みあのドラクエブログ

DQMSL速報管理人みあの弟のブログ [NewEntry] [Admin]

カレンダー

09 « 2017-10 « 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

記事分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

みあブラザーズ

管理人  [ みあブラザーズ ]

ドラクエやFFを中心としたブログ
少しグロ記事もあるので注意

RSS

広告

FC2Ad

        --------       スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2013-01-20       FFⅥ 竜の巣のモンスター

GBA版FFⅥのEXダンジョン「竜の巣」の追加モンスター。
ドラクエでは隠しダンジョンともいう。強さはドラクエと同じくラスダンに生息している奴らより強い。
ランダムで生息する雑魚モンスターの経験値は一律で5000。
ラスダンに生息する魔神竜や、恐竜の森のティラノサウルスやブラキオレイドスよりも低い。
一応、彼らの最上位種たちばかりなのに。



チビドラ1 マジックドラゴン
ベクタリトスの色違いで、稀にオールドドラゴンやベクタリトスと共に出現する。
竜の巣内に出現する追加モンスターの中では弱い方だが、
エアロガ、2倍強化物理攻撃のワンダーウイング、ホワイトウィンド、レベル?ホーリーを多用する。
ほとんどの場合3体で出現するので、エアロガの連発には十分注意が必要。
コイツはカッパにすることができる。しかもそのカッパは体色を反映して、『まっピンク』。
一応レア判定扱いではあるが、エーテルスーパーはコイツから盗むのが最も簡単な方法だと思う。
エーテルスーパーはアンラックズ対策用にストックしよう。



エイビス000 ドラゴンエイビス
魔法で攻撃すると「大旋風」で瀕死状態にしてくることがある。
「たたかう」や必殺技などを使うか、回復を徹底するかしてしのぎつつ倒すと良い。
コイツは魔大陸に出てきたプラチナドラゴンと同種ゆえか、状態異常耐性にスキが多い。
魔法攻撃する場合でも眠らせて撃ったりすれば、「大旋風」カウンターは防げる。



iii メルトドラゴン
大空洞エリア、竜帝の息吹エリアに出現する。
ファイガやフレアスターなど炎系の攻撃を多用するが、弱点はなぜか炎属性。
倒すとメルトンをファイナルアタックすることがあるため、フレイムシールドなどでしっかり防御しよう。
コイツのメルトンはこちら全員に3500~4000の大ダメージを与える。
メルトンは魔法防御無視&魔法回避率無視なので、炎と風の属性防御に頼るしかなく、



シールドシールドドラゴン
この「シールド」という意味は「封印(英語でsealed)」で、直訳すると封印されし竜ということ。
ホーリードラゴン強化型のいる「聖なる宮殿」フロアで、主に2体で登場し、「ハードヒット」を仕掛けてくる。
そんなに苦戦するような強敵ではないが、最低でも混乱を防ぐアクセサリくらいは装備してから戦いたい。
HPが40000とかなり多いうえ、物理防御力も200と高め。
とはいえ、守備力以外の全ての能力はブラキオレイドスに劣っている、実質ブラキオレイドスの下位種みたいなもの。

シールドドラゴン
Lv:71 HP:40000 MP:20000 攻撃力:22 守備力:200 物理防御:120 魔法防御:0 素早さ:51

ブラキオレイドス
Lv:77 HP:46050 MP:51420 攻撃力:55 守備力:190 物理防御:145 魔法防御:50 素早さ:95



ドラードドラゴングレイト
攻撃するとカウンターの鼻息で吹き飛ばしてくる他、倒れる直前にはクエイクも放つ。
その他の攻撃もサザンクロスやアトミックレイなど強力なものばかりで、通常物理攻撃も危険。
その上4倍強化物理攻撃の「破壊」まで使うなど、恐ろしい事この上ない相手。
かなり大柄な体躯であるFF6版ドラゴンが『ペア』で出てくると、すごい威圧感…。
ドラクエの「グレイトドラゴン」をそのままひっくり返したようなネーミング。



隠し・シルビューヌ シルビューヌ
てっきりチャーミーライドの色違いかと思ったが、実際にはヴァージニティの色違いであった。
「愛の宣告」「誘惑」「魅惑」など、こちらを錯乱させる技ばかり使うため、非常に戦いにくい相手でもある。
ファイガやサンダガなど、四桁ダメージ攻撃魔法も使ってくる。
9999×8のロックにかかったら、全滅することを覚悟しておかなければならない・・・
これだけならまだしも、脅威的なのが愛の宣告や誘惑である。リボンでも防げない。
愛の宣告は、「たたかう」や「ぶんどる」に対するカウンターで使用する。
外見は「か弱そうな女性魔導士」だがHPは23000もあり、大ボスのアルテマウェポンと1000しか違わない。



隠し・ザルワーン ザルワーン
グラビデ、ファイガ、ブリザガ、サンダガ、デスペル、アスピル、ラスピル、ドレインなどの
多彩な魔法を駆使しながら、こちらの魔法攻撃を受けるとカウンターでリフレクを張る。
魔法以外にはドレインタッチという特殊物理攻撃も使うが、通常物理攻撃は一切行わない。
コイツはモンスター図鑑やスクエニ発刊の「公式コンプリートガイド」に「即死耐性持ち」と記述されているが、実は即死耐性は無い。
なぜFF6の資料は、即死耐性の記述だけこんなにも誤謬が多いのか…。



ドラゾン1
恐怖の視線やガストスモークなど石化やゾンビ状態にする技を持ち、HPも25000とそこそこ高め。
しかし、アンデッドなので聖水やレイズの前には完全に無力である。
この系統はHPが高いことで、序盤のドラゴンフォシルでは聖水を使わないと難しいのだが、
このダンジョンには30000を超えるHPのザコモンはザラ・・・



隠し・アバドンアバドン
「スリプル」「カッパー」「ストップ」「ディスアスター」などの状態異常攻撃を使ってくるが、
アンデッドなので聖水で一撃。見た目ほど強くはない。
「竜の巣」の炎の迷宮エリアと心眼の迷宮エリアでランダムエンカウントする。
レアアイテムのエーテルターボを盗める。アンラックズ対策用にストックしよう。
コイツにバーサクをかけてから味方が透明になってしまえば、簡単・安全にエーテルターボを盗める。



隠し・マキシムキマイラマキシムキマイラ
GBA版隠しダンジョン(竜の巣)に出現する、ピンクがかった色をした最上位のキマイラ。
絶対零度、火炎、アクアブレスなどの各種の属性攻撃の他、攻撃するとカウンターで石化睨みを使って石化させてくる。
コイツは竜の巣のモンスターの中でも、シールドドラゴンや水晶竜と同じくらい出現エリアが狭い。
HPは32000というザコモンではかなり高い部類に入る。
本作ではかなりレアアイテムである「エーテルターボ」を盗めることも大きな特徴。
おそらくこの追加モンスターの引用元はFF7のマキシマムキマイラとおもわれる。
なかなか他シリーズ作品に出張・出向することがないFF7のモンスター達なのでちょっと珍しいかも。



隠し・デスライダー デスライダー
単体で出現するが、ハイパードライブやポルターガイスト、デス、ブラスター、フリジングダストなどの凶悪技を多用する。
ここまで聞くとあたかも強敵に思えるが、アンデッド系なのでレイズまたは聖水を使えば一撃で倒せる。
エンカウントと同時に、いきなり「ブラスター全体がけ」をかましてくれたりすることも…。



隠し・アーモデュラハン アーモデュラハン
大空洞エリア、試練の回廊エリア、竜帝の息吹エリアに出没する、竜の巣雑魚モンスター最強。
サンダガの他、「死のルーレット」「ブラスター」「レベル5デス」と3つの即死技を持っている上に
攻撃されると「スピアー」で反撃してくる強敵だが、種族がアンデッドなため、レイズや聖水で瞬殺できる。
源氏の小手を持ってるので、余裕があれば盗もう。



クリスタルドラゴーンすいしょうりゅう
魔神竜の上位種ではあるが、経験値が魔神竜より低い。
ただし出現エリアが限られているため、なかなかお目にかかれない。
シンボルエンカウントモンスターがいる試練の回廊フロアでランダムエンカウントする。
エリクサーがレアで盗めるが、とにかく時間をかけずさっさと始末するに限る。
HPが32000もあり、他のモンスターと同じくかなりタフだが、単独で出現するのが救い。
同種族の魔神竜と違い「心ない天使」を使わないのも助かる。



隠し・プリンプリン プリンプリンセス
竜の巣の〔竜の神殿 宝物庫〕にある宝箱の中の一つに入っている。
Ⅳと同様5体で出現し、倒すと55555ギルが手に入るのも同じ。やっぱりおいしいモンスター。
250という高い物理防御力のため物理攻撃はほとんど通らず。魔法が中心の戦いとなる。
カッパソングやメガバーサクなどPT全員に状態異常を引き起こさせる様々な特技を多用し、カウンターであの凶悪な「誘惑」も使う。
幸いにして即死耐性が無いという致命的欠陥があるので、デジョンでまとめて消し去るのが有効。



隠し・ネスラグネスラグ
GBA版で追加された竜の巣の〈竜の神殿 宝物庫〉の宝箱に潜んでいる。
頭部はスロウガや、ストップ効果の物理攻撃「ベロベロなめる」などでパーティーの行動を邪魔する。
殻にはダメージを与えることができず、ホワイトウィンドでHPを9999回復する。
攻撃されるとカウンターの「100万トン」で即死させてくる。
それにしても、100万トンってドラゴンボールの悟空といえど耐えられない重さだ・・・
そういう意味ではカイザードラゴンやオメガウェポンより強いんじゃ? 



隠し・プレイグ プレイグ
行動パターンはFF4のものと全く同じで、死の宣告を全員にかけた後に、ヘイストでカウントを早めてくる。
だが、FF6にはリレイズやセーフティビットがあるため怖くない。
死の宣告は、ネラパ同様、戦闘開始直後すぐに全員にかける。それ以外にも死のルーレットやトラインなどの技も使うが、
上記のようにリレイズやセーフティビットがあれば怖くは無い。
だが、物理回避率が250で魔法回避率も180という、ストームドラゴン(強化型)すら上回る回避能力を持つ。
倒すと天使の筆を落としてくれる。



隠し・モルボルワースト モルボルワースト
隠しダンジョン竜の巣の「試練の回廊」にシンボルエンカウントする。
最初は1体だけで現れるが、倒すと2体に分裂、さらに2体倒すと、最後はは4体に分裂して襲ってくる。
つまり、一回の戦闘で実質計7匹ものモルボルワーストと戦うことになるのだ。
デスの場合、まだ分裂できる余地がある際は、効果があっても普通に分裂する。
デジョンなら分裂させずに倒してしまえる上、
分裂後であってもまとめて消し去ってしまえたりもするので、デジョンを使うのがベスト。
死に際(FA)でブラスターを使ってくる・・・いやぁ、名前通りの最低な奴だ。



隠し・アースイーターアースイーター
試練の回廊でシンボルエンカウントする。
通常打撃攻撃と即死物理攻撃「メガトンパンチ」しか使わないため、全員透明状態になっておけば楽勝。
名前とは裏腹に、地属性は吸収しない。通常時は打撃攻撃2連発。メガトンパンチはカウンター攻撃。
ファントム、フェンリル、ゴーレムなどを召喚したり、物理回避率を128近くまで高めれば楽に倒せる。
何となくだが、ドラクエの「バッファロン」に似ている。



隠し・ガルガンチュア ガルガンチュア
試練の回廊で、シンボルエンカウントする。スロウ効果の特技「イービルアイ」や、グラビガ、クエイクを使う。
こんな図体のデカいモンスターだが、意外にもHPが30000と、竜の巣のザコ敵と変わらなくボスとしては低い。
まさにウドの大木・・・
倒すと稀にグロウエッグを落とすが、レア扱いなので期待しないほうが良い。



隠し・アビスウォームアビスウォーム
竜の巣の試練の回廊でシンボルエンカウントする、ゾーンイーターの色違いモンスター。
アルテマなどの強力な魔法を惜しみなく使うなどして、短期決戦で倒すのが望ましい。
やはり魔法防御無視&魔法回避率無視の地属性魔法クエイクを使用しないことが大きい。同じダンジョンのザコ敵は使ってくるのに。
カウンターで使う衝撃波が無属性のため属性防御ができず、地味にウザい。



隠し・ダークベヒーモス ダークベヒーモス
試練の回廊でシンボルエンカウントする。「ダーク」という名だが、キングベヒーモスより上位。
FAで究極魔法アルテマを撃ってくるので魔封剣を使うといいが、
アルテマではなく魔封剣が効かないメテオ(魔法)を撃つ場合もあるので注意。
ちなみにメテオのダメージは2000くらい、アルテマのダメージは5000くらい。
どうでもいいが、「キング」「ダーク」とか、ドラクエのトロル系みたいな感じだな。

スポンサーサイト

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。