みあのドラクエブログ

DQMSL速報管理人みあの弟のブログ [NewEntry] [Admin]

カレンダー

07 « 2017-08 « 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

記事分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

みあブラザーズ

管理人  [ みあブラザーズ ]

ドラクエやFFを中心としたブログ
少しグロ記事もあるので注意

RSS

広告

FC2Ad

        --------       スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2013-01-16       レアモンスター大全集(FF編)

FFのレアモンスター
どういう基準で「レアモンスター」と呼ぶのかは、簡単に言えば異常に出現率の低いザコ敵のこと。
同じようなもので、没モンスターもレアモンスターに入るだろう。

一応期間限定のモンスターにも言うのだろうが、FFシリーズにはそういうモンスターがかなり多いので、厳密にレアと言い難い。
一定期間しか出てこないというだけで、別に出現率が非常に低いとか没モンスターでない限り、レアとは言えない。
期間限定モンスターまでもレアとするならば、FFⅥの世界崩壊前のほとんどのモンスターが該当してしまう。
つまりFFに登場するほとんどのモンスターがレアとなってしまう。
なのでここは単に「出現率の非常に低いモンスター」を対象とする。

大抵はレアアイテムや大量のギル、経験値などを持っているが、中にはそういったものを全く持たず、
モンスター図鑑埋め以外に倒す意義が存在しないものもある。
強さも、そこらのザコ敵と変わらないものからボス顔負けの凶悪なものまで様々である。


FFⅠ
チラノスレア・チラノサウルス チラノサウルス
ミラージュの塔周辺でごく稀にエンカウントするレアモンスター。
だが実際はレアなだけでギルも経験値も大した事はなく、モンクで殴れば一撃で沈む程度のステータス。
ザコの中では経験値はデスマシーンの次に高いですよ。まあ、ラストダンジョンなんかは複数で
高経験値のモンスターが現れるので総合的に見るとたいしたこと無いと言えますが・・。GBA版では図鑑コンプを目指す場合の壁の1つとなる。


鋼鉄まじん レア・アイアンゴーレム アイアンゴーレム
過去のカオス神殿の最下層に稀にエンカウントする、ゴーレムの最上位。
防御力は非常に高く、攻撃の方は即死攻撃の毒ガスを連発と鬱陶しい……。リメイク版の図鑑埋めの壁の一つかもしれない。
過去のカオス神殿のティアマットのフロアにしか登場しないという、超レアモンスター。


デスマシン レア・デスマシーン デスマシーン
浮遊城最深部で極稀に出現するモンスター。その強さは雑魚敵にも関わらず、ラスボスのカオスに匹敵するほどの強さを誇っていた。
「かくこうげき」は最大HP999までしか上がらないFFⅠにおいて80~320ものダメージを与える高威力の攻撃。
物理攻撃も強く、ナイトでも200超のダメージを受ける。
極稀にしか出ない割に、ティアマットのところへ急いでいると出くわすこともしばしば。
FC版での出現率は4/256(≒1.6%)。エンカウントパターンは固定されているので、128,196,205,211回目の戦闘で出現する。
最深部は各エンカ間の歩数がやたら少なく、エンカ回数が多くなりやすい。1歩エンカもよくある。
こいつを引かせてやろう、というスタッフの意思がちらっと見えている気がしないでもない。


レア・プロトタイプ プロトタイプ
風の囁く洞穴下層(浮遊城フロア)に出現する機械系モンスター。常に単体で出現し、1500ものHPを誇る。
ルーンアクスを落とし、ルーンアクスは最高級の火力と回復機能を併せ持つ優秀な武器。
そのため下層階で浮遊城フロアに当たると乱獲されることもある。
下記の通りよほど運が良くないと入手には骨が折れるが、それでも狙う価値があるくらい。


レア・フレアギガース フレアギガース
ヒルギガース、ファイアギガース、アイスギガース、エルムギガースの強力版。最強のギガース。
しかし極めて出会いにくく、風の囁く洞穴の魔列車撃破~デスゲイズに会うまでの溶岩洞窟フロアにしか出てこない。
全40フロアのうちボスフロアを除く36フロアのうち、溶岩洞窟マップはわずかに2つ。
30階にたどり着くまでに2つの溶岩フロアに来てしまったらやり直しである。
オマケにここの溶岩フロアは戦闘できる床(ダメージ床以外)の面積がやたら少なく、エンカウント率まで低い。


オロチン ヤマタノオロチ
ヒドラの色違いモンスター。極めて出会いにくく、風の囁く洞穴の魔列車撃破~デスゲイズに会うまでの溶岩洞窟フロアにしか出てこない。
全40フロアのうちボスフロアを除く36フロアのうち、溶岩洞窟マップはわずかに2つ。
30階にたどり着くまでに2つの溶岩フロアに来てしまったらやり直しである。
オマケにここの溶岩フロアは戦闘できる床(ダメージ床以外)の面積がやたら少なく、エンカウント率まで低い。
そして出会える確率までもが、同じ条件のフレアギガースよりはるかに低い。


FFⅡ
レア・ゴブリンプリンス ゴブリンプリンス
ゴブリンガードを引き連れ、カシュオーン城とその近辺で出てくる。ゴブリン系の最上位だが、会える場所が少ない上にエンカウント率も低い。
苦労して遭遇したところで、別に強いわけでもなければ報酬がおいしいわけでもない。
リメイク版でモンスター図鑑を埋める以外に戦う理由はないだろう。


レア・マンティスキング マンティスキング
キラーマンティスの上位種で、竜巻出現後のミシディア周辺で遭遇する。
ただし、所持金が多い上、ネコのツメやフェニックスの尾など、割と換金しやすいアイテムを落とす。
下位種が猛威をふるったFF12には登場出来なかった。残念。


ワムス サンドウォーム
竜巻襲来後のパラメキア砂漠やカシュオーン地方に登場する雑魚敵。「じしん(地震)10」を使ってくる。
一度も出会わないままクリアすることも多い。


レア・鋼鉄巨神レア・テツキョジン テツキョジン
初登場の今作では「テツキョジン」という片仮名表記。FF1のデスマシーン同様のレアモンスター。
本当に出てくるのか疑わしくなるほどのエンカウント率の低さを誇る。モンスター図鑑コンプを目指すなら頑張ろう。
なお登場時には雑魚敵であるにもかかわらずボス戦の曲が流れる。


テキョコウコウテツキョジン
謎の宮殿でリボンの入った宝箱を護る、鉄巨人を赤くしたようなモンスター。
攻撃力がかなり高く、また全体攻撃のいんせきLv10も使う強敵。稲妻に弱いので、高レベルサンダーが有効。
ドロップアイテムは鉄巨人と同じで、宝箱モンスターである分確実に戦える。
また、稀に謎の宮殿で通常エンカウントする事がある。


FFⅢ
ゴールドロストさまようきんか
DS版も登場フロアは2Fだけで出現確率も10%と低く、モンスター図鑑コンプを目指す者を苛立たせた。
攻撃は多彩で、トード・ブライン・ポイズンを使いこなすが、あまり見る機会はないだろう。
金貨の割には金持ちというわけでもなく、所持しているギルは館に出るほかのモンスターと大差ない。
たかだかコイン数枚なうえに、叩き潰されるわけだからね……


シードラゴンレアシードラゴン(DS)
元々は海底に出る予定だった没モンスター。DS版にて復活を果たし、地上世界の海域に出現。
元々海底に出現するモンスターに匹敵するステータスがベースの為、サロニア突入前のステータスでは危険な相手。
しかしながらサロニア突入後はエンタープライズが無くなるので海上の敵、つまりこいつと戦えなくなる。
モンスター図鑑完成には避けては通れぬ道。


レア・グリーンドラゴン レア・レッドドラゴン レア・イエロードラゴン
グリーンドラゴン、レッドドラゴン、イエロードラゴンのカラードラゴン3色。
FC版では256周期のエンカウントパターンの中のたった4回の規定のエンカウント値にしか出現しないという。
DS版ではキングベヒーモスもレアモン。一般モンスターの中では「三色ドラゴン」に次ぐ強敵。
まさにこの4体が「DS版FF3ザコ四天王」といった感じ。


FFⅣ
レア・プリンプリンセス プリンプリンセス
定番の突っ込みかも知れんが何処かに王国でもあるのだろうか…?
単細胞生物っぽいから「なんで姫がこんな大量に」という疑問は無いけれど。
普通の動物にも「皇帝ペンギン」とかいるんだし、そういう類の名前というだけでは?


レア・アラウネ アラウネ
地底に現れるモンスター。アルケニーの色違い。出現率が低いので一度も遭遇した事が無い人は多いだろう。
イージータイプでは「くもおんな」という名前。ギリシア神話で蜘蛛に転生した少女「アラクネ」が元ネタだろうか。
ドイツ語でマンドレイクの亜種を指す「アルラウネ」(alraune)かもしれない。


レア・ゴルゴーンゴルゴーン
地底に出現。ブレイクブレイドをドロップできるが、出現率が低い。
普段は打撃のみだが、1体だけになると指先を使う。色違いのメデューサとは真逆のパターンである。


レア・グルームウイング グルームウイング
地底世界に出現するレアモンスター。ヘルフラッパーと似た構成で出現するが、こちらはミスリーダを連れてくる。
出現率が低いのでGBA・DS版ではモンスター図鑑を埋めにくい。出現率が低いというより、出現地域が狭い。
ちなみにFF5には「グルームウィドウ」、FF6には「グルームウィンド」という似た名前の敵が出てくる。


レア・ミスリーダ ミスリーダ
遭いにくい敵であるため、プレイヤー泣かせの敵である。地底の色々な箇所でアラームを鳴らすと出現場所を確認できる。
SFC版でも地底以外で会ったことはない。NTT出版の攻略本「戦闘解析編」にて、アラウネ共々月に出現するモンスターとして紹介されていた。
実際にはシルフの洞窟南部の狭い範囲にのみ出現する。


FFⅤ
レア・ムーバ ムーバー
次元の狭間ラストフロアに3体1組で出現する。アンデッドで毒属性を吸収し、炎属性に弱い。
サークルやデルタアタックなどなかなか厄介な攻撃を使用。さらに直接攻撃も威力が高い。
バラバラに倒しても一定時間が経つと復活&位置替えし、その後さらに時間が経つと何の前触れもなく戦闘が強制終了になる。
倒した時のABPが199で、獲得ギルが1体あたり50000ギルと全モンスター中最高であるため資金源としてもかなり優秀。


レア・スティングレイ スティングレイ
第3世界の特定の海域にいるレアモンスター。シルビューヌのように世界の端っこの海をうろついているとたまに出るような敵ではなく、
ウォルスの塔周辺の「第1世界の海域にいた敵が出てくる海域」にたまに出現する。確率は1/16という低確率。
30000ものHPがあるが、通常は物理攻撃と毒効果の「ひれ」しかしてこないので、それほど強くもない。


レア・シルビューヌシルビューヌ
第3世界の左下部分の何もない大海原にしか出てこない、ある意味超レアなモンスター。
ていうか、このことを知らないと絶対に行かない場所なので、気を付けること。


ジェルフィー ジェルフィッシュ
シルビューヌ同様、第3世界の左下部分の何もない大海原にしか出てこないモンスター。
こいつらの存在を知って嘆く図鑑マニアにも少なくないだろう。


レア・ハデスハーデス
GBA版のEXダンジョンに出現する。「デス」「死のルーレット」「死神の剣」「死の宣告」といった即死攻撃や、
高威力の「メルトダウン」、PT全員に5000ダメージを超える「アルマゲスト」など、ザコ敵最強のモンスター。
なんとHPは33333というタフさを誇る。まさにレアモンスターにして最強モンスター。


FFⅥ
レア・サテライトサテライト
帝国軍陣地で宝箱を守護する自動無人タイプの飛行型機械兵器。
戦闘が長引くと「警報が鳴り響く」のメッセージと共に帝国兵数人を呼び出すのが、ゲームながら怖い・・・
弱点は水と雷属性で、倒すと必ずグリーンベレーをドロップする。
獣ヶ原に足繁く通っていると、コイツのおかげでグリーンベレーがやたらとたまる。


レア・ギガントスギガントス
魔大陸の「宝箱に潜んでいる」巨人。弱点は毒属性。1回の行動で強力な「のどわ」を3連発する凶悪な巨人。
だが、「のどわ」を含めほとんどの行動は物理攻撃だけなので、ファントムを召喚して全員透明状態にしておけば、全てシャットアウト可能。

まともに戦えば超強敵だが、方法を知っていれば雑魚。知ってる知らないで紙一重。
倒せばこの当時にしては非常にでかい経験値(コイツに限らず魔大陸は全体的に敵の経験値が多いが)と、
エクスポーションが盗め、佐助の刀が必ずドロップアイテムで手に入る。獣ヶ原でも出るので、佐助の刀は量産可能。
それにしても、こんなデカイ奴が宝箱に入るなんて、どれくらいの大きさだったのだろうか?


レア・グレネード グレネード
ランダムエンカウントするのは世界崩壊前の期間限定モンスター。フレイムイーターのボムベアラーは、たまにコイツを1体呼ぶらしい。
世界崩壊前のモンスターで3000というHPはなかなか高い。獣ヶ原の西にある、「ボムだけが出現する森」でたまに単体で現われる。
GBA版では魂の祠で必ず戦うことになるため、崩壊後に獣ヶ原に登録する事もモンスター図鑑に載せる事も可能。


レア・バールゼフォンバールゼフォン
崩壊後の三角島でゾーンイーターに吸い込まれることで行ける、ゴゴの洞窟に出現するモンスター。
通常は単体にバーサク効果の物理攻撃「きょうらんびょう(狂乱病)」を使用する。
「あばれる」の対象としても優秀。ブリザガをノーコストで発動でき、上記の6属性吸収体質になれる(炎属性は弱点になるが)。
出現率は低いようだが(1/16)、なかなか色々とおいしいモンスター。


レア・トンベリー トンベリ
ナルシェの雪男の洞窟にまれに出現。亜種にグラフィックが同じトンベリーズがおり、宝箱から3匹同時に出現する。
サブボスとして、体が青いトンベリマスターも。こちらは古代城への洞窟で出てくる。
同地域のボス敵ヴァリガルマンダやフリーズドラゴンなんぞより遥かに厄介なので注意。


ゴーキ・マイラゴーキマイラ
獣ヶ原の洞窟に出現する。しかし出現率は極めて低い。それもそのはず。「荒れ狂う」でパーティーに
「フレアスター」「ブリザード」「マグニチュード8」等の全体魔法を連続で使用するため、全滅の危険性もある。
獣ヶ原の洞窟ではコイツよりもトゥカッターと遭遇しやすいが、コイツに出くわした場合は注意。
コイツからは逃げられないので速攻で駆除した方がいい。


スゲイズデスゲイズ
世界崩壊後、飛空艇で飛び回ってるとたまに出てくるランダムエンカウントボス。しかし、
十字キーの左右を押さずにAボタンのみの直進飛行を続けた場合、絶対にエンカウントしないらしい。
固定移動でデスゲイズのいるエリアに入り直進すると、その瞬間にエンカウントするようだ。
なので、こいつもレアモンスターに分類するだろう。

ある程度ダメージを受けると逃げ出すが、実は一度与えた傷は癒えない。それ故HPは55555と結構高い。
倒すと魔石バハムートが手に入るが、バニシュデジョンで倒してしまうと魔石が手に入らないので注意(バニシュデスはOK)。
この場合、デジョンは逃走扱いになるので再エンカウントが必要。


眠れる獅子(レア) ねむれるしし
崩壊前の小三角島に出現するモンスター。見た目はベヒーモス系統だが、「ベヒーモス」という名前が付いていない。
世界崩壊前最凶最悪のザコ敵。普通に戦えばかなりの強敵。HPは30000という冗談みたいな数値。
最初から透明状態で、うかつに魔法で解くと特技メテオで反撃してくるので大変な事になる。
しかも、死に際にちゃんと特技メテオを撃ってくる(攻撃したキャラに対しての単体攻撃・ダメージは1000弱)。
倒すと魔法修得値を10も貰える(ザコモンスター最大)。


レア・ガリュプデスガリュプデス
フェニックスの洞窟で出現する鳥型のモンスター。FF6における反則アイテムであるスリースターズがたまに盗めるが、
こいつの出現率がかなり低い上に、普通はフェニックスの尾が盗めてしまうため、かなり面倒である。
コロシアムで天叢雲を賭けても出現するため、そこで盗むのが良い。また、ラグナロックでグロウエッグに変化させられる。


レアまじんりゅーまじんりゅう
ラスダン瓦礫の塔に登場する巨大なドラゴン。出現率自体は悪くはないのだが、
出現するエリアはかなり狭いので、普通に進んでいれば出会わないこともよくある。
全体攻撃の「サザンクロス」「ノーザンクロス」も脅威だが、最も危険なのが「心ない天使」。
「守りの腕輪」が盗める。


レアすいしょうすいしょうりゅう
GBA版FF6のエクストラダンジョンに出現。ただし出現エリアが限られているため、なかなかお目にかかれない。
アースイーター等のシンボルエンカウントモンスターがいる試練の回廊フロアでランダムエンカウントする。
まれにエーテルスーパーをドロップするが、レア扱いなので期待しない方が良い。


レアキオレアドスブラキオレイドス
崩壊後のナルシェ東の森の中にごくまれに出現する。
見た目は地味な恐竜にしか見えないが、戦ってみるとあまりの強さにポカーンとしてしまう人も多かったはず。
メテオで約3000前後、アルテマで約6800ほどの大ダメージをPT全員が受けるので脅威。
ほかに同時に複数の状態異常にするディスアスターや、戦闘から強制離脱させる鼻息も怖い。
 
しかし取得経験値も多く、リボンを盗め、まれに「スリースターズ」をドロップするので倒す価値は十分にある。
スリースターズを狙うならガリュプデスよりもこいつの方が効率的だと思われる。

スポンサーサイト

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。