワンキース テリワンダース
キースドラゴン、ダースドラゴン


テリワンガメロド テリワンレジェンド
ガメゴンロード、ガメゴンレジェンド


テリワンメカバン
メカバーン


テリワンデブス
グロンデブス


テリワンガルム
ボスガルム


テリワンブラドラ
ブラックドラゴン


テリワンベロゴン
ベロゴンロード


テリワンククル テリワンデスパロ
クックルー、デスパロット


テリワンホブリー テリワンサンバド テリワンれんごくちょう
ホークブリザード(Ⅴ)、サンダーバード(テリワン3D)、れんごくちょう


テリワンlv35 テリワンメキラ テリワンスタキメ テリワンメタキラ
キメーラLv35、メイジキメラ、スターキメラ、メタルキメラ


テリワンマドファル テリワンれんごく
マッドファルコン、れんごくまちょう


テリワンレジェホス
レジェンドホーン


テリワンソルブル テリワンゴンズ
ソルジャーブル、ゴンズ


テリワンキャバ テリワンナイトキャット
キャットバッド、ナイトキャット


テリワンデザゴス テリワンビッグス テリワンベロリンマン
デザートゴースト、ビッグスロース、ベロリンマン


テリワンゴルオク テリワンオーキン テリワンオークlv20
ゴールドオーク、オークキング、オークLv20


テリワンアーム テリワンやつざき テリワンキンレオ
アームライオン、やつざきアニマル、キングレオ(PS版)


テリワンわらぐさ テリワンエピプラ テリワンマッコイ テリワンオーシャン(Ⅴ) テリワンドドリアン
わらいぐさ、エビルプラント(Ⅴ)、ブルーマッコイ、オーシャンキング(Ⅴ)、ドードリアン


テリワンデビプラ テリワンマンドレ
デビルプラント、マンドレイク


テリワンサンド テリワンマリン テリワンタイラント テリワンタイワム
サンドワーム、マリンリバイアサン(マリンワーム)、タイラントワーム、タイラントワーム(DQMJ2P)


テリワンマンドラ テリワンポイキャロ
マンドラゴラ(Ⅵ)、ポイズンキャロット


テリワンかぶと 
かぶとムカデ


テリワンヘルバイ テリワンフルス テリワンピット
ヘルバイパー(Ⅶ)、フルスネイカー、ピットバイパー


テリワンギャング
マリンギャング


テリワンディープ テリワンランドアーマー テリワンまもりがめ
ディープバイター、ランドアーマー、海のまもりガメ


テリワンエビラ
エビラ


テリワンオーラス テリワンシライ テリワンシーラ
グレートオーラス、シーライオン、シーライオン(PS版)


テリワンクルス テリワンクラゴン
テンタクルス、クラーゴン


テリワンオシャキン
オーシャンキング


テリワンピラニアン(Ⅶ) バラクダ(改)
ピラニアン(Ⅶ)、バラクーダ


テリワンミイラ テリワンマミー テリワンブラミー
ミイラおとこ、マミー(FC版Ⅱ)、ブラッドマミー


テリワンじごもん
じごくのもんばん(Ⅵ)


テリワンライダー テリワンナイト テリワングレイト テリワングレート
ボーンライダー、ボーンナイト、グレイトライドン(Ⅹ)、グレートライドン(PS版)


テリワンがいこつ テリワンしりょう テリワンがいけん テリワンしりょきし テリワンしにがみ テリワンメタボン テリワンかげきし
がいこつ、しりょう、がいこつけんし、しりょうのきし(Ⅳ)、しにがみ(Ⅳ)、しにがみ(FC版Ⅳ)、かげのきし


テリワンドラゾン テリワンスカドン テリワンバラゾン
ドラゴンゾンビ、スカルドン、バラモスゾンビ


テリワンメラスト テリワンさまよう テリワンマネマネ テリワンスクリマ
メラゴースト、さまようたましい、マネマネ(PS版)、エビルももんじゃの魂


テリワンデスパク テリワンフレア
デススパーク、フレアドラゴン


テリワンフェイス テリワンデモスピ
フェイスボール、デーモンスピリット


テリワンバラエビ テリワンバラブロ
バラモスエビル、バラモスブロス


テリワンエスタク テリワンデスピサロン テリワンデスタク
エスターク(Ⅳ)、デスピサロ、エスターク(死亡)


テリワンエビリプ テリワンエビプリ
エビルプリースト、エビルプリースト(最終)


サタジェネ(改) テリワンダードレ
サタンジェネラル、ダークドレアム(Ⅵ)

        2012-12-18       改造版 ドラクエⅨのモンスター

改造モンスター(ドラクエⅨ編)

ドラクエⅨには今まで省かれてきたモンスターがほとんど再登場している。
例えば、スターキメラ・ダークトロル・ウィングデビル等は久しぶりの再登場だ。
しかし、この作品でさえ省かれているモンスターが僅かだがいる。
それらをドラクエⅨ風にアレンジしてみた。


スライムダーク スライムダーク
Ⅷの闇の世界に住み着く真っ黒のスライム。モンスターズの「ダークスライム」とは別物。
スライム、スライムベス、メタルスライムに次ぐ4番目のスライム。
しかし、この存在は意外と薄く、スライム・スライムベス・メタルスライムは知っているが、
スライムダークはほとんど知られていない。やはりモンスターズのダークスライムと勘違いされる。



マネーマネマネ
メラゴースト・さまようたましいの最上級種。Ⅷと同様に相変わらず登場しない。
Ⅸにはモシャスを初めとする、変身系の特技がないため(3Dでの処理の問題で)、出さなかったのだろう。
意外とメジャーのようでマイナーなモンスターの一匹である。


エンペラスライムエンペラー
Ⅶに登場したゴールデンスライムのクリスタル版。しかし、残念ながら今作に出ない。
こいつの代理なのか、スライムマデュラというルビー色が登場している。こいつはイラネ。
共演したことがないので正確な位置づけは難しいが、マデュラの方が上位みたいな。


マドルーパー マドルーパー
こいつはⅤにしか登場しないため、存在すら知られていない。
名前が似ているため、Ⅳの没モンスターである「マッドルーパー」の方を連想してしまう。
その影の薄さゆえに、今作でさえお呼びがかからなかった。


まかいじゅまかいじゅ
前作の闇の世界に生息していたじんめんじゅの真っ黒姿。Ⅸでは闇の世界自体がいないので、
こいつが登場しなくても不思議ではない。まあ、それを言っちゃえば影の騎士もそうなのだが・・・


メタメラメタルキメラ
長らく再登場を控えていたスターキメラが出てきたのに、こいつはやはり出ることがなかった。
てんのもんばんに並ぶ、再登場の許されないモンスターとして有名。
やはりⅢの隠しダンジョンのモンスターは黒歴史扱いされているのか?


なげきのぼうれい なげきのぼうれい
意外にも今作には登場しなかった。Ⅷの修道院のボスだっからかもしれんが。
代わりにワイトキング系最強のロードコープスが新登場している。
でも、「なげきのぼうれい」って別に出してもいいと思うけどね。特定人物に関する名前がないので。


ダースギズモ ダースギズモ
GBC版ドラクエⅢのみ登場する、金色のギズモ系最強種である。
一見、ヒートギズモに見えるが、よーく見るとオレンジ色と黄色(金)の区別がつく。
ほとんどの系統が主演している今作ですら、お呼びがかからなかった。
こいつに限らず、アイアンナイト・はがねのきょぞう等の氷の洞窟に生息するモンスターは再登場していない。


ストーンピーストストーンビースト
Ⅵでは強いとやたら知名度の高いモンスターなのだが、Ⅵ以外の再登場は今のところない。
Ⅶ・Ⅸ・Ⅹの作品でもじゃしんぞう共々再登場を果たしていない。
これほど知名度が高いのに(キラーマジンガ程ではないが)、シカトされているとはずいぶん珍しい。


しゃしんぞうじゃしんぞう
ストーンビーストと同様、この系統が主演している作品にまだ再登場していない。
数あるマイナーなモンスターの中でも、一番影の薄いモンスターではないだろうか?


モンストラー モンストラー
こいつの名前の由来はDQ6の町である「モンストル」の怪物である。
ピサロナイトやカンダタ子分などのように、特定の名前が付いたモンスターが再登場するのは控えているのだろう。
どうせなら、配信ボスであるギャングアニマルのカラーリングをこいつの色にすれば良かった。
ゾゾケルが以降のマジックアーマーに使われるような。


パラモスエビルバラモスエビル
最高ランクの宝の地図で雑魚敵として出てきてもよかっと思うんだけどなぁ・・・せっかくバラモスいるのに。
出てくるとしたら、2回行動に必ず暴走するイオナズン、輝く息とか使いそう。
今回はバラモスが特殊なボス(宝の地図)なので、その量産型を出すのはいかがなものかと思ったのだろう。


プースカ ブースカ
バラモスエビルと同様の、ムドーの量産型モンスター。Ⅸに出すとしたらおそらく宝の地図なのだろう。
宝の地図に生息する雑魚モンスターはイベントボスとかの色違いが多いが、
(スライムジェネラル・デンガー、毒妖虫ズオー・デスタランチュラ、病魔パンデルム・エビルフレイム等)
バラモス・ムドーは普通の宝の地図のボスとは違い、魔王系と特別扱いなので、やはり量産型は控えているのだろう。


サタンジェ サタンジェネラル
バラモス・ムドーと同じよう、ダークドレアムの色違いを宝の地図の雑魚モンスターで出すのは厳禁なのだろう。
ところで、サタンジェネラルがⅨの雑魚モンスターとして登場したなら、どれほどの強さなのだろうか?
Ⅵだとラストダンジョンと隠しダンジョンの間の強さであったが、やはり宝の地図限定として出すのだろう。


パラモスブロスバラモスブロス
バラモスの兄弟。「ブロス」は兄弟とい意味。正確にはバラモスの兄なのか弟なのかは不明。
Ⅸでこいつを出すとするなら、やはり宝の地図のダンジョンだろう。魔王の地図ではなく。
Ⅲでは守備力が300と高く、これをインフレしたⅨに換算すると守備力600台くらい。


テュラン デュラン
ムドーの地図が存在してムドーがⅨに登場しているなら、「デュランの地図」もあればなぁ。
そうなると、ジャミラス・グラコス・アクバーとかの地図およびボスも出さなければならないことになる。
各シリーズから2種ずつ出しているのに、Ⅵだけこんなに多いとおかしくなるからだろう。
出来ればデュランあたりは特別に出してほしかったな。


オルミラオルゴ・デミーラ(不完全)
Ⅶで戦った第1回目のオルゴ・デミーラ。既に緑色のオルゴ・デミーラが出てるから登場しているけど。
こっちのは配信クエストのボスとして出してもよかっと思う。もちろん宝の地図の奴よりは弱くしておいて。
HP:6000、攻撃力:400 守備力:250、素早さ:150。使う特技はメラゾーマ、イオナズン、灼熱、凍てつく波動。


エスター区エスターク(不完全)
宝の地図ではⅤの完全体のエスタークを出しているが、こっちのはⅣの不完全体のエスターク。
これも配信クエストのボスで出せば・・・と言っても、同名のモンスターを別として出すわけがないか。
個人的には茶色じゃなくて、こっちの青色の方のエスタークが好みなんだけど。


プリサロエビルプリースト
エビルプリーストの地図が存在して、そのボスが完全体に進化したこいつ。なんか強そう。
行動モーションはデスピサロそのものだが、使う特技はデスピサロ以上!!
完全2回行動、イオナズン、ドルマドン、輝く息、れんごく火炎、痛恨の一撃、マヒ攻撃を使いそう。
高レベルになると3回行動もして、イオナズンからイオグランデ、マダンテも覚えたり。


ゾマホン 闇ゾーマ
宝の地図のゾーマでも、2つのタイプが存在していれば面白かったんだけどね。
もし、闇ゾーマがⅨに出る予定だったら、おそらくⅨに合わせてかなり強力な魔王として再登場させるだろう。
Ⅸでは今までの敵のステータスの2倍ほどインフレしているので、闇ゾーマだったら攻撃力1000、守備力700くらいになるだろう。

        2012-12-18       改造版 DQMJ2Pのモンスター

今回はDQMJ2プロフェッショナルに登場するモンスターをアレンジしてみた。
本来、モンスターズには色違いはないのだが(フレイム・ブリザード等の対のモンスターやメタル系は除いて)、
ジョーカーシリーズになってからキラーアーマーやベホマスライム等の色違いが登場。

強・最強のモンスターは見た目が全く同じでも、内部的にデータが違うらしく、
この強・最強種族の枠を色違いのモンスターにすれば良かったんじゃないかという話もある。
"プロフェッショナル"と名乗るなら、もっと色違いのモンスターを追加させるべきだった。


ドラゴメタルドラゴメタル
この系統に限らず、DQMJ2Pは何故か最上級種を出してはならないという決まりごとがあるようだ。
ギガントヒルズとギガントドラゴンが出ているのに、ドラゴン・ウーを出さないとか。


つかいま(プロ)つかいま
強ベビーサタン・最強ベビーサタンでなく、強化種族の2枠をミニデーモン・つかいまにすればいいと思う。
特性は常にマホカンタ、イオ系のコツ、ザキ攻撃、全ガードブレイクがいい。


いしにんぎょう(プロ)いしにんぎょう
うーん、出るとしたならやっぱ遺跡でしょうね。でも残念ながらミステリドールに取られてしまった。
せめて配合限定で、ミステリドール×ストーンスライムで生まれるモンスターだったらね。
この系統自体がナンバリング作品(本編)ではⅣのみだからね。DQMでもミステリドールに取られて出番なし。


フレイムドック(プロ)フレイムドック
名前の通り見たまんまが炎の犬。しかし、この名前をよく見ると「フレイムドッ」。ドッグじゃないの?
本来ドック(dock)というのは「船渠」という意味なのだが、何故ドッグではなく「ドック」なのかは不明。
そういえば、FFのモンスターにも同名のがいたが、それもドックとなっている。
PS版・DS版でも相変わらずこの名前のままになっている。


スライムエンペラー(プロ)スライムエンペラー
スライムマデュラじゃなくて、スライムエンペラーの方を出してもらえばいいのに。
どうしてスクエニは人気モンスターではなく、変な新モンスターを出したりするなど、ひねくれているのか?
現に、有名であるプラチナキングも出さないし。


サラマンダー(プロ)サラマンダー
こいつは別に好きじゃないが、スノードラゴンを出すならサラマンダーにしてもらいたかった。
スノードラゴンはⅢでは出現率が非常に低いことから、かなりのレアモンスターらしいのだが。
何故こいつではなく、明らかにマイナーなスノードニゴンが採用されるのかホントにジョーカーはわからない。


マネマネ(プロ) マネマネ
DQMJ2Pでは「モシャス」が存在しないので、こいつを出しても意味がないと思ったのだろう。
テリワン3Dにも登場しているが、相変わらず3D化になってからモシャスが存在しない。
モシャス無しでマネマネって違和感ありすぎだろ。リザードマンたちのように削除されなかったのが奇跡。


まおうのかげ(プロ)まおうのかげ
「魔王」だけに、シャドー×????系のモンスターで生まれそう。
具体的に魔王の影と言っても、バラモスなのかゾーマなのかは不明。


ゴールドマン(プロ)ゴールドマン(Ⅲ)
個人的にゴーレム型のゴールドマンより、このタイプのゴールドマンの方が好きなんだよね。
ほとんどの人はゴールドマンと聞くと、真っ先にゴーレムの金色を思い浮かべるだろうな。
おそらく出ないとは思うけど、今後のDQMでこいつを出すとしたら「黄金魔人」という名前で出すかも。


どぐうせんし(プロ)どぐうせんし
Ⅶじゃなくて、このミステリドール系統のが好きなんだけどな。
トルネコ2やⅤをプレイした俺にとっては、Ⅶのタイプはなんか馴染めない。


だいまどう(プロ) だいまどう
エビルプリーストの色違い。作品ごとにグラフィックが異なっている。
Ⅰでは杖を持ったローブのモンスター、Ⅶではゾーマの進化前みたいな姿のモンスター。
この中でⅣの巨体のような姿が一番ピッタリである。俺もこの中でⅣが一番好きである。
ちなみに、キャラバンハートではこいつを仲間にすることが可能。


とうだいタイガー(プロ)とうだいタイガー
「東大タイガー」ではない。プロ版には出ることは願わなかったが、次作のテリワン3Dにて登場を果たした。
「とうだい」だけに、賢さも高めかと思いきや、やはり見た目通りの脳筋。


グレイトライドン(プロ)グレートライドン
相変わらずボーンナイトとしにがみきぞくが主演しているのに、こいつだけは欠席。
存在自体を忘れられているのか、それともこいつを出してはならないという約束があるのか。


しびれあんこう(プロ)しびれあんこう
FC版Ⅳでは没モンスターで色は紫だったが、リメイク版の緑色のものを作ってみた。
眠りブレイクやマヒブレイク、マヒ攻撃の特性を持っていそうだ。


テンタクルス(プロ)テンタクルス
大王イカの上位種。大王イカがSランクであることから、こいつはSSランクに相当するだろう。
名前もかなりカッコよく強そうだが、直訳すると「触手」となんとまぁ安直な意味。
そういえば、こいつはⅧの没モンスターだったようだ。本来なら大王イカやクラーゴンと共に3D化される予定だった。


ディープバイター(プロ) ディープバイター
アイアンタートル系統の中で一番好きだが、どうやらマイナーモンスターのようだ。
いや、マイナー(影が薄い)からこそ、この作品に再登場してもらいたいところだ。
そもそも、DQMJ2Pは「人気モンスター100体以上追加」というキャッチフレーズだったが、
その中のジャンバラヤンやブッチョマンって人気モンスターなのか? どういう基準の「人気」かわからん。


ビラント(プロ)エビルプラント
ローズバトラー系統の最上位種。ローズバトラーをさらに毒々しくしたカラーリング。
余談だが、この系統はドラクエのモルボル(FFのモンスター)と言われている。
確かに、状態変化系の嫌らしい特技を使ったりする点もモルボルに共通している。


ブースカ(プロ)ブースカ
出来ればこいつも出して欲しかったモンスターの一匹。吹雪系やイオ系が得意そう。
ムドー×????(例えばデュランorグラコスとか)でこいつが生まれそう。


サタンジェネラル(プロ)サタンジェネラル
デュランがAランクだから、こいつがSランクあたりかな? さすがにダークドレアムよりは下だろうけど。
DQMシリーズでは相変わらずデュランとダークドレアムが出てるが、こいつだけはまだ出てこない。
色違いの多いDQMJシリーズにも、いいかげんこいつも出してもらいたい。


ブルサベージ(プロ)ブルサベージ
見た目は脳筋に見えるが、マホトーンなどの呪文を使うことから、そこそこ賢いモンスターなのだろう。
特性としてはいきなりマホトーン、ときどきマホトーン、いきなり黒い霧あたりがいいだろう。


エビルフランケン(プロ)エビルフランケン
メガボーグ×エビルエスターク(この系統自体登場しないが)生まれそう。
Ⅵではなめまわしや真空斬りも使うので、マインドブレイク、バギ系のコツ、バギブレイクの特性持ち。


デーモンキング(プロ)デーモンキング
アクバーの上位互換と言いたいが、アクバーがAI2回行動に対して、こいつはAI1~2回行動。
そのかわりにアクバーの弱点だった「強者のよゆう」が無く、ほとんどの上限値能力がアクバーより高そう。
特性はAI1~2回行動に加えてイオ系のコツ、メラ系のコツ、全ガードブレイク。


てんのもんばん(プロ)てんのもんばん
Ⅲでは高確率で痛恨の一撃を繰り出していたから、こいつは会心系に特化したモンスターでもいい。
特性は会心出やすい+瀕死で会心+呪文会心出やすい+瀕死で呪文会心。


ダークトロル(プロ)ダークトロル
トロル系の最上位だけに、HPも攻撃力もトップクラス。だが相変わらず賢さやMPは低そう。
ただ攻撃力が高いだけならば、ボストロールとあんまり変わらないので、特性で差を付けよう。
「ダーク」だから、ドルマ系のコツ+ベタン系のコツ+ベタンプレイクの特性で、「ダークマッシャー」が強力。


バラモスエビル(プロ)バラモスエビル
バラモス関連のモンスターはDQMシリーズでは魔王バラモスだけなんだよね。
他のバラモスブロス、バラモスゾンビ、そしてバラモスエビルはDQMJ2Pに登場せず。
Sランクのバラモスに対して、こいつはSSランクっぽいな。


れんごくまちょう(プロ)れんごくまちょう
炎系統の攻撃に特化していそう。メラ系のコツ・メラプレイク・炎ブレスブレイクぐらいは持っているはず。
こいつも出してもいいと思うんだけど、DQMシリーズは「れんごく火炎」というのが存在せず、
今のところ「しゃくねつ」止まりである。なので、れんごく火炎が輸入しない限りは、こいつの主演は望めない。


まじんブドゥ(プロ)まじんブドゥ
攻撃力の高そうなモンスター。ランプの魔王はSサイズだけど、こいつはM(メガボディ)にしておきたい。
攻撃力上限も最強ダースドラゴンの1200と同じ数値で、スタンダードキラー+ギガキラーも持たせたい。
どうせなら、必中のアンチみかわしアップも付けておこう。


ファイナルウェポン(プロ)ファイナルウェポン
Sキラーマシンの上位種・・・というかSキラーマシンの色違いと言った方が解かりやすいか。
Ⅸでは紺青色っぽい身体をしているが、イラストで見ると本当は銀色らしい。
Sキラーマシンではなく、ファイナルウェポンまたはゴールドマジンガの方を出して欲しいと言いたいところだが、
逆にこいつら出して、「キラーマシン」と名が付くSキラーマシンを出さないのも違和感があるかも。


プラチナキング(プロ)プラチナキング
これだけシリーズが続いているのに、どうしてこいつを出さないのか不思議でたまらない。
プラチナキングを出してはならないという規則でもあるのだろうか(笑) そんなバカな・・・
ここまで出さないと、さすがにスクエニはひねくれているんだろうと思われる。
ダイヤモンドスライムならまだしも、はぐれメタルキングはキモすぎだろ。あんなの出すならこっち出して!


はがねのきょぞう(プロ)はがねのきょぞう
如何にもHP・攻撃力・守備力が高そうだが、これだけだとうごくせきぞうと変わらない。
「ギャンブルボディ」「くじけぬ心」「自動HP回復」を付けよう。
それにしても、随分と影の薄いモンスターだよね。将来のモンスターズに登場するだろうか?


キラープラスター(プロ)キラープラスター
どぐう戦士じゃなくてこっちの方がいいな。どぐう戦士もミステリドール系統の方にしてくれよと。
DQMに登場するモンスターって、どうして下位種の方ばかりを代表に出すのだろう?


しのあんこう(プロ)しのあんこう
ⅣはPSより前にGBCで行うことが計画されており、このモンスターはその作品の追加モンスターだった。
しかし、その作品自体が没となってしまい、同時にこのモンスターも没モンスターとなってしまった。
なので、しのあんこうがどんな色をしていたかは完全に不明。
もしかしたら、しのあんこうはFC版のしびれあんこうのカラーリングを付け継いだかもしれない。


オーシャンボーンオーシャンボーン
グランゼニスが一番最初に創り出した最古の生物。大王クジラやぬしさまとは全く別。
Ⅸではダークドレアム(780)・エスターク(750)に次ぐ3番目の攻撃力(748)の持ち主である。
こいつをジョーカーに出せば、一体どれほどの攻撃力上限があったのだろうか?
Gサイズでありながら1000は超えてしまうのだろうか?
いや、エスタークの攻撃力上限は820なのだから、オーシャンボーンは800ぐらい?


レジェンドホース(プロ)レジェンドホース
こいつじゃなくて、れんごく天馬が出てきたのはガッカリした・・・こっちの方がカッコいいじゃん。
常にアタックカンタはれんごく天馬と同じだが、それに加えて常にマホカンタ、ラッキー、デインブレイクを持つ。
行動早いはないが、デインブレイクやラッキーはれんごく天馬の特性の上位互換と言える。
Sサイズで常にマホカンタ+常にアタックカンタの特性を持っているのは非常に強力。


マッドブリザード(プロ)マッドブリザード
エルシオン学院北の小島でこいつと戦った時はほんとにビックリした! マジパネェ強さだった。
輝く息、ラリホーマ、ザラキとまさに吹雪のようなラインナップ。ステータスもかなり高い。
こいつに特性を付けるとしたらヒャド系のコツ、ヒャドブレイク、吹雪ブレスブレイク、眠りブレイク。
まさに吹雪系に特化したようなモンスターだろう。


ホラービースト(プロ)ホラービースト
ウィングデビルの最上位種。プロフェッショナルに登場したらAランクの悪魔系だろう。
特性はいあつ+ギロギロ+マインドブレイク。ラブリーも付ければいいのだが、どう見ても似合わない。
ラブリーの似合わないモンスターに、カンダタワイフもいるが。


ヴァルハラー(プロ)ヴァルハラー
マホカンタや天地のかまえを再現させて、特性に常にアタックカンタ・マホカンタの両方を持っている。
その上、カウンターにアンチみかわしアップも付いている。こんなモンスターが居たらいいなぁ!
一見、ナイトリッチに見えるが、黄金色の剣と漆黒のマントを身に着けている点が違う。


ドラゴン・ウー(プロ)ドラゴン・ウー
最強クラスの攻撃力でありそう。無印版のおにこんぼうに代わるパワフルファイター。
攻撃力上限が1200で、スタンダードキラー+ギガキラー+メタルキラー+アンチみかわしアップを持つ!?


ゴッドライダー(プロ)ゴッドライダー
そういえば、Ⅸではこちらがホイミ系・ザオラル系を使うと怒りだすんだよな。
ホイミ系・ザオラル系に怒り狂うモンスターの特長としては、魔法使い系や頭の良さそうなモンスターが多い。
ということは、こいつは頭の良いモンスター? そんな風には見えないけど。


デンガー(プロ)デンガー
黄金色のスライムに乗った騎士。下のスライムはゴールデントーテムのとは関係ないのか?
Ⅸではやたらと素早いモンスターだったな。メタル系除いて雑魚モンスター中5位くらいの素早さだったと思う。
DQMJ2Pに登場したら、素早さ上限が1200で、AI2回行動+行動早い+カウンターがありそうだが、
デメリット特性である「強者のよゆう」もセットになってそう・・・


グレートジンガー(プロ) グレートジンガー
こいつを出すなら、元となるソーラー・フーラー・ドーラー・オーラーの4体も必要か。
バベルボブルでさえSランクでかなり優秀な能力だから、こいつはSSランクでそれ以上なのだろう。
AI2回行動、イオ系のコツ、デイン系のコツ、全ガードブレイクの特性を持ち、Ⅷの強さを再現した。
なんとなく、Ⅸのデンガーに似ている気がする。


ビッグファング(プロ)ビッグファング
Ⅷでは天の祭壇に低確率で出現するレアモンスター。何気にHPは1000を超えていた。
隠しダンジョンに生息するワイトキングやベリアルがジョーカーに出てきたというのにこいつは・・・


キースドラゴン(プロ)キースドラゴン
ドラゴンとダースドラゴンは登場しているのに、中間のキースドラゴンだけが省かれている。
ダースがいるのにキースがいないの? ちなみにドラゴンはEランクで、ダースドラゴンはDランク。
キースドラゴンだったらどのランクに属しているのか? もしかしたら下剋上でダースより上位のCランクだったりして・・・
ところで、「キース」ってどういう意味?


デスカイザー(プロ)デスカイザー
Ⅸの時の強さのように、AI1~2回行動、まれにハイテンション、ぼやき、炎ブレスブレイクが似合ってる。
ぼやきはⅨの暗黒の霧を再現させた感じ。


じごくのヌエ(プロ)じごくのヌエ
キマイラロードの上位互換でSSランク。メガボディ2回で、「強者のよゆう」が無くなった感じの強さ。
配合はキマイラロード+れんごくまちょうだろうか? そのれんごくまちょうもDQMJ2Pには存在しない。


キングヒドラ(プロ) キングヒドラ
DQMJ2Pに出ることは願わなかったが、テリワン3Dにてようやく再登場を果たした。
テリワン3Dではやはりやまたのおろちの上位で、ランクSSランクである(やまたのおろちはSランクにダウン)。
DQMJ2Pのグラフィックは結構好きなので、できればDQMJ2Pに出ていればなぁ。


バラモスブロス(プロ)バラモスブロス
テリワン3Dではキングヒドラとバラモスゾンビが出たと言うのに、何故かこいつだけはシカト。
もしかしたら、次に発売されると思われるイルルカ3D(予想)に出てくるかもしれない。


バラモスゾンビ(プロ) バラモスゾンビ
バラモスやゾーマが出ているのに、DQMJ2Pではキングヒドラ・バラモスブロスと共に登場しない。
ハーゴン3幹部のアトラス・バズズ・ベリアルはちゃんと出てきているのに。
次作のテリワン3Dではバラモスゾンビが再登場している(ただし、姿は巨大なバラモスの成れの果てみたいな)。


グレイナル2(プロ)グレイナル(復活)
全盛期の若きグレイナル。どうしてスクエニはこっちではなく、わざわざ老いた方を出したのか?
特性はメガボディ2~3回、凍てつく波動、ベタン系のコツ、全ガードブレイクとまさに全盛期らしい。
全ガードブレイクとベタン系のコツを活かして、「天変地異」「獣王げきれつしょう」が強力。
まあ、DQMJ2Pには「AI3回行動」というのはないので、仕方なく2~3回行動の特性にした。


エビルプリースト+(プロ) エビルプリースト
エビルプリースト×マガルギ×神さま×ヒヒュドラードの4体配合で生まれそう。
ランク:SS、種族:???、HP:1600、MP:1200、攻撃力:1200、守備力:1000、素早さ:1100、賢さ:1500

特性はメガボディ2~3回行動、常にマホカンタ、全ガードブレイク、マヒ攻撃
耐性:眠り・マヒ・混乱・毒・休み・ザキ・イオ・ドルマを無効。マホトーン・ダウン・ルカニを半減。フールに弱い。
登場したらこんな感じの強さかな。エビルプリーストの弱点だったマヒ耐性が完璧になってそうだ。


グランドラゴーン(プロ) グランドラゴーン
ギガボディ2~3回、連続(4回)、ベタン系のコツ、ベタンブレイクの特性を持っており、
ギガボディとベタン系のコツ+ベタンブレイクの相性が良く、「天変地異」「獣王げきれつしょう」がかなり強力!
そういや、テリワン3Dにも出なかったんだよな。今度のイルルカ3Dとかに出るのだろうか?
テリワン3Dでキングヒドラ出したなら、こいつも出せよと。

古い記事  | HOME |  新しい記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。