みあのドラクエブログ

DQMSL速報管理人みあの弟のブログ [NewEntry] [Admin]

カレンダー

05 « 2017-06 « 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

記事分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

みあブラザーズ

管理人  [ みあブラザーズ ]

ドラクエやFFを中心としたブログ
少しグロ記事もあるので注意

RSS

広告

FC2Ad

        --------       スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2013-09-24       「色違い」と「上位種」の違い

下位種・上位種の定義
RPGにおけるモンスター関連の用語の一つ。主に色違い系統のある種族に言う。
同じモンスターグラフィックで、カラーリングが異なるモンスターで、よりステータスの高い種族。
低い方の種族を指す場合は下位種(または最下位種)となる。一番強い系統は「最上位種」と呼ばれる。

じんめんちょう・ひとくいが・しびれあげはの3系統で、ひとくいがを中位種とは呼ばない。
この場合は「じんめんちょうの上位種、しびれあげはの下位種」と言うべき。

また、色違いではあるものの、微妙に形が異なっているものについては「亜種」と呼ばれる。
例:どぐう戦士・メタルスラッシャー、ギガントドラゴン・ギガントブラッド等

メタルスライムやはぐれメタル、メタルキングは色違いではなく「メタル系」と呼ばれる。
「はぐれメタルはバブルスライムの色違い」→×
「はぐれメタルはバブルスライムのメタル系」→○

なお、これらは基本的には出現時期やステータスから判断されるもの。
色違いで、よりステータスが高く、報酬(Gや経験値)も高く、出現時期が後であること。
そのため、以下のようなケースでは同系統モンスターの中で上位種・下位種を判断することが難しいこともままある。


ボスなのに雑魚モンスターのカラーリングと全く同じ
例:やみのドラゴン・ウィングドラゴン、セト・まかいファイター、ボルンガ・グレイトホーン…等

特にⅦではこのタイプが多い。これらは上位種でも色違いでも亜種でもない。単なる「使いまわし」だ。
(3DS版ではそこんところは改善されているが)
また使いまわしと言えば、ⅦのマジックアーマーとⅥのゾゾゲルがそうである。


登場作品によって系統内での上下関係が入れ替わることがある
例:ドラゴンソルジャー・バトルレックス、デビルパピヨン・キラーモス…等

上下関係が明確ではないため、一概に「こちらの方が上位種」と判断することはできない。
特に不思議のダンジョンシリーズでは、メタルハンターとキラーマシン、使い魔とベビーサタンの関係が該当。


色違いモンスターだが、同作品内で共演はしていない
例:デスホール・ホールファントム、スライムエンペラー・スライムマデュラ…等

同じような強さでも、作品が異なれば体感的な強さに差が出る場合もあるため、
この場合の上下関係の判断はとても難しい。
のように、後の作品で共演して初めてどちらが強いのかが判るのもいる。
3DS版Ⅶではスライムエンペラーよりもスライムマデュラの方が能力も特技も全て上なので、後者の方が上位種。


ボスモンスターが系統に含まれている
例:スライムジェネラル・デンガー、おやぶんゴースト・グレゴール…等

スライムジェネラルやデスマシーンなどが属する系統のモンスターが該当する。
これらのモンスターはどちらも初出の作品ではボス級モンスターだったが、
その後に雑魚として出現するモンスターもいる(例:ジャミラス・エビルホーク)

では、スライムジェネラルとデンガーはどちらが上位種なのか?と言われると非常に難しい。
HPと報酬こそはスライムジェネラルの方が高いが、それ以外はデンガーの方が高い。
また、ブースカ・バラモスエビル・サタンジェネラル等の重要ボスの色違いのザコモンスターは、
色違いではなく「量産型」と呼ばれることもある。

さらに、過去にボスモンスターだったのが他作品では雑魚モンスターである場合も多い。
ヘルクラウダー、ホラービースト、まおうのつかい、バルザック等が該当。
Ⅸではホラービーストはウィングデビルの上位種となった。


報酬の上下関係
例:スカイドラゴン・スノードラゴン、キングスライム・メタルキング…等
スノードラゴンはスカイドラゴンより強いはずなのに、経験値が440とスカイドラゴンより低い。
報酬の違いと言えば、ゴールデンスライムとプラチナキングの関係にも該当するだろう。
ゴールドではゴールデンスライムの方が高く、経験値ではプラチナキングの方が高い。
まあ、メタルスライムやはぐれメタルなどは「メタル系」として分類されるが。


ステータスの優劣
例:ゴールドマジンガ・ファイナルウェポン、デンガー・ゴッドライダー…等

これはⅨの宝の地図のザコモンに多い。例えばれんごく天馬とレジェンドホース。
れんごく天馬はHPや行動回数ではレジェンドホースを上回る。だがそれ以外ではレジェンドホースの方が上回っている。
ボーンスパイダとデスタランチュラでも、ほとんどのステータスと報酬ではデスタランチュラが上だが、
ボーンスパイダは完全2回行動で、デスタランチュラよりも厄介な特技が多い。
なので、デスタランチュラがボーンスパイダの上位種とは言い切れない。

また、不思議のダンジョンシリーズである少年ヤンガスでは、グールとどくどくゾンビの関係。
どくどくゾンビの方がHPと守備力は高いが、グールの方が攻撃力、回避、運の良さ、経験値が高い。
どちらが上位種なのかは難しいが、敢えて言うならグールの方が上位だろうか。


ボスにも上位種
例:呪幻師シャルマナ・フォロボシータ、ギュメイ将軍・魔剣神レパルド…等

基本、ボスモンスターは下位種・上位種ではなく「色違い」として分類されるが、
Ⅸにはボスモンスターだけど明らかにこちらの方が完全に強い=上位種であるボスがいる。
例えば魔神ジャダーマ・いにしえの魔神・破壊神フォロボス。この中で一番強いのは破壊神フォロボス。
フォロボシータもステータス・完全3回行動・マヒャド・痛恨の一撃を考慮すると、
呪幻師シャルマナの完全上位種とも取れる。



これらのように曖昧な場合、単に「色違い」として分類するべきだろう。
そもそも俺が子供の頃、「じょういしゅ、かいしゅ」で考えず、「色ちがい」で判断していた。
スポンサーサイト

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。