みあのドラクエブログ

DQMSL速報管理人みあの弟のブログ [NewEntry] [Admin]

カレンダー

03 « 2017-04 « 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

記事分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

みあブラザーズ

管理人  [ みあブラザーズ ]

ドラクエやFFを中心としたブログ
少しグロ記事もあるので注意

RSS

広告

FC2Ad

        --------       スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2013-08-01       [DQ4]謎のダンジョン

リメイク版Ⅳにおける隠しダンジョン。
Ⅴ以降の本編やリメイク版Ⅲと同様、Ⅳでもリメイクにあたりクリア後の新要素が追加された。
PS版では、本作とⅦのダンジョンマップを繋いだだけで、その上登場モンスターも全てⅦのものという仰天仕様。
ⅢやⅥの裏ダンジョンも既存マップの使い回しになっているが、他作品のマップの流用はPS版Ⅳだけ。
これが叩かれまくった為か、DS版のマップは完全オリジナルのものに(出現モンスターは全く同じだが)

ただ、Ⅳに比べて強いⅦのメンバーを迎え撃つ強さのモンスターである以上、
流用とはいってもモンスター自体はⅣのメンバーにとっては手強い奴等が多い。解りやすく言うと、
Ⅶのキャラが悟空・悟飯・ベジータ・トランクスで、Ⅳのキャラがクリリン・天津飯・ヤムチャ・チャオズみたいなもの。
悟空たちサイヤ人軍(Ⅶ)にとってはフリーザは雑魚だが、クリリンたち(Ⅳ)にとってはフリーザは強敵。

ⅦとⅣでは、これほどの差があるのだ。
Ⅳ最強のキャラであるピサロでさえ、Ⅶ最弱のマリベルににすら劣る。



4ブラッドハンド ブラッドハンド
隠しダンジョンの前半に登場する。ヒャドを使うが、この時点でのヒャドは気にならないダメージだろう。
画面全体にこいつがいっぱい出てきて、ヒャドを連発されても痛くもない。
呼ばれるモンスターがホールファントムからじごくの番犬になっている。いどまねきにしておけよ…

ちなみに、メガザルのうでわ(Ⅶ)からきんのブレスレットに成り下がっている。



4ゾンビソルジャーゾンビソルジャー
隠しダンジョン前半に出現する。隠しダンジョンの小手試しと言ったところ。
眠り攻撃、毒攻撃、麻痺攻撃と状態異常付加攻撃のスペシャリスト。ルカナンも使ってくる。
ヒャド系以外の攻撃呪文がよく効く。補助呪文を使うならマヌーサか。

Ⅶと違って、Ⅳのは出る場所が少ないため、図鑑コンプの障害という印象が強い。



4サンダーサタンサンダーサタン
すべての耐性とステータスと行動パターンをⅦから流用したリメⅣ名物手抜きモンスターの1体。
稲妻は怖くないが、たいあたりがただの強化攻撃からⅣのものになっているため注意は必要。
食らうと現在HPの95%を確実に持っていかれてしまう。
ただ、裏ダンの中ではパラメータは低い方で、一度にさほど多くは出ないので楽。



4じごくの番犬じごくの番犬
そんなこんなでⅦではパッとしない敵だったコイツだが、ステータスをまるっきり移植したⅣでは中々の強敵に。
Ⅶに比べて主人公サイドの能力が弱く、弱点だった休み系と岩石系の攻撃がⅣには存在せず、
そして爆裂拳と同様の仕様だった「何度も噛みつく」が、「敵全体に通常攻撃」というチートじみた仕様が理由。

裏ダンジョンのかなり広い範囲にわたり、サイズ関係で最大5匹でも出現する。Ⅵのデススタッフを何となく髣髴させる。
経験値は2倍以上に増加しているが、落とす金額は相変わらず95Gと少なく、ドロップアイテムが匂い袋に更に劣化。



4ヌーデビルヌーデビル
やることもステータスもⅦと同じ。耐性もすべてⅣの確率性に置き換えただけで、いじったのは経験値くらい。
Ⅶでは異常に低い経験値だったのが、Ⅳに合わせて何とか割の合う経験値に。
またHPが高いので、Ⅳのパーティでは一体倒すのに時間がかかるのも嫌らしい。



4デーモンレスラーデーモンレスラー
イオラとラリホーマを使うのは相変わらずだが、報酬がななり強化されており、経験値が250→680になった他、
なんといってもレアな「ごうけつのうでわ」をドロップするおいしい敵となった。



4ダークアーマーダークアーマー
Ⅶのモンスター完全使いまわし軍団の1体。裏ダンジョンに出現する。
系統中コイツだけが登場したが、出現率が低く見た目通り影が薄い。
マホトーンで呪文を封じてきたり、剣に変形してムーンサルトで攻撃してくる。つまりⅦととる行動は同じ。

Ⅶの経験値は130だったに対して、Ⅳでは経験値を450。
しかしながら、ラスダンを通り抜けたプレイヤーにとっては低め感が否めない。



4ゲリュオンゲリュオン
Ⅶでは守備力非貫通タイプの痛恨の一撃だったが、非貫通タイプの痛恨が存在しないⅣでは、
ゲリュオンの痛恨の一撃が守備力を無視するタイプに変更されており、170程度のダメージを喰らう。

Ⅶでは大したことなかった敵でも、Ⅳでは脅威のモンスターと化す。まさにいい見本のモンスターだ。



4ランプの魔王ランプのまおう
同じ隠しダンジョンのモンスターでも、Ⅵに比べるとかなり弱体化している。
かまいたちといった、Ⅶとほぼ同じ攻撃をしてくる。

ちなみに、こいつはシリーズによって落とすアイテムが異なる。
Ⅵでは不思議なボレロ、Ⅶでは貴族の服、そしてⅣではステテコパンツ…
どいうわけか新しい作品になるたびに衣服のランクが下がっている。



4あんこくつむり あんこくつむり
Ⅶでは弱いモンスターだったが、Ⅳではなんと一転!
Ⅳにおいては、たいあたりが強化攻撃ではなく、瀕死にしてしまう特技であるという仕様。
守備力も高いので、Ⅳのキャラでありがちな中途半端な攻撃力ではダメージを与えられない!



4キルゲーターキルゲーター
相変わらず2回攻撃をすることがあり、津波を起こして攻撃してくる。
Ⅶに比べ弱いⅣのメンバーでも、こいつ程度はやはり簡単に倒せるだろう。



4ギャオースギャオース
PS版では隠しダンジョンのサンゴの洞窟部分、DS版では後半の水路のあるフロアに出現。
Ⅶのデータの使いまわしなので、相変わらずHP450の化け物。
作中の雑魚では大魔道、パンドラボックス、ギガントドラゴン、にじくじゃくに次ぐ第5位のHPを誇る。

凍える吹雪はⅣのものなので40~60ダメージだが、それに引き換え激しい炎の威力はかなりのもの。
落とすアイテムはちからのたねで、意外と種集めの狩られることも。
Ⅶ使い回し組は、水系の敵でも後ろの番号に回っていないので、今回は図鑑ラストは逃している。



4フロッグキング フロッグキング
行動パターンやステータスはおろか、出現率が低くて図鑑コンプの障害になるというところまで忠実に再現してくれている。
1つだけ、Ⅶでは「メイルストロム」だった呪文が、なぜか「メイルストローム」になっている点だけが異なる。
なお、このメイルストロームは耐性なしの場合150近いダメージを受けるので、Ⅶより弱いⅣのメンバーにとっては非常に危険。



4ネクロバルサネクロバルサ
バイキルト・ライデイン・痛恨の一撃を使い。痛恨の一撃がⅣの仕様により脅威!
また、Ⅳの仕様に合わせてライデインの対象が単体になっている点も。
何気に全モンスター中唯一のデイン使い。



4オーガキング オーガキング
Ⅶで吐いていた氷の息がⅣではこごえる吹雪に進化したが、Ⅳの凍える吹雪はⅦの氷の息と同じ威力で、ダメージはほぼ一緒。
また、大防御はただの防御にランクダウンした。Ⅳに合しているのだろう。
何気にⅣの雑魚モンスターでは唯一の怪しい瞳使い。



4ランガーランガー
Ⅶと同じくムーンサルトで全体攻撃を仕掛けてくる。Ⅳのパーティにとっては痛い。
また、Ⅳのパーティにブレスを吐くキャラが存在しないのに、フバーハを唱えるおバカ。
というか、マホカンタの時もそうだけど、補助呪文なのにあのモーションかよ(笑)



4にじくじゃくにじくじゃく
ベギラゴンを唱えるほか、はげしいほのおを吐く。Ⅳでのはげしいほのおは強力。
落とすアイテムはⅦでは月のおうぎだったが、Ⅳではふしぎのきのみに変更されている。

もし、にじくじゃくではなく、れんごくまちょうだったらどうなっていたのだろうか?
れんごくまちょうはⅦでもかなりの強敵だったが、それがⅣに流用していたらとんでもないことに!
たぶん、れんごく火炎吐かれたらⅣのパーティはほぼ全滅してしまうだろう。



ギガントドラゴン(4)ギガントドラゴン
バランス調整のためか流石に灼熱は吐いてこないが、ステータスも高いのでそれでも強敵なのは間違いない。
Ⅳでは激しい炎で最大100ものダメージを受けるため、やはりⅣのパーティにとってはヤバい相手。



4パンドラボックス パンドラボックス
隠しダンジョンの宝箱に化けている他、隠しダンジョンの後半で通常エンカウントすることも。
ステータスなどはⅦの使いまわしだが、ザラキがザキになっている分だけ少し弱体化した。
だがそれでもⅣのパーティにとっては強敵にすぎない。



4プラチナキングプラチナキング
隠しダンジョンの後半部に生息しているが、出現率は非常に低い上、場所も限られている。
ステータスもⅦと同じだが、こちらでは最初からマホカンタがかかっていることはないので、
ラリホーマで動きを止めてから毒針で急所を狙うか、ピサロのまじん斬りで一撃必殺を狙うといい。

Ⅶでは攻撃力が高ければ通常攻撃だけでも倒せるが、攻撃力500も達しないⅣ陣ではピサロの魔神斬りに頼るしかない。
悟空は地球破壊できるが、チャオズは地球を破壊することができないのと同じ。



4と7の違い
多分、ドラクエ7やっていないプレイヤーも多いはず。具体的にⅣとⅦのキャラの強さを比較してみよう。
キャラによるが最終的にHPが900以上になり、その他のステータスも400近くになるⅦ陣に対して、
ⅣはHP以外のステータスは255止まり。全ステータスを999まで上げられるⅦ陣にはどうあがいても勝てない。
つまり、Ⅳで最強の力持ちであるアリーナでも、Ⅶで一番非力なマリベルに劣る。

またⅦでは転職システムが存在し、強力な特技・呪文を覚えられるのに対し、Ⅳのキャラには転職が存在せず、特技も固定。
Ⅶでは誰でもアルテマソードやギガスラッシュが使えるが、Ⅳではそのような強力な特技が使えない(というか存在しない)。
ⅦとⅣでは、これほどの差があるのだ。

スポンサーサイト

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。