みあのドラクエブログ

DQMSL速報管理人みあの弟のブログ [NewEntry] [Admin]

カレンダー

09 « 2017-10 « 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

記事分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

みあブラザーズ

管理人  [ みあブラザーズ ]

ドラクエやFFを中心としたブログ
少しグロ記事もあるので注意

RSS

広告

FC2Ad

        --------       スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2013-07-01       改造版 DQMJのモンスター

ドラゴンクエストモンスターズジョーカー1の改造モンスター。
ジョーカー1のモンスターはほぼⅧのグラフィックなので、一部はⅧのモンスターをそのまま流用している。


ヒルキーマドラキーマ
出そうで出ない色違いのモンスター。


キラコプキラースコップ
ジョーカーではキラースコップに替わり、いたずらもぐらが主演した。そのためキラースコップはお休み。
テリワン3D(実質ジョーカーシリーズ)では共演するが、なんとキラースコップは入手困難なレアとなった。


ベロニャゴベロニャーゴ
一応最上位種のはずなのだが、しましまキャットとプリズニャンのインパクトが強すぎるせいか、印象が薄い。
そのためジョーカーシリーズでもプリズニャンの色違いとして出ていない。
もし、ジョーカーに出たなら、配信限定か特別な方法(参加賞の景品など)でしか入手できないレアモンスターっぽい。


マジリプ マジックリップス
「マジック」だけに賢さやMPが高そう。眠りブレイクを持ってそうと言いたいところだが、
ジョーカー1では「○○○○ブレイク」という特性がまだ登場していない。


マジタンゴ マージマタンゴ
ジョーカーではマタンゴからおばけきのこに替わってしまった。そのためこいつの主演は永遠にないのだろう。
この系統の中では結構好きなモンスターなんだけどね。この系統であまり好きでないおばけきのこ出したからな。


プリカンパプリカン
くしざしツインズの上位種。そんなに大して強くはなかったけど。
俺的にくしざしツインズではなくてパプリカンを代表に出してほしかったんだけどな。


アイックアイアンクック
ジョーカーではメタッピーが出ている。どうせならこいつかガチャコッコを代表に出せば・・・


どくずきんどくやずきん
名前の通り毒の矢を打つ。「どくどくボディ」の特性を持っているだろう。
ジョーカー1でのどくどくボディは2以降におけるどく攻撃である。


グリダングリゴンダンス
Ⅷではラストダンジョンに生息するモンスター。ジョーカーに出たらランクはAかB辺り。
マヒ攻撃を使ったこともあるので、「ビリビリボディ」の特性を持ってる。


プクマンふえふきひつじ
「笛吹き羊男」が本当の名前なのだが、「ふえふきひつじおとこ」にすると9文字オーバーしてしまう。
ジョーカー1ではモンスターの名前を漢字にすることができないため、やむを得ず名前を少し減らした。苦肉の策だ。
仮にジョーカーに出すとしたら、おそらくこのようにしただろう。


ゲンジーげんじゅつし
げんじゅつしは攻撃呪文を全て吸収してしまう特殊な耐性を持っている。
その代わりに上限HPがかなり低いのだろう。


ペクトルスペクテット
ジョーカーには未登場。最新作であるテリワン3Dではおおめだまと色違いで主演している。
ただし、テリワン3Dでは野生で出てこず、配合でも作れない、Wi-Fi配信でしか仲間にならない。
入手は困難ではあるが、常にマホカンタの特性を持ち、能力もかなり高い。かなり優秀。


バーサカーバーサーカー
ジョーカーでは首狩り族に交替してしまった。バーサーカーの方が人気高いだろうに。
結局、テリワン3Dでもバーサーカーの主演は許されなかった・・・

ちなみに、このバーサーカーをよく見てほしい。顔の色が黄色でしょ? これは北米版のグラフィック。
北米版では黒○差別への配慮からか、顔が黄色に変わった。差別の配慮って・・・
それならば闇の世界の存在とか、闇の司祭やブラックルーンなんかはどうなるんだよ。


ブラッミブラッドマミー
血に染まったマミー。ドラクエのモンスターとして見るとそれほど気持ちは悪くない。
ただ、実際としては全身血まみれのミイラ男というのは怖いかもしれない。ブラッドハンドも然り。


グルー グール
くさった死体の最上位種。作品によってはリビングデッドだったりどくどくゾンビだったり、よくわからない階位。


デスプリー デスプリースト
こいつが出るかと思いきや、なんと隠しダンジョンに生息するワイトキングが出てしまった。
色とかはこっちの方がお気に入りだったのに・・・


ゲロガー ゲロンガー
じんめんガエルの最上位種。如何にも毒々しい色をしている。
どくどくボディやビリビリボディの特性を持っていそうだ。


デスコピ しのさそり
2だったら「ザキ攻撃」「ザキブレイク」の特性が存在するが、1ではそのような特性がない。
こいつを1に題しても、「死」と付いているのに即死系に特化しないモンスターになってしまう。


アイダシュアイアンダッシュ
全身鋼鉄でできたかぶとこぞうの最上位種。主演したらヘラクレイザーとどっちが強いか?
「アイアン」だけに守備力が999まで伸びそう。2プロやテリワン3Dだったらライトメタルボディ持ちとか。


ポイキラポイズンキラー
名前の通り「どくどくボディ」の特性を持っているだろう。


ブルザルベルザブル
前作ではこの系統最上位のこいつが主演したが、ジョーカーからは最下種のハエおとこに取られた。
よりによって最下種のモンスターに奪われてしまうなんて・・・


デビヨンデビルパピヨン
Ⅵではこの系統最上位種であった。Ⅷではキラーモスが上位になり、さらにはブラックモスという新たな最上位種が登場。
Ⅷではデビルパピヨンがデスファレーナに次いで下位となってしまった・・・

ジョーカー2では多少グラフィックが変更されたため、デスファレーナの色がデビルパピヨンに見えなくもない。


ナイウォー ナイトウォーカー
夜にしか出てこない夜行性のモンスター。夜関係でスキッパー×夜の帝王で生まれたりして。


ナイフォ ナイトフォックス
ナイトウォーカーと同じ夜行性のモンスター。サーベルきつね×夜の帝王で生まれそう。
行動早いの特性があり、ほとんどの上限値も高そう。俺の中では結構お気に入りのモンスター。
最上位であるバロンジャッカルよりいい!


キンオクオークキング
ドラクエⅤでは仲間モンスターだったが、モンスターズシリーズではオークが代表モンスター。
オークキングは回復役としても結構強かったんだけどね。まあジョーカーの中ではわからないけど。


アクバァ アークバッファロー
特にこれと言った能力は無さそう。あばれうしどりの色違いというだけで出したに過ぎない。


マスマルマッスルアニマル
パッと見がかくとうパンサーだと思ってしまうだろう。かくとうパンサーの方が赤っぽい色。
如何にも攻撃力に特化していそう。攻撃力上限999でカウンター持ち。
なるべくⅥの時のような強さにしている。Ⅷではかなり弱体化していたから。


ゴルアイ イーブルアイズ
金色の毛皮を持つ魔獣(悪魔?)。配合で作るとしたら出ないけど、スペクテット×4の4体配合か。
2なら「ゴールド増アップ」「経験値増アップ」の特性がありそうだ。


ダイデビ ダイス・ド・デビル
独特な名前である。何だかラクエには似合わそうなモンスター。
出現場所期間のせいか、こいつ自体の存在もかなり薄く、ほとん知れていないマイナーモンスター。
2では「攻撃力ギャンブル」「守備力ギャンブル」「素早さギャンブル」「賢さギャンブル」の4つを持っていそうだ。


キンムー キングムーチョ
ネンガルにしようかどうか迷っていたんだけど、1ではⅧのモンスターが大半なので、キングムーチョにした。
ダンビラムーチョがDランクに対して、こいつはCランクかBランクっぽい。


スノコンスノーエイプ
雪の世界があったらこいつも出そうだけど、グランプール諸島には雪原のフィールドがないんだな。
2には雪原のフィールドがあったけど、結局こいつは出なかった。


ゆきおんなふぶきのまじょ
Ⅷは「吹雪の魔女」と漢字表記だが、ジョーカーの容量に合わせてひらがな表記にした。
そういえば、Ⅷのモンスターがほとんど出ているこの作品でも、ウィッチレディ系統やヒックノップ系統は出てこないんだよな。
DQMJ2Pではジャンバラヤン(ノックヒップ系統)が出たけど。


じゅひょうりゅうじゅひょうのりゅう
Ⅷは「樹氷の竜」と漢字表記だが、ジョーカーに合わせてひらがな表記に。
漢字で書くとカッコいい名前なのだが、ひらがなで「じゅひょうのりゅう」とすると読みづらい。
なお、いばらドラゴンとドラゴンブッシュが出ているが、中間のこいつだけが出ていない。

テリワン3Dでは樹氷の国という新フィールドがあったが、そこにこいつを出しても良かったのに・・・


アイビクアイスビックル
1では氷のフィールドが存在しないので、出るとしたら配合限定かなんかになるのだろう。
Ⅸでは出現時期がオーシャンクローと逆になり、オーシャンクローの上位種となった。
オーシャンクローがAランクに対して、アイスビックルはSランクとなるのか?


パペットマン8パペットマン
前作のキャラバンハートではパペットマン(色は2の青)だったのに、ここではどろにんぎょう。
何気にジョーカーは下位種のモンスターばっかり出しすぎている。


マペマンマペットマン
この系統は色違いというよりも、持っている人形がそれぞれ違うので厳密に言えば同系統。
ジョーカーではパペットこぞうしか出ておらず、こいつとドールマスターはお休み。


ドルマスドールマスター
どうせならパペットこぞう、マペットマン、ドールマスターの3匹が揃ってもらいたかった。
強いか強くないかは置いといて、この3匹のパーティだったら結構面白いと思うんだけど・・・
下手な新モンスター作るくらいなら、色違いのモンスターを出すべきだ。


ごくらくちょう8ごくらくちょう
ヘルコンドルとガルーダも出ているんだから、ついでにごくらくちょうも出してやれよと。


チキドラゴチキンドラゴ
普通にジョーカーに出てくるかと思いや、なんと影の薄いバードファイターの方だった。
Ⅷではラストダンジョンに生息する強豪のモンスターだったりもする。ラスダンに出るのは2種とも共通している。
それにしてはニワトリそのままの色である。ラスダンのモンスターとしては何だか地味。


ポポンガーボボンガー
デンデン竜とドラゴンバゲージは主演しているが、ボボンガーだけは欠席。
こいつに限らずドラゴン・ウーやパンドラボックスなどの最上位種だけは何故か出ない。
同じ境遇でプラチナキングとかもそうだ。


キンミクキングミミック
ジョーカーでは残念ながら地味なトラップボックスの方が出てしまった・・・
関係ないけど、DQMウォンテッドというモバイルゲームではこいつが出ている。


ボンファボーンファイター
魔王の使いの上位互換として登場してもよかった。種族は悪魔系で、ランクはSS。
攻撃力上限も900でその他の上限値も800台。特性もAI2回行動でイオ系得意。


メガロクメガザルロック
モンスターズに出そうで出ない。Ⅴでは仲間モンスターの一匹であった。
爆弾岩とは逆に回復系に特化していそうだが、1では回復系得意の特性はほとんど意味がない。


ストマンストーンマン
ゴーレムとゴールドマンが出たのに、意外にもこいつだけが省かれてしまった。
ゴーレム、ストーンマン、ゴールドマンの3体が揃っていればいいのに。


マドスタマッドロブスター
イルルカではこいつだったのだが、ジョーカーでは下位種のエビラに取られてしまった。
まあ、俺はエビラの方が好きなんだけどね。


だいキッズだいおうキッズ
プチアーノンの印象が強すぎたためか、なんかイマイチ存在感がない。有名な大王イカの子供なのに。
少年ヤンガスではなかなかの強さであった。


ピグマリピグマリオン
ポグフィッシュの色違い。ジョーカーでは残念ながら出ることはなかったが、
今後のモンスターズでは配信限定or参加賞の景品などでレアモンスターとして出たりして。


マリフェマリンフェアリー
回復役にうってつけのモンスター。賢さ上限999の上に回復系得意の特性持ち・・・
と言っても、1ではザオリクやベホマズンは全回復なので、この特性はほぼ無意味。
2だったらかなり価値が上がっていたかも。


マリギャ マリンギャング
本編の複数行動を再現して、AI2回行動とどくどくボディの特性を持っている。
本当だったら1~2回行動だけど、1では2回行動しかないため。


デアンカデッドアンカー
Ⅶに「デビルアンカー」というよく似た名前がいる。色合いも似ているし。
1では海上との戦闘がないので、もしかしたら海ではこいつに出遭っていたかもしれない。


ヘルパイ ヘルパイレーツ
ジョーカーシリーズではオクトセントリーに替わってしまった。
俺の中でオクトセントリーとヘルパイレーツの区別が付きにくい。どちらも似たような色だから。


キングマキングマーマン
マーマン×「キング」と名の付くモンスターと掛ければ生まれそうだ。
こいつに悪魔系を掛けると早くもグラコスが作れたり。


ホラビーホラーウォーカー
見た目はサンダーサタンだが、Ⅵのホラーウォーカーを再現。
雷系が得意とされる。
スポンサーサイト

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。