みあのドラクエブログ

DQMSL速報管理人みあの弟のブログ [NewEntry] [Admin]

カレンダー

07 « 2017-08 « 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

記事分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

みあブラザーズ

管理人  [ みあブラザーズ ]

ドラクエやFFを中心としたブログ
少しグロ記事もあるので注意

RSS

広告

FC2Ad

        --------       スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2013-01-29       【DQ8】天の祭壇のモンスター

ドラクエⅧの隠しダンジョン「天の祭壇」
ここで出遭うモンスターは、ラストダンジョンである暗黒魔城都市よりもかけ離れて強い奴らが多い。
どう強いかと言うと、攻撃力が一気に300台のものが多い。
暗黒魔城都市で一番の攻撃力であった286のボストロールに対して、ここに生息するモンスターたちは最低でも310以上はある。



Ⅷ・ケムンクルス ケムンクルス
スキッパー・ナイトウォーカーと出現時期がかけ離れて、エンディング後に出遭うモンスター。
さすが隠しダンジョンに住み着くだけあってイオナズンを軽々と唱えてくる。
素早さも非常に高く、現時点ではほとんどの確率で先に行動とられる。おまけに身をかわしやすい。



Ⅷ・ホロゴーストホロゴースト
お馴染みの即死攻撃は健在で死の踊りを多用。さらに凍える吹雪も吐き、エレメント系特有のダメージ増減と深刻になった。
ステータス自体はそれほど高くはないのだが、やはり使ってくる特技が嫌らしくて困る。
落とすアイテムは通常枠でレンネットの粉、レア枠で聖者の灰と難敵の割にショボイ。倒す価値がない。
できれば遭遇したくないモンスターの一匹である。



Ⅷ・ダークデーブル ダークデーブル
ステータスだけ高くなっているものの、行動パターンは下位種の使い回し。
ただ、この時点で強敵の「ヘルガーディアン」を呼ぶことがある。どういう関係なのか?
こいつはこの隠しダンジョンの小手調べ的なモンスターで、もっと強いモンスターが多い。



Ⅷ・ワイトキング ワイトキング
Ⅴに同名のモンスターがいるが、こっちのは嘆きの亡霊のグラフィック。
攻撃手段は、しばしば2回行動する上にバギクロスやマホトーンを唱えたり、手下であるグールと死霊の騎士を同時に呼ぶ。
攻撃力も194とここの敵にしては火力不足。主に呪文を使う魔法使いタイプ。

戦歴によると、竜神の里に攻めていった王様で、ドラゴンが憎いらしい。
そんなのが複数で出現する場合もあり、竜神の里に侵攻するような王様がそんな大量に居るかと思うと、
何だかやるせない。



Ⅷ・ホラーウォーカーホラーウォーカー
Ⅶに続いてⅧにも登場。今回は裏ダンジョンに生息する隠しモンスターとして昇格した。
驚愕するべきはⅦのとは違い、攻撃力が非常に高くなっていること。通常攻撃だけで3ケタも喰らうのだ。

ところで、Ⅵで最上位種だったダークサタンはどうなったんだ? 完全に最上位種気取りのようだ。



Ⅷ・ダークナイトダークナイト
モンスターズにも同名のモンスター(あちらはスライム系)がいるが、ぼうれい剣士・ソードファントム系統である。
ぼうれい剣士の青とソードファントムの赤を混じった紫色。地味に攻撃力が高い。
また、レア枠で古びた剣を落とすことがある。はぐれメタルの剣の材料として使える。



Ⅷ・デスストーカーデスストーカー
Ⅲ以来、長らく再登場することのなかったパンツマスク。今度は裏ダンジョンのモンスターに昇格した。
しかも攻撃力が348とプチソーンとほぼ同値の攻撃力。しかもテンション能力も身についた。
痛恨の一撃はかなり痛いが、その後のトロルキングのことを考えれば、まだリハーサルにすぎない。
なんと恐ろしいダンジョンだ・・・ここは。



Ⅷ・フェイスボールフェイスボール
ホラーウォーカー・デスストーカー同様に、ED前のモンスターが裏ダンモンスターとして昇格した。
Ⅳではデーモンスピリット(エビルスピリッツ)の下位種だったが、今作ではではフェイスボールが上位種となっている。
さらに、エレメント系特有のダメージ増減の特性を持っており、テンションを上げてから攻撃しないと倒せない。

どうでもいいが、エレメントとはとても想像できない不気味なモンスターだ。明らかにゾンビだろ。



Ⅷ・ヘルプラネットヘルプラネット
ザコモンなのに、デブソーンのオリジナル技「神々の怒り」や「流星」を軽々も使ってくる。
このダンジョンのモンスターの例に漏れず攻撃力も高い。




Ⅷ・ヘルガーディアン ヘルガーディアン
スケアフレイル・デュラハーンの最上位。行動パターンはデュラハーンとほとんど同じ。
系統最上位種だけあり、やはり全般的に能力は高いのだが、バランス調整のためか守備力は低い。
「ごくらくちょう」を呼ぶことがあるが、呼ばれてもこちらが強くなっているため、何てこともない。
今頃なぜごくらくちょう? これもバランス調整なのか。




Ⅷ・パンドラボックスパンドラボックス
相変わらず行動パターンはⅦとほとんど同じだが、攻撃力が369とインフレしている。その一方HPが405と激減。
しかし強敵であることは変わらない。その分同種が複数で現れるので、Ⅶの時よりも厄介。
倒すと稀にオリハルコンを落とすこともあるので、危険ではあるが戦う価値はそれなりにある。
竜神王の里への道に高確率で出現する。



佐藤かよブラックルーン
女性のようなカラーリングをした黒魔術師。よく見ると黒ハゲのおっさん。魔導師ホイにそっくり。
ベホマ・ザオラル・ラリホーマ・ザラキーマを使いこなす万能の魔法使いで、ザラキーマを使う確率が高い。
雑魚敵でザラキーマを使うのはこいつとⅦのあんこくまどう、Ⅸのロードコープスを含めて少ない。
イオナズンなどの攻撃呪文は一切なく、ザラキーマさえ気を付けていればダメージを受けることはほとんどない。
頭のいいタイプで、MPが尽きると攻撃するしかない。

豆知識では「このモンスターにかかれば操れない呪文は無い」と記述されているが、
下位のなぞの神官がザオリク、最上位のこいつがザオラル・・・矛盾してるな(笑)



Ⅷ・暗黒の使い暗黒の使い
暗黒魔城都市崩壊脱出時に戦った時とは違う。ここに出てくる方のが攻撃力が高くなっている。
なお、天の祭壇では他の敵とは組まず、必ず単体もしくは同種2匹で出現する。

ポジション的にはⅥの「魔王の使い」なのだが、Ⅷではラプソーンは魔王でなく「暗黒神」なので、
あえて「暗黒」の使いとして登場させ、色もそれっぽくアレンジしたのだろう。



Ⅷ・ビッグファングビッグファング
低確率で出現するワニバーン種族の最上位。HPは雑魚敵でありながら1000を超える。
攻撃力もレティスと同値の386。絶対に他のモンスターとはお供せず、常に単体で現れる。
スキルの種を持つモンスターの中では、比較的手に入りやすく、こいつが現れると微笑んでしまう人もいるようだ。
ちなみに通常アイテムは「皮の盾」。通常とレアのギャップがパネェ・・・



Ⅷ・トロルキングトロルキング
ベリアルに次ぐ火力最強のモンスター。かなりの高確率で痛恨の一撃を繰り出す破壊の化身。
攻撃力は415という、Ⅶのエビルエスタークをも凌駕する数値。HPも1000を超える。
まるで、リメイクⅢに登場したダークトロルの破壊力をそのままⅧに受け継いだような体感である。

単純な攻撃力ではこいつがダンジョン内でピカイチだが、総合面からすればベリアルの方が上。
この脂肪が理由なのか、守備力は攻撃力に反してかなり低い。



Ⅷ・ベリアルベリアル
強豪モンスターの多い天の祭壇の中でもかなり強いと言われているベリアル。今作実質最強雑魚モンスター。
2回行動することもあり、テンションを上げてからイオナズン・通常攻撃・激しい炎を使うことが大半。
激しい炎でバランス調整しているようだが、テンションの上がっている状態だと灼熱の炎に近い威力。
HPは720とそこそこ高く、攻撃力も389という破格な数値で、テンションシ状態で攻撃を喰らったら一溜まりもない。

そして何より、もっとも凶悪と言えるが同種が複数で現れること。
巨体のクセして、ベリアルが最大5匹同時で出現し、最悪な場合で先制攻撃されたら死亡フラグ。



Ⅷ・グレジン4Ⅷ・グレジン1Ⅷ・グレジン2 Ⅷ・グレジン3
左からソーラー・オーラー・フーラー・ドーラー。その中でオーラーがリーダー格で頭脳はらしい。
こいつら単体では弱いが、合体して「グレートジンガー」になるとかなり手ごわくなる。
一気に攻めれば合体する前に倒すことができるが、素早さが高いため、先に行動されて合体することもある。



Ⅷ・グレートジンガー グレートジンガー
ソーラー・オーラー・フーラー・ドーラーが合体することで戦える。バベルボブルなどと同じ。
HP:1520、攻撃力:375、守備力:185とステータス自身もかなり高いが、雑魚敵でありながらギガデインを使う。
雑魚敵でギガデインを使うのは、歴代シリーズでこいつだけである。他にも守備力無視の地響きやイオナズン、はやぶさ斬りも。

これだけ見ると、未来におけるDQ作品を含めて史上最強のように思えるが、
実は偶数ターンのみ2回行動(奇数ターンは1回しかとらない)や、モビルフォースのように痛恨の一撃を出すこともない。
守備力も185とそれほど最強という守備力ではない。攻撃力も同作のベリアルやトロルキングより劣るし。
ついでに凍てつく波動も使うことはない。

スポンサーサイト

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。