みあのドラクエブログ

DQMSL速報管理人みあの弟のブログ [NewEntry] [Admin]

カレンダー

07 « 2017-08 « 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

記事分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

みあブラザーズ

管理人  [ みあブラザーズ ]

ドラクエやFFを中心としたブログ
少しグロ記事もあるので注意

RSS

広告

FC2Ad

        --------       スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2013-01-25       ドラクエの期間限定モンスター大全集

期間限定モンスターとは、ある一定の時期にしか登場せず、それ以降は絶対に遭遇しないモンスターのこと。
FFではそういう部類のモンスターがかなり多いが、ドラクエでは非常に数少ない。
それ故に、ドラクエの期間限定のモンスターはレア扱いされている。

普通のプレイヤーなら「だから何だ」という話だが、999匹討伐プレイヤーにとっては別である。
この期間限定のモンスターの価値は、モンスター図鑑埋めではなく、この999匹討伐にあると言える。

リメイク版のⅤでは、すごろく場で彼らに出遭うことがあるが、あくまで救済措置として。

また、ドラクエⅦの3DS版ではヘルワームやマキマキなどの脇役も図鑑の記載の対象になったため、
3DS版ではさらに999匹プレイがかなりめんどいことに。それまた期間限定というのがタチが悪い。


ドラクエⅣ
限定・つかいま つかいま
第4章のみ生息する、ベビーサタン系の最下種(トルネコシリーズでは最上位種になっている)
出現率は全然悪くない。なので普通に冒険している上では必ず出遭うはず。
コーミズ西の洞窟やキングレオ城周辺によく生息している。また4~5匹出てくるので999匹討伐も難しくない。


限定・いしにんぎょう いしにんぎょう
つかいまと同じく、第4章にしか遭遇しないモンスター。キングレオ城周辺でよく見かける。
一度も出くわしたことがないということはまずない。出現率も普通に高いし。

この章で何匹倒したかどうかは、モンスター図鑑(第5章の最初で入手)を持っていないので調べられないが、
バルザックを倒せばすぐ第5章に移れるので、されで調べよう。999匹になっていなかったらリセット。
第5章に進む際、「記録しますか?」と出てくるが、間違えて上書きしないように。


限定・ピサロナイト ピサロナイト
ドラクエでは珍しい戦わなくてもストーリーが進むボス。おまけ的なボスってところ。
つかいまといしにんぎょうは期間限定として他所の掲示板にも載っているが、こいつも期間限定の1匹である。
意外と見過ごしが多く、エスターク撃破後ではなんと居なくなっている(つまり戦えなくなる)
DS版ではエスタークを倒しても、デスピサロを撃破するまではロザリーヒルに居る。


アドレアル アンドレルアンドレアル
ドラクエ4で999匹討伐最大の壁がこのアンドレアル。最初は3匹で現れ、欠けると仲間を呼んでくる。
そのためにはカウントウォッチを用意しなければならないが、
ここで、あの勝手な行動をするデブをパーティに入れてはならない。軍団呼んで全部倒してしまうおそれがあるからだ。

999匹ということは、この世界に大量のアンドレアルが存在したということだが、一体どこで待機しているのか?
最初から1000匹以上で襲ってくれば、導かれし者もデスピサロの元へは辿り着けなかった・・・


ドラクエⅤ
とげうず 限定・とげぼうず とげぼうず
幼年時代のサンタローズの洞窟にのみ出現。
一応救済措置としてすごろく場の草原マスにのみにしか出ないが、滅多に出現しなくなるのでまさかの激レアモンスターに。

こいつを含む幼少期の期間限定モンスター999匹討伐の最大の問題は、手元にモンスターボックスがないこと。
つまり何匹倒したかは調べられないのこと。モンスターボックスは青年期前半のオラクルベリーで入手できる。
なので、メモかカウンターウォッチを用意しないと大変。


おならイタチ 限定・くびながイタチくびながイタチ
その名の通り長い首を持つイタチ。青年期には絶滅してしまったのか(というか早すぎるだろ)。
スカンクの魔物と同じグラフィックなのでなぜかいつも盛大に屁をこいている。
コイツの右にグリーンワームがいると、グリーンワームが屁をモロに喰らっているように見える。

イタチと言えど下品だったのか、この屁はPS2版では残念ながら削除されてしまったが、
DS版でアクション付きで華麗な復活を遂げ、全国のくびながイタチファン(そんなのいるのか?)を喜ばせた。


せもぐら 限定・せみもぐら せみもぐら
幼年時代のサンタローズの洞窟にのみ登場する。
最序盤のザコモンスターなのでステータスはさほど高くなく、スライムよりちょっと強い程度。
こいつに出遭わず図鑑埋めに失敗することはまずない。とりあえずこいと戦って図鑑を埋めるだけなら楽だが、
999匹倒しなどやるとなると苦行である。


ヒルキーマ 限定・ドラキーマ ドラキーマ
幼少期の氷の館に生息。今までは単なるドラキーの上位種といった地味なモンスターだが、
Ⅴでは期間限定のモンスターとして、存在価値が高くなった。
氷の館では同じ限定モンスターであるカパーラナーガと共に戦える。


カパナガ 限定・カパーラナーガカパーラナーガ
幼年期の氷の館や古代の遺跡に出現する。 古代の遺跡では、同種のみ以外では必ずがいこつへいと組んでいる。
こいつが初めて出てくる時点では、当然冷気ブレスへの耐性防具は無いので、かなり危険な敵と言える。
とがったホネを落とすが、見ての通りこいつは骨だけでできているので、こいつの身体の一部じゃないのだろうかと推測される。


ヒルアイ 限定・ダークアイダークアイ
出現時期がだいぶ早くなり、幼年時代の古代の遺跡でのみ出現。
よって時期限定であり、一部のプレイヤーからはレア12種と呼ばれるモンスター。
リメイク版では戦闘よりも図鑑コンプの障害として立ちはだかる。


わらくさ 限定・わらいぐさわらいぐさ
幼年時代のラインハット地方に出現する。同名の慣用句では「笑い種」と書くが、
コイツは漢字で書くと普通に笑いだろう。PS2版では頭の葉が1枚に。
「ルカナン」「わらっている」「笑い袋を呼ぶ」など多彩な行動を取るが、ほとんどが通常攻撃をする。
さらに悲しいことに出現率が低い上に青年時代では普通に会えない。その上出現率も極低。

その特徴から、マイナーモンスターのスレタイに抜擢されたこともある。
Ⅴのマイナーモンスターは、カリスマ性が高いようだ。


トンネラーズ 限定・トンネラー トンネラー
せみもぐらの上位に当たるモンスター。大声で叫んで土偶戦士を呼び出す。
PS版の攻略本では、その土偶戦士は自分で掘り出したものという苦しい説明がなされている。

ちなみにこの系統、どちらも幼年時代にしか遭えない。
むしろ幼年時代だからこそ、せみの幼虫のようなモンスターを出したのかもしれないが。
しかし、青年期にはこいつらが進化したようなモンスターは見当たらない。何処へ?


プークプ 限定・プクプク プクプク
マ●オに登場する魚の敵キャラ…ではなくⅤに登場する魚の敵キャラ。 青年期前半のサラボナ北の海に出現する
通常攻撃と膨れ上がってのしかかる強化攻撃を使うが、攻守共に平々凡々。
耐性も穴だらけ、というかほとんどが穴。集団で出てくるがまずもって苦戦しないだろう。
集団で出てくるので、999匹討伐も簡単。


たまでがい 限定・たまてがい たまてがい
青年時代前半のサラボナ北海域(山奥の村~滝の洞窟)に出現。 浦島太郎の玉手箱から煙が出てきたイメージなのか?
見た目通り守備力が高く、デイン系以外の攻撃呪文に対する耐性も全体的に高いのでかなり硬い敵。
青年時代後半になるとすごろく場でしか出なくなるため、図鑑コンプを目指すなら前半に倒しておくこと。
独り言だが、「たまてがい」という響きがなんともグレイト!


ゆうれいキャップ 限定・ゆうれいせんちょうゆうれいせんちょう
青年期前半の海にのみ登場するゾンビモンスター。期間限定の中では強い部類に入る。
DS版では仕様が変更され同種でもグループを組むようになったので、グループ攻撃で倒しやすくなった。
また、「幽霊」というわりにニフラムは効かず、更にゾンビ系でもない。本当に幽霊なんだろうか。
モンスター図鑑のコンプリートを目指す人は倒すのを忘れないようにしよう。


しんかりゅう 限定・しんかいりゅう しんかいりゅう
青年時代前半のサラボナ~滝の洞窟の範囲以外の海域に現われる。
また、後半になると出現しなくなってしまうので、PS2版以降ではモンスターボックス(図鑑)の完成を狙うなら、
ジャミを倒す前に一度は出会っておかないと、すごろく場を粗捜しする羽目になってしまうので注意。

期間限定の雑魚モンスターの中では一番強い。

うごくせき 限定・うごくせきぞう うごくせきぞう
幼少期のレヌール城の石像に話しかけると戦える。どう見ても石人形である。
モンスターボックスには載らないので無理に戦う必要はないが、倒すと必ず守りの種をドロップする。
勝てる自信があるのなら、ぜひ戦って種をゲットしてみよう。


ドラクエⅦ
ヒルデガーンのベロ ヘルバオムのねっこ
最大撃破数は25匹だが、ヘルバオム戦で根っこを倒して本体のヘルバオムに全滅させれば、999匹可能。
敵が複数いる戦いで、敵を倒して(その時一体残す)全滅すれば、撃破数は増やせるのだ。

ん?まてよ、そうなったらヘルバオム本体も999匹討伐可能になってしまうな。
うわぁ! そうなると海底のゴーストやマキマキ、もっと言えば四精霊なども999討伐可能になってしまうんだよな!?
超めんどくせぇ~!! こりゃ、キリがない(汗)


ヘルワム ヘルワーム
もともと期間限定(というかイベント内)のモンスターだが、PS版では図鑑に載ることもなかったので、
普通にスルーされていたが、3DS版ではなんとこいつも図鑑に載るようになってしまい、
999匹討伐プレイヤーの手間を作ってしまった・・・スクエニめ、余計なことを・・・


チビィーチビィ
ストーリーの都合上のためか、3DSでもチビィはモンスター図鑑に載ることはない。
住人からのチビィを退治して欲しいという依頼を承諾すると、こいつと戦えるルートになる。
もちろん、このイベントしか戦えないので、期間限定のモンスターとして分類。


ドラクエⅧ
もぐぶん モグラの子分
見た目はいたずらもぐらなのだが、戦闘能力は格段に上なので、もしかしたらドン・モグーラの側近かもしれない。
行動パターンもいたずらもぐらに酷似していてテンションをためるが、仲間を呼ぶこともできる。
なので、999匹討伐が可能である。

ここで注意するべきは、ドン・モグーラの「芸術スペシャル」という技。
こちら全員にメダパニの効果が厄介なのは当然として、なんと味方側であるモグラの子分たちにも影響される。
そのため、混乱して1匹も倒せずに逃げられると図鑑コンプが不可能になってしまう。


ドオーガ ルファング レッドオーガ&ブルファング
竜骨の迷宮のボスである。期間限定イベントとなっており、呪われしゼシカ撃破~マルチェロ撃破までの間にベルガラックを訪れ、
ギャリングの後継者問題に巻き込まれると、入ることが出来る。意外と見逃す人が多い。俺もその一人だった・・・
と言っても、このイベントを逃しても、救済措置なのか、名もなき島に低確率だが出現する。
当然、ここでは普通のザコモンスターとして出てくるので、竜骨の迷宮の時よりも弱くなっている。

スポンサーサイト

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。