みあのドラクエブログ

DQMSL速報管理人みあの弟のブログ [NewEntry] [Admin]

カレンダー

07 « 2017-08 « 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

記事分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

みあブラザーズ

管理人  [ みあブラザーズ ]

ドラクエやFFを中心としたブログ
少しグロ記事もあるので注意

RSS

広告

FC2Ad

        --------       スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2013-04-19       俺的オリジナルモンスター (ドラクエ編)

俺的自作モンスター 第二弾【ドラクエ編】
ドラクエには同名のモンスターが多く存在してある。ゴールドマンはゴーレム系とようがんまじん系の2種。
なので、ストーンマンとゴーレムをようがんまじん系統のグラフィックに作ってみた。
他にはミステリドール・いしにんぎょうをどぐう戦士(Ⅶ)系のを作り、キラープラスターをミステリドール系のを作る。

だが、ピラニアン(Ⅶ)系統のをとつげきうおとして作るならまだしも、
とつげきうおを「エビルアングラー」「しびれあんこう」として作るのはかなり無理がある。
「あんこう」「アングラー」が付いているので、さすがにとつげきうおのグラフィックには使えない。



自作 フェアリーラットフェアリーラット
ⅣのみみとびねずみをⅦのフェアリーラット風に作った。みみとびねずみはⅦとⅣの2種があり、
Ⅳでは上位種にエアラット・エビルハムスターがおり、Ⅶでは上位種にフェアリーラットがいる。
逆にⅣにはフェアリーラット、Ⅶにはエアラット・エビルハムスターが存在しないので作った。



自作 エアラット 自作 エビルハムスター
エアラット、エビルハムスター
Ⅶではこの系統を見るのはいずれも序盤あたり。
みみとびねずみはウッドパルナの塔、フェアリーラットはダーマ周辺。



自作 イーブルフライ 自作 マジックフライ
イーブルフライ、マジックフライ
フェアリードラゴン系統はⅣとⅥにも登場するが、姿が全く違う。
とはいえ、蝶をモデルにしたかのような小型のドラゴンタイプなのはどちらも共通している。



自作 ドラゴンバタフライ 自作 ドラゴニット
ドラゴンバタフライ、ドラゴニット
姿はⅥのものだが、できるだけⅣのものを基調に作ってみたが、ドラゴニットが微妙。
本来ドラゴニットは身体の色が緑色だが、Ⅵのフェアリードラゴンと似てしまうため、オレンジに。
このオレンジ色はⅣのフェアリードラゴンの身体である。



自作 ダンスキャロット 自作 ポイズンキャロット
ダンスキャロット、ポイズンキャロット
DQMのマンドラゴラの上位種。DQM版のダンスキャロット&ポイズンキャロット。
本当はダンスキャロットの葉の色を緑にしたかったんだが、マンドラゴラが緑色なので、紫色に。



自作 ローズバトラー 自作 ヘルバオム
ローズバトラー、ヘルバオム
マッドプラント系で「ローズバトラー(バラの戦士)」という名前はミスマッチかな。
まあ、本来のローズバトラー自体も剣を持っているわけでないので、どちらも不自然だが。
ヘルバオムもさすがにこれは強そうに見えない。



自作 マッドプラント 自作 わらいぐさ
マッドプラント、わらいぐさ
マッドプラントなら大丈夫だけど、わらいぐさでローズバラー系統は少し無理があるかも。
左のわらいぐさはどちらかと言うと「わらいばな」だな。どっちも笑っている顔ではない。



自作 グロン 自作 デスクリーチャー 自作 ブロブロス
グロン、デスクリーチャー、ブロブロス
「ゾンビーアイ」だけはマンイーター系統と合わないので、グロン、デスクリーチャー、ブロブロスを作った。
と言っても、マンイーター(過去ダーマの中ボス)とゾンビーアイは同色なので、作る必要もない。



自作 キラープラスター キラープラスター
Ⅶと違って、俺の作った方のこいつは剣は持っていないが、プラスター(石膏)なのはどちらも共通している。
キラープラスターと言えば「つるぎのまい」使いだが、こいつは代わりに「ばくれつけん」を使いそう。



自作 だいまじん 自作 てんのもんばん 自作 はがねのきょぞう
だいまじん、てんのもんばん、はがねのきょぞう
Ⅴではうごくせきぞうがいつもの銅像タイプではなく、なんと土偶タイプのミステリドール系統である。
もし、だいまじんたちがⅤに出るのならこの系統で出すのだろう。
ミステリドール系で「はがねのきょぞう」「だいまじん」「てんのもんばん」でもおかしくない名前。
ただし、逆にうごくせきぞうで「どぐうせんし」というのはおかしいだろう。明らかに動く石像は土偶でないし。



石にんぎょう ミステリードール
石にんぎょう、ミステリドール
なぜ「いしにんぎょう」でなく「石にんぎょう」と表記したかと言うと、
Ⅶではどぐうせんしでなく「どぐう戦士」と表記されているので、同じように一部を漢字に表記しただけ。
それなら、「いし人形」でも良かったんだが、「いし」と言うと「石」「医師」「意思」などの単語があるので。



自作 ウィングデビル 自作 オーシャンナーガ
ウィングスネーク、オーシャンナーガ
ちょっとミスったな。ウィングスネークの「ウィング(羽)」について、とさかへびタイプには羽が付いていなかった!
とは言っても、せっかく神聖なMacOSで作ったのだから、とりあえず載せてみた。
どうでもいい話だけど、Macは最高の神OSです。もう一つの某OSなんかでは比較にならない(全てにおいて)



自作 とさかへび 自作 フルスネイカー 自作 ピットバイパー
とさかへび、フルスネイカー、ピットバイパー
とさかへび系をウィングスネーク系に入れ替えた。ウィングスネーク系にはとさかがないので、とさかへびはおかしい?
まあ、それは置いといて(笑) 一応ウィングスネークにもとさか(角?)っぽいのがあるので。



自作 ゴーレム 自作 ストーンマン
ゴーレム、ストーンマン
Ⅲではゴールドマンが何故かようがんまじん系のグラフィック。
個人的にゴーレムとストーンマンはこの系統でもおかしくないかも。



自作 ようがんまじん 自作 ひょうがまじん
ようがんまじん、ひょうがまじん
「魔人」なので、ゴーレムタイプでも不思議ではないので作ってみた。
でも、このようがんまじんって怒りの魔神と間違えやすいかも。



自作 マーマン 自作 マーマンダイン 自作 ザバン
マーマン、マーマンダイン、ザバン
マーマンの色は少年ヤンガスのグレイトマーマンを基調にした。Ⅶではグラコスとキングマーマンが水色だから。
マーマンダインはⅥのグラコスと色が似ているが、微妙にマーマンダインの方が濃い。
普通のマーマンは登場時期が早いが、このマーマンだったら最低でも物語の中盤に出てきそうだ。強そう。



自作 きりさきピエロ 自作 キラージャック
きりさきピエロ、キラージャック
ピエロねぇ・・・微妙だけど、どちらもサーカスに出てきそうな格好をしているので。
余談だけど、きりさきピエロとキラージャックを混ぜると「切り裂きジャック」になる。



自作 コンジャラー 自作 カロン 自作 ピサロのてさき
コンジャラー、カロン、ピサロのてさき
一番右のピサロのてさきはFC版の色を再現してみた。解かりにくいと思うけど、真ん中はカロン。
で、一番左はコンジャラー。まあ、いつも左から名前を書いてあるので。



自作 じごくのきし 自作 ソードイド 自作 デーモンソード
じごくのきし、ソードイド、デーモンソード
そういえば、じごくのきしとかソードイドはまだ他の作品に一度も再登場していないモンスターだな。
下位のがいこつけんし(6本腕のヤツ)はモンスターズシリーズで常連だけど。



自作 がいこつ 自作 しりょう 自作 かげのきし
がいこつ、しりょう、かげのきし
Ⅰのがいこつ系統(しりょうのきしを除く)をⅢのがいこつけんし風に。



自作 しりょうのきし 自作 しにがみ
しりょうのきし、しにがみ
Ⅳのしりょうのきしの色を再現。Ⅰの色だと自作のがいこつと色が被るので。
しにがみもPSリメイクではなくFC版の色を使っている。



自作 デッドエンペラー デッドエンペラー
ワイトキングのモンスターズの代表として出たため、デッドエンペラーは影が薄い。
ネーミング的にもワイトキングよりこっちの方がカッコいいね。
「エンペラー」と「キング」なのに、なんでワイトキングの方が上位種なん?



自作 なげきのぼうれい 自作 デスプリースト 自作 ロードコープス
なげきのぼうれい、デスプリースト、ロードコープス
Ⅴのものはワイトキング・デッドエンペラーの2種のみだが、ⅧとⅨに登場する同名のワイトキングは、
なげきのぼうれい・デスプリースト・ロードコープスと種類が多い。それらをⅤタイプにアレンジ。



自作 ベレス 自作 デビルプリンス
ベレス、デビルプリンス
ボーンプリズナーをⅣのじごくのもんばん風に! 色もなかなかマッチしている。
ちなみに、Ⅵのは「しのどれい」「どれいへいし」「ボーンプリズナー」という名前だが、
いずれもⅣのじごくのもんばんとは合わず、兵士でも骸骨にも見えない。



自作 とつげきうお とつげきうお
エビルアングラー系を「とつげきうお」としてもおかしくはないが、上記に書いたように、
とつげきうおで「エビルアングラー」「しごれあんこう」という名前はかなりおかしいので作らなかった。
まあ、Ⅳのピラニアン(見た目がアンコウなのに)も相当おかしいけど。



自作 ディゴングディゴング
Ⅴのオーシャンキングの色違い(本来はブルーマッコイがこいつの色違いの可能性があるが)
色違いと思われるブルーマッコイもⅥのディゴング系統のを作ろうと思ったが、
ブルーマッコイに至ってはグラフィック(当然カラーリング)が判明されていないので、作るのはやめた。

        2013-04-18       俺的オリジナルモンスター (ドラクエ・魔法使い系)

ドラクエで同名のモンスターって多いよね?
例えば「まほうつかい」という名前のモンスターは3種類いる。Ⅰ・Ⅲ・Ⅴのグラフィックで。
Ⅰのまほうつかいには上位種にまどうし、だいまどうがいる。
Ⅲのまほうつかいには上位種にエビルマージ、アークマージ、デビルウィザードがいる。

ドラクエ 魔法使い系統図

俺はそんな同名のモンスターをその系統のグラフィックで統一させるつもりです。
アークマージやデビルウィザードをⅠのまほうつかい風のグラフィックとか。



エビルマージ(Ⅰまほうつかい) アークマージ(1まほうつかい) デビルウィザード(1まほうつかい)
エビルマージ、アークマージ、デビルウィザード
同名のまほうつかいをⅠのグラフィック風に作ってみた。意外にも違和感がないのがまほうつかい系統。
もし、このアークマージがⅠに出たらイオナズンを使うので、Ⅰのだいまどうより強いかも。



グレゴール(Ⅰ) グレゴール
まほうつかい、まどうし、その最上位はだいまどう・・・と思いきや、なんとグレゴールだった。
グレゴールってⅠのまほうつかいの色なので、少し青っぽくしました。



エビルプリースト(1まほうつかい) エビルプリースト
Ⅰのだいまどうがいることから、Ⅳのだいまどうの色違いであるエビルプリーストを作った。
エビルプリーストだとしたら、おそらく竜王よりも強いんでしょうね。



あんこくまどう(1まほうつかい系) あんこくまどう
これは「ドラゴンファンタジー2」のエビルプリーストが呼ぶあんこくまどうのグラフィック。
さすがにⅠのだいまどうの色違いだと安っぽい感じになってしまう。



ミラルゴ(Ⅱ) あんこくまどう(Ⅱ) ドグマ(Ⅱ)
ミラルゴ、あんこくまどう、ドグマ
Ⅵのようじゅつしは何故かインド人っぽいような呪術師のグラフィックである。
そんなⅥのようじゅつし系統をⅡのようじゅつしのグラフィックにアレンジしてみた。
あんこくまどうとドグマがこれにするとなんか弱そう・・・



まどうし(Ⅲ) だいまどう(Ⅲ)
まどうし、だいまどう
Ⅲのまほうつかいはまどうし・だいまどう系統ではなく、エビルマージ・アークマージ・デビルウィザードに分岐してしまった。
Ⅲではエビルマージがまどうしで、アークマージはだいまどうに相当するのか? デビルウィザードはあんこくまどう?



グレゴール(Ⅲ) グレゴール
Ⅴのグレゴールが灰色なので、ⅠやⅢのまほうつかいと色が被るため、少し青っぽくしました。



まほうつかい(Ⅳ) まどうし(Ⅳ)
まほうつかい、まどうし
Ⅳではだいまどうがいきなり出てきており、下位のまほうつかいやまどうしが出てない。
そんなまほうつかいとまどうしをⅣのだいまどう(エビルプリースト)系統に作った。
何だかボス級クラスになっちゃったな(笑) 下級であるまほうつかいがこんな豪勢な系統に?



あんこくまどう(Ⅳ) あんこくまどう
ⅣのものをⅦのあんこくまどう(金色と紫色)風にアレンジ。なんかすごく強そう・・・
だいまどうですらHP900のタフさなのに、こいつが出たらHPは1000超えるだろう。
イオナズン・ギガデイン・ザオリク・ベホマズン・ザラキーマ・痛恨の一撃を使えたら最強!



だいまどう(Ⅴ)だいまどう
Ⅴではまほうつかいとまどうしが見事なまで主演している。どちらもⅠのモンスターだ。
だが、残念ながらⅤではだいまどうの代わりにグレゴールという新たな魔術師系統が登場。
だいまどうがⅤに登場するとしたら、おそらくこの金色っぽいローブをしているのでしょう。



エビルマージ(Ⅴ) アークマージ(Ⅴ) デビルウィザード(Ⅴ)
エビルマージ、アークマージ、デビルウィザード
エビルマージでも、Ⅴのグレゴールよりはかなり強いだろう。エビルマージの方はマヒャドも使えるし。
Ⅴで出すとしたら、エビルマージが大神殿、アークマージがエビルマウンテン、
そしてデビルウィザードが隠しダンジョンに生息させるって感じ。



だいまどう(Ⅵ)だいまどう
Ⅵのようじゅつしとあんこくまどうの中間? あんこくまどうの下位といったところだろう。
おなじみのイオナズンを連発をしてきそう。あんこくまどうはベギラゴンだというのに・・・



まじゅつし(Ⅵ) きとうし(Ⅵ)
まじゅつし、きとうし
ようじゅつしの下位種・・・と言ってもⅥにはまじゅつしときとうし自体は出てこないんだよね。
ようじゅつしもⅥに限っては変なキモいおっさんの呪術師になってるし、いつものあくましんかんっぽい奴じゃない。



まほうつかい(ボトク系統) まどうし(ボトク系)
まほうつかい、まどうし
まほうつかい(ボトク系統)はⅤの緑色のローブ、まどうしもⅤのと同じ黄色のローブに。
まほうつかい・・・と言っても見た目が強そうなので、ちょっと無理があるかも。



ようじゅつし(ボトク系) ミラルゴ(ボトク系) ドグマ(ボトク系)
ようじゅつし、ミラルゴ、ドグマ
Ⅵのようじゅつし系統をⅦのあんこくまどう系統風に変えた。ミラルゴとドグマがなんともマッチしてる。
ようじゅつしもこっちの方がかなり強そうだ。

        2013-04-02       オリジナルモンスター(自作)

ドラクエの自作モンスターを作ってみた。
邪心に染まった少年レオソードや、老いてしまったバルボロスなどのIFモンスターたち。

追記:
なんか、バルボロスやキラーマシンの画像が削除?されたようですが、
あの画像もちゃんと許可を戴いたものなんですが。



おおタホドラキーおおタホドラキー
巨大なタホドラキー。もりもりスライムたちのようにマ素による影響ではないらしい。
ただの突然変種なのか、それとも亜種なのか? そこもはっきり書かないのがDQMJの短所の一つ。
俺としては、多分おおドラキーもマ素による影響だと思っています。



おおメイジドラキーおおメイジドラキー
メイジドラキー自体が影薄いので、このモンスターは確実に出番無さそう・・・
自分の中ではメイジドラキーって、ドラキー系統の中で一番好きなんだけどなぁ。



おおドラキーマおおドラキーマ
大量のマ素を浴びたドラキーマ。能力も大幅に強化されている。
ちなみに、ドラキーマの「ーマ」というのは、「ママ」という意味らしい。



ウルトラキメラウルトラキメラ
ウルトラキメイラのキメラ版。おそらくスターキメラに値するモンスター。
激しい炎やベホマラーを使ってくる。



超スターキメラスターキメイラ
スターキメラの亜種。灼熱の炎やベホマラーが使いこなせる。
DS版Ⅵでは追加モンスターにこいつを出してもらいたかったのだが・・・



超メタルキメラメタルキメイラ
メタルキメラの亜種。輝く息や痛恨の一撃などを使いまくる最強のキメイラ族。
メタル系だけに、倒すと高い経験値が貰える。



あばれおおたかあばれどり
マッドファルコンのひくいどり版。ひくいどり・ホークブリザードの下位種である。



とうしんまちょうほっきょくまちょう
ホークブリザードのにじくじゃく版。れんごくまちょうと対をなすモンスター。
れんごくまちょうがれんごく火炎を吐くのに対し、こいつは輝く息を吐く。他にもラリホーマを唱える。
こいつとれんごくまちょうと配合すると、レティスが生まれる。



キングダックスビルキングダックスビル
ダックスビルの王様。ダックスビルがルカニを使うので、こいつはルカナンが使える?
なんだか地味なモンスターだな。



キングメイジももんじゃキングメイジももんじゃ
メイジももんじゃの王様。マヒャドやラリホーマが使えそうだ。
他にもマホトーンやルカナン、ベギラゴンなんかも。



まじんこぞう まじんこぞう
小さなだいまじん。子供ではあるが、まじんだけあってパワーは一級品。



もんばんこぞう もんばんこぞう
小さなてんのもんばん。崩れたてんのもんばんの欠片で作られたのがこいつ。



はがねのこぞう はがねのこぞう
はがねのきょぞうできなく、はがねの「こ」ぞう。



さつじんこぞうさつじんこぞう
さつじんきの幼少時代。「殺人」を純粋な子供の遊びだと思っている。



エリミこぞうエリミキッズ
エリミネーターの子供。幼少期に何人殺したかで、将来が決まるらしい?



ミニストーカーミニストーカー
デスストーカーの子供バージョン。小さいがパワーはかなりのもの。



カンダタキッズカンダタキッズ
カンダタこぶんの幼少期。大人になるとカンダタ軍団に入団される。



オルテガ(幼少期)オルテガ(幼少期)
いや、オルテガはこんなんじゃないでしょ(笑) 子供の時でもちゃんとした姿だったはず。
あのFC版のグラフィックは製作スタッフがおかしいだけ。



ザイル(青年期)ザイル(成体)
ザイルが大人になった時の姿。完全にエリミネーター系統に。
大体予想はついたが、大人になってこれになったら気の毒だろう。



コロボックル族 コロボックル族
DQMJ2のように、コロヒーロー・コロファイター・コロマージ・コロプリーストらが集まっている。
何故かジョーカーではプチット族と新種のプチットガールズが登場しているのに、彼らは出してもらえなかった。
それにしても、ジョーカーシリーズのこいつらはやけに小さすぎる気がする。
ⅦやリメイクⅤでは、一人ひとりの大きさはせいぜい中型犬くらいに見えたのだが・・・



まだらイチョウ(テリー) まだらイチョウ(テリワン3D)
テリワン3D版の3匹で集まったまだらイチョウ。サイズの関係なのか、
DQ9の単体の時よりもずいぶんと小さくなっている。プチット族たちにも言えるが。



デビルスノー(テリワン3D) デビルスノー(テリワン3D)
テリワン3D版のデビルスノー。俺としては、テリワン3Dのもみじこぞうも、
もみじこぞう・まだらイチョウ・デビルスノーの3匹で構成された「もみじ軍団」というモンスターであってほしかった。



ガルゴルバ ガルゴルバ
ダブルイーターの色違い、つまり、ガルバとゴルバが一匹のモンスターとなった。





メタルハンター2メタルハンター2
キラーマジンガじゃないよ。良く見るとこっちのは銀色ボディ。
キラーマシンの方ばかり2だの3だの、挙句はSまでの改良型が登場しているため、メタルハンターは影が薄い。
なので、キラーマシン同様に、メタルハンターの改良型も作ってみた。
メタルハンターにはなかった魔神斬りが使える。まさにメタルハンター1の改良版。



またる3
メタルハンター3
超巨大なメタルハンターの最新版。ギガボディなので、敵全体を攻撃することができる。
大量のメタル系モンスターを一度に倒すことができる。痛恨の一撃でなく魔神斬りを使うが、
キラーマシン3と同様、2~3回行動なので魔神斬りも当たりやすい。



Sメタハン
スーパーメタルハンター
「Sメタルハンター」とも。メタルハンターシリーズ最終形態。最強のメタル狩りに相応しく、
攻撃力999、素早さ999、メタルキラー(特性)、メタル斬り、痛恨の一撃くらいの能力があってもいい。
ミスの多い魔神斬りに代わって貫通タイプの痛恨の一撃を持つようになった?



自作 ヒルデアーノン ヒルデアーノン
Ⅷで没になったテンタクルスの幼体。「ヒルデ」ってどう意味かって?
さあ、自分にもわからない。何となく付けてみたって感じ。
マーマンダインの「ダイン」の意味がわからないのと同じようなもの。



ローズバトラーのねっこ ローズバトラーのねっこ
ヘルバオムのねっこもこの色だったらエロくて萌えたのになぁ・・・おっと失礼(汗)
もともとローズバトラーはヘルバオムと同じ色だったんだけど、何故か色が変更されている。
普通にピンク色の方がヘルバオムにすればいいんじゃないかと思うんだけど・・・



エビルプラントのねっこエビルプラントのねっこ
エビルプラントの触手。そういや、3DS版のⅦでは「あくまのねっこ」という新モンスターが出てるけど、
それがこの作ったモンスターに似てるんだよね。最初は本当にエビルプラントの根っこかと思ったんだ。



デミーラソルジャーデミーラシャドー
オルゴ・デミーラの悪から生まれた魔物。つまり、まおうのかげの騎士版。
シャドーナイトがシャドー、ダークアーマーがあやしいかげ、モシャスナイトがホロゴースト(水色)。
痛恨の一撃、ザラキ、凍える吹雪を使う。



キングピンクモーモンキングピンクモーモン
本当は「クイーンモーモン」にしたかったんだが、髭が付いているので残念ながらキングに。
自分で作ったのもなんだけど、キングピンクモーモンってなんかネーミング的に無理やりっぽくね?



キングマポレーナキングマポレーナ
マポレーナの王様。マポレーナの中でもごくまれな突然変種のみが王様になれる。
つまり、マポレーナの王様は超激レアな突然変種である。
あまりにも確率が低いため、ほとんど存在しないと認識されているほど?



非行レオソード 不良レオソード
邪神レオソードの少年時代。つまり、少年レオソードが邪心に染まった姿。
というよりも、少年時代のレオソード自体が不良(というかやんちゃ)みたいな雰囲気。



デモンスペディオ デモンスペディオ
デモンスペーディオのスペディオ版。スペディオ時にマ素を浴びたらこんな感じだろう。
これだったら、何だかめんこく見えるな。



ジョーカー(小) ジョーカー
JОKERのスペディオ版。最初のスペディオ時に伝説の宝具を身に着けた姿。
「ジョーカー」とカタカナ表記にしたのは、りゅうおう(変身前)と竜王(変身後)のような区別。



マスターパンドラマスターパンドラ
パンドラボックスの進化体。キングミミック系最上位種。宝箱のみでエンカウントはしない。
HP3000・MP∞、その他全てのステータスが999である雑魚敵最強のモンスター。
特技は(2~3回行動)・痛恨の一撃(貫通)・ベホマ・ザラキーマ・ビッグバン・凍てつく波動・紫色の瞳



闇ゾーマズ・デビル闇ゾーマズ・デビル
ゾーマズ・デビルの闇の衣バージョン。少年時代のゾーマなのか、ゾーマの子供なのかは不明と書かれているが、
英語で「Zoma's」なので、ゾーマの子供なのだろう。母親(ゾーマの奥さん)は誰だか知らんが(笑)



闇アスラゾーマ闇アスラゾーマ
アスラゾーマの闇の衣バージョン。というか、アスラゾーマってカッコ悪いなw
まあでも、没になったゾーマの第二形態に比べれば救いようの余地がある。



サイコプリースト サイコプリースト
エビルプリーストの超完全体。リメイク版で見せた進化体のさらなる形態。
強さもダークドレアム以上! これが採用されたらドラクエ史上最強のモンスターとなる。
多分、ビッグバンやメドローアとかが使えるだろうな。



老ぼろ
バルボロス(老)
通称:老いボロス。バルボロスも老いたらこんな感じになるのだろう。鬣の輝きも失っている。
老いナルも弱かったけど、こいつがこんな風になるとどれくらい弱くなっているのか?
この状態だと、ドルクマや弱い威力の闇の炎しか使えないだろう。



便くせ
暗黒皇帝ガンベクセン
名をうばわれし王(ガンベクセン)の第二形態。なんとなくだが、フリーザとコルド大王の関係に似ている気がする。
フリーザが第三・第四形態に変身できて、コルド大王は第二形態止まりみたいな感じ。
フリーザが最終形態にまで変身できるのなら、コルド大王にもおそらく最終形態への変身は可能であろうと言われている。
それと同じく、ガナサダイがこれに変身できるのなら、おそらくガンベクセンにも変身できたであろう。

 | HOME |  新しい記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。