みあのドラクエブログ

DQMSL速報管理人みあの弟のブログ [NewEntry] [Admin]

カレンダー

09 « 2014-10 « 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

記事分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

みあブラザーズ

管理人  [ みあブラザーズ ]

ドラクエやFFを中心としたブログ
少しグロ記事もあるので注意

RSS

広告

FC2Ad

        --------       スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2014-10-30       DQMSL大辞典を作ろうぜ!![ハーゴン]

DQMSLレア1
DQMSLのふくびきスーパーでしか手に入らない、魔王系の超レアモンスターの1匹。
他にりゅうおう、バラモス、デスピサロがいる。
これさえ来れば他はもう要らない!と言ってもいいくらいの超当たりモンスター。

Sランクの???系での魔法タイプ。
特技はぶきみな光とイオラ。
特性はAI2回行動。
リーダー特性は[全]呪文会心率+10%

レベル80時のステータス
最大HP 552
最大MP 385
最大攻撃力 337
最大防御力 440
最大素早さ 273
最大賢さ 403

見てのとおり、特技も特性もステータスも全てにおいて優秀で、他のSランクよりも飛びぬけている。
特に賢さとMPはSランクトップクラス!守備力に至っては440と、かなり打たれ強く、また耐性も非常に高い。
固定特技でイオラは少し残念だが、もう一つのぶきみな光は非常に優秀。

はっきり言って、破壊神シドーよりも強いかもしれない。
ステータスや特技だけを見ればシドーの方が強いが、固定特技の関係でハーゴンの方が使える。
特に究極転生への道ではライデインとべホイミが必須で、破壊神シドーにしてしまうと
転生前からぶきみな光を受け継ぐ前提で考えると、残り1枠はライデインかべホイミしか付けられなくなる。
無論ぶきみな光を付けなければライべホつけられるが、まず大体の人はぶきみな光を付けるだろう。

ハーゴンは他の究極転生前のデスピサロ、バラモス、りゅうおうより強いが、
逆に究極転生したシドーは魔剣士ピサロ、バラモスブロス、竜王より弱い。
それにシドーに転生するには、超貴重な[まおうのたまご]を使わなければならず、
まおうのたまごを使うなら、他のもっと優秀な魔剣士ピサロや竜王に使うべきであろう。
シドーに転生せずとも、ハーゴンのままで十分に強い。

ただ唯一の弱点は、やはり素早さの低さだろうか。
一瞬で勝負が決まるような闘技場においては、少し欠点と言わざるを得ないか。
スポンサーサイト

        2014-10-25       DQMSL大辞典を作ろうぜ!![討伐モンスター]

討伐モンスターとは、DQMSLで一定期間の限定クエスト(討伐クエスト)に出現するモンスターの総称。
これらは無料で手に入るので、無課金にとっては救済措置となるモンスター。

バルザック
キングレオ
ドン・モグーラ
ダークスライム
ダークキング
アトラス
バズズ
バブルキング
死神の騎士
リベリオファミリー
キャプテン・クロウ
ギガントヒルズ
ギガントドラゴン
ハッピーハロウィン
クシャラミ
バルバルー
カカロン
ドメディ(未実装)

ほとんどのモンスターがSランクで、一定の確率で仲間になる。
特にダークキングとキングレオは討伐の中でも秀逸している。

しかしSランクではあるが、決して弱くはないものの、福引きスーパーで手に入るSランクに比べてどこか見劣ってしまう。
そりゃ当然だ。課金者と無課金者を差別しなければ普通の課金者がバカみたいになる。

決して弱くないと上述したが、はっきり言って星無しではやはり弱い。
無料で手に入るため、星付けも通常のSランクより星付けしやすい。
星4にすれば、なんとかSランクと肩を並べるくらいになる。
下手なSより星4の討伐S。

討伐モンスターに限っては結構そこそこ優秀な特技を持っている。
特にキャプテン・クロウのまどろみ斬りは強力。
他にも4幻魔の特技も強力なもので、星4にすればかなり強い。

とは言え、すでに強力なモンスターを持っているプレイヤーにとっては、討伐モンスターは単なる餌になってしまうだろう。
討伐モンスターでほんとに使えるのは幻魔系やキャプテン・クロウなど、ごく一部である。

討伐モンスターではないが、他にも無料で手に入るモンスターはいる。
小さなメダルのスラキャンサーとエグドラシル、
闘技場福引きのバベルボブルとプチットガールズ、
ともだた招待の勇車スラリンガルとファンキーバードなど。
これらのモンスターは討伐モンスターよりは少し優秀。
それでも星4にすることが前提とされているステータスだが。

これ以上強いモンスターが欲しいなら、やはり課金することである。
特にSSランク欲しい人は少なくとも課金が必要になる。
今のところ、討伐系のモンスターでSS転生できるのは存在しない。

        2014-10-24       DQMSL大辞典を作ろうぜ!![ヘルバオム]

ベロマスター
ヘルバオムとは、ドラクエ7のルーメン(過去)の第二の災厄に登場したボスである。
町の人々を触手で捕食しているシーンは、DQ史上最凶のトラウマと言えるだろう。
本来はローズバトラーと同じカラーであったが、区別するためか全くのカラーに変更されている。
グラフィックは両サイドに根っこが生やしている。
原作では「ヘル」繋がりで、ヘルバオムよりもヘルクラウダーの方が遥かに強かったが、
DQMSLでは共に登場しているヘルクラウダーがAランクで、こいつはSSランクとかなり逆転している。

特技は「ダークウィップ」「アシッドブレス」というオリジナルの技。
特性はAI1~3回行動、呪文会心出やすい。リーダースキルは。全系統の攻撃力15%アップ
アシッドブレスは敵全体に(かなり少なめの)ダメージ+守備力を2段階に下げるという超性能。
これは相手のマホカンタやマホトーン状態でも使えることから、ルカナンの完全上位互換。
ダークウィップはランダムに数回ダメージ+マヌーサ状態にさせることができる。
使い方によって究極のSキラーマシン戦に活躍することができる。このように、かなりトリッキーな技を持っている。

また賢さも非常に高く、呪文によるダメージが期待できる。転生前からドルクマを受け継ごう。
AI1~3回行動持ちで、上手く行けば最高で3回行動できるが、下手をすれば1回行動しかとらないなど、ギャンブル性に富んでいる。
ただしギラ系が弱点であるため、闘技場でよく現れるSキラーマシンのらいじん斬りであっという間にお陀仏になり、
素早さも低く、またMPもSSランクとしては低めで、呪文での連発は厳しい。特に究極転生への道では。

それでも育てる価値は十分にあり、上記の弱点を踏まえても戦力は期待できる。
こいつの真価はなんといっても「全攻撃力15%アップ」のリーダースキル。
こいつをリーダーにして、フレンド枠にもヘルバオムにすることで、「全攻撃力30%アップ」に相乗し、
物理攻撃パーティにとっては最高の効果。これを「バオムサンド」と言う。
物理パーティなら絶対に手に入れたいモンスターだ。

        2014-10-23       1000万ダウンロード記念は神イベントなるか?

いずれ達成するであろう1000万ダウンロード記念には、どんなイベントが用意されるのか?
500万ダウンロード記念の際にはS2倍キャンペーンがあったのだから、
1000万ダウンロード記念では絶対にS2倍来るよな?
だって中途半端な時期に魔王フェスというデッカいイベントやったんだから、
1000万記念では最低でもそれくらいの大イベントやるはずだ。

いや、もしかしたら魔王フェス以上の、
「Sランク出現率10%」+「魔王系の提供アップ」とかいう超イベントありそうじゃね?
それくらいやらなければ本気で運営は頭おかしい。
それに近々ドラクエ5のコラボキャンペーンでミルドラースも出てくるから、
新たな魔王登場とともにふくびきスーパーで魔王出現率アップとかもありそうだしな。

いずれにせよ過去に2回あった以上、これから先S2倍キャンペーンが再びあるのは間違いない。
魔王フェスは定期的にちょこちょこやりそう。
いっその事、Sランク10%キャンペーンとかやってもらいたいな。
次の魔王フェスの時には今よりもSランクだいぶ増えているだろうから、そのためにも10%くらい上げてもらわなければ意味がない。
新たなSランクモンスターが増えれば、必然的に魔王系も出にくくなってしまう。

1000万ダウンロードも近いうちに達成しそうな感じだし。
あとはクリスマスや新年、お正月イベントとして大々的神イベントやってほしいわ。
まあ、そのうち魔王フェスを超えるキャンペーンはいつかやってくれるだろうけど、
それでもいつにやるかはわからない。
来年かもしれないし、再来年かもしれないし、
もしかしたら今年のクリスマスにやるかもしれないし。
下手をすれば今後二度とやらないとか…

まあ普通は後に出るキャンペーンほどすごい企画が多いのだが。
今のクソ柴である限り運営は改善されないかもな。

        2014-10-22       DQMSL大辞典を作ろうぜ!![ゴールドマン]

糞ールド満

ドラクエおなじみの金のゴーレム。
物質系でランクはたかがEランク(笑)。特殊系。

主にゴールドカーニバルに出現する。戦闘用と言うよりはゴールド売却用である。
お別れする時の売価はそれなりに高い。
レベル×500のゴールドがもらえるので、多少レベルを上げてから売却した方がいいだろうと言いたいが、
序盤ではそうするかもしれないが、中盤あたりになるとそのゴールド量も大したことなく感じる。

仲間としてははっきり言ってEランク最弱。
あまりに弱すぎるため闘技場はおろか通常クエストでも活躍はないだろう。
最大レベルが40で、最大時のステータスは

HP:122
MP:20
攻撃力:85
守備力:88
素早さ:27
賢さ:36

最大レベルにしてもHP以外の全てのステータスが100未満w
しかもMPや素早さに至っては完全にゴミ。耐性までカス。
おまけに所持特技も特性も何にもない。
育てようにも☆4パワーアップしても能力はたかが知れてる。
Aランク未満なため、むろん特技転生すらもできない。
何もかもが使えない役立たず。

てか、こんなゴミにわざわざパワーアップしようとするバカはいないだろう。
(万が一居たならごめんなさいw)
こいつのレベルをマックスさせるのに何万もの経験値が必要となる。
そんな労力するくらいならCランクのレベルを上げて餌にした方がよっぽどいい。
もちろんこいつを気合伝授の餌にしたところで得られる経験値は微々たるもの。

同じ金の石像でも、あちらとは比べ物にならないほどゴミクズ。
というか比べるのもおこがましいかw

        2014-10-22       DQMSL大辞典を作ろうぜ!![てんのもんばん]

きんのてんばん
2014年10月21の第4回らいなまの終了直後に究極転生追加された。
物質系のSSランク。タイプは防御。
リーダースキルは物質系の守備力20%アップ。
特性は自動MP回復とみかわしアップ。

とにかく高い守備力と高い耐性に恵まれたモンスターで、
味方全員の身代わりになる「におうだち」と、全体攻撃&行動不能にさせる「ランドインパクト」を持っている。
はげしいおたけび持ってない人には重宝するであろう。

同じ金の石像モンスターでもアレとは大違い。

最大レベル80時のHPが660とSSランクでもトップクラス!!
その高いHPによる自動HP回復は相性が良い。
転生前から「だいぼうぎょ」を引き継げば、そりゃもう最強の鉄壁モンスターと言っていいでしょう。
リーダーにすればスキル効果で守備力が550くらいになり、ほぼ物理攻撃が無敵になる。
これでマホカンタを付けたら…

原作と違って、SSランクとしては攻撃力が高くないのは残念だが、
それでも闘技場においては絶大な効果を発揮することは間違いない!
闘技場用なら是が非でも手に入れたい逸品!

最強の盾モンスターであるためか、イオ系やヒャド系、メラ系の耐性が半減。
単体呪文で強力なライデインや眠りをも無効化できる。
闘技場で猛威を振るっているキャプテン・クロウのまどろみ斬りをにおうだちで防げる。
さすがにダメージまでは避けられないが、HPと守備力がかなり高く、
キャプテン・クロウの攻撃力自体は大したことないので即死することはまずないだろう。
イオラやマヒャドも最小限には抑えられるのも最高。

だいまじんから転生する際にエンペランが1個で済む点も魅力的。
他のSSランクに比べ、Aランクのうごくせきぞうからでも転生できるので比較的星付けもしやすい。
単純な守備力ではメタルカイザーやメタルスコーピオンに劣るが、
トータル的な性能としてはこちらの方が断然優秀!!
これほど防御に特化したモンスターは、おそらく現段階では他にいないだろう。

だが、そんな彼でも残念な点はある。
せっかくのみかわしアップが付いているのに素早さは低め。これでは特性が活かされない。
まあ付いているだけマシと言えばマシだが…
新特技のランドインパクトも激しい雄叫びよりはダメージ量は高いが、その反面行動不能の確率が低くなっている。
消費MPも無駄に高いので、あまり連発できない。
リーダースキルも微妙。物質系限定ではなく全系統の守備力が20%アップだったら・・・
なので、究極転生への道にはあまり向いていない。

とはいえ、一度作って育てる価値は十分に高い。

余談だがDQMSLの解説によると、
「善」悪問わず天界に入り込む者は先を通さず、必要に応じては襲いかかるようだ。
たとえ勇者であっても天界に入り込む者は外敵と見做されるということか。
一種の防犯装置みたいなものだろうか。
てっきりバラモスエビルやデビルウィザードあたりに洗脳されているのかと思った。

また、下位のうごくせきそうやだいまじんはドラクエ6・8・9、トルネコ2・3、DQMシリーズなどに登場しているが、
何故か彼だけがハブられていた。同じ境遇?であったグレートライドンまで登場した10にすらも出ない。
リメイク3をプレイした人ならかなり印象が強く、決してマイナーモンスターではなかったはずなのだが・・・

        2014-10-21       DQMSL×ドラゴンボール

スーパーライトとドラゴンボールのキャンペーン!
あったらいいなぁ(((o(*゚▽゚*)o)))

「なんでバーダックがフリーザより強いんだよ」みたいなツッコミはNGで。
もちろん実際の強さとここでのランクがめちゃくちゃになっているかもしれないが。

SSランク(究極転生)
スーパーベジット
スーパーゴジータ
アルティメット悟飯
幻魔人ヒルデガーン
魔導師ホイ
魔人ブウ(悟飯吸収ブウ)
スーパージャネンバ
超ハッチヒャック
伝説ブロリー
パーフェクトセル
フルパワーボージャック

Sランク
ベジット
超3ゴテンクス
超3悟空
超2悟飯(少年期)
魔人ベジータ
バーダック
未来悟飯(超サイヤ人)
超ベジータ
超トランクス
超1トランクス(剣)
幻魔の下半身
幻魔の上半身
バイオブロリー
ボージャック
ブロリー(超サイヤ人)
ジャネンバ
フルパワーフリーザ
完全体セル
ハッチヒャック
魔人ブウ(純粋)
魔王ダーブラ
スーパー13号
メタルクウラ
クウラ最終形態
パイクーハン

Aランク
超2悟空
超2ベジータ
超2悟飯(青年期)
超1悟空(セル編)
超1ベジータ(セル編)
超1トランクス(格闘)
超1悟飯(セル編)
魔人ブウ(デブ)
未来悟飯
超ゴテンクス
トランクス(剣)
ピッコロ
ブロリー
セル第二形態
フリーザ最終形態
クウラ
人造人間13号

Bランク
超1悟空(ブウ編)
超1ベジータ(ブウ編)
超1悟飯(青年期)
孫悟飯(セル編)
トランクス(格闘)
ゴテンクス
セル第一形態
フリーザ第三形態
グレートサイヤマン
巨大化スラッグ
人造人間16号
人造人間17号
人造人間18号

Cランク
孫悟空
ベジータ
孫悟飯(青年期)
孫悟天
トランクス(幼少期)
フリーザ第二形態
スラッグ
大猿ベジータ
ドクターゲロ
人造人間19号

Dランク
孫悟飯(幼少期)
プイプイ
ヤコン
ギニュー
リクーム
バータ
ジース
グルド
フリーザ第一形態
ターレス
ベジータ(地球来襲)
ベジータ王
パラガス
ザーボン(変身後)

Eランク
スーパーガーリックJr.
Dr.ウィロー
ナッパ
魔導師ビビディ
キュイ
ドドリア
ザーボン
アプール

Fランク
クリリン
天津飯
ヤムチャ
餃子
亀仙人
ヤジロベー
ビーデル
ミスターサタン
ラディッツ
ガーリックJr.
魔導師バビディ
サイバイマン
スポポビッチ
ヤムー
フリーザ軍兵士

        2014-10-20       DQMSL大辞典を作ろうぜ!![魔導師ホイ(未実装)]

SSランク魔導師ホイ
魔導師ホイとは、劇場版ドラゴンボールZ第13作「龍拳爆発!!悟空がやらねば誰がやる」に
登場するヒルデガーンを復活させた悪役である。
なんと、そんな魔導師ホイがDQMSLの解析に存在している。
未実装なためまだ使えないが、SSランクの????系統である。
転生前は不明。

最大レベル時(80)のステータスは
HP:630
MP:501
攻撃力:435
守備力:393
素早さ:404
賢さ:503

リーダースキル:全系統呪文会心出やすい
特性:AI2回行動、自動MP回復
使える特技:メドローア、グランドネビュラ

耐性
無効:イオ、ドルマ、デイン、メラ、ザキ、マヒ、混乱、マホトーン
半減:毒、眠り、ヒャド、バギ
弱点:なし

メドローア
メラとヒャドの2つの属性攻撃。消費MPは55、単体に約350前後のダメージ。
相手がメラ耐性に無効だが、ヒャド耐性に弱点の場合は、ヒャド弱点のダメージが与えれる。
相手がヒャド耐性に無効だが、メラ耐性に弱点の場合は、メラ弱点のダメージが与えれる。
メラとヒャドのどちらかの耐性が「強い」以下であればダメージが与えられる。
メラとヒャドの両方に完全耐性を付いていればダメージを与えられない。

グランドネビュラ
全体攻撃(0.9倍)&耐性を2段階下げることができる。消費MP24。
1体ごとに会心判定がある。

魔導師ホイはSSランクの中でも最強モンスター。
デスプリースト、ヘルヴィーナスをも上回る賢さ、全系統最高のMP、
おまけに特性に自動MP回復が付いているなど、完全に魔法に特化している。
魔法だけではなく、物理攻撃もかなり強い。
魔法系のモンスターにしては攻撃力が435と、同じAI2回行動のクラーゴンをも上回る!

さらに、グランドネビュラはマジックアーマーのマジックブレイクの完全上位技!
通常攻撃とほとんど変わらないダメージで全体攻撃できる上に、
比較的高い確率で当たったモンスターの耐性を一気に2段階下げることも!!
おまけに1体ごとに会心の一撃判定がある!
強力な特技の割に消費コストも低く最高に使える技。

こりゃもう、DQMSL全最強モンスターと言っても過言ではないのでは!?

        2014-10-19       DQMSL大辞典を作ろうぜ!![まおうのたまご]

超まおうのたまご
転生素材の一種で、タマゴロン系統で唯一のSランクである。
[究極転生への道]のボス戦でしか出現しない。
ドロップ率も5%と非常に低く、またここまで辿り着く苦労と合わせると史上最悪な鬼畜仕様である。
[エンペラン]共々SSランク転生の壁となる。
戦闘終了後、ドロップするのがほとんどジェネランになってしまう。

ボスとしてのこいつは、HPが2000を超え、高攻撃力に加えて最大で3回行動もし、
おまけに黄色ゲージ(瀕死状態)になると痛恨の一撃を出す確率が極めて高くなるなど、かなりチート化されている。
もちろん仲間になったこいつは何もできない。あくまで転生用。

上述したとおり、仲間になるのは非常に確率は低いが、
よほど運が悪くない限りは100回で少なくとも1体くらいは落ちる。
中には100回やっても一度もドロップしたことがないという可哀相な人もいるが(笑)
まぁみんな知っている通り、このゲームはやたらと確率が偏りがちという、いわゆるオカルトである。
逆にそのオカルトが功を奏して連続でまおうのたまごゲットという人もまれに存在する。

とはいえ、現段階ではこいつを使う転生先は
「魔剣士ピサロ」「バラモスブロス」「竜王」「破壊神シドー」の4種しか存在せず、
こいつを持っていてもバラモスなどの魔王系を持っていなければ意味がない。
SSランク転生の用途が広いエンペランの方が需要は高いと言える。

今のところ4種類しかいないが、これから先はどんどん魔王系が追加される予定があるようだ。
少なくともミルドラースは決定されているようだ。おそらくゾーマも確実に出ることは間違いない。
他にもデスタムーア、オルゴ・デミーラ、ラプソーン、エルギオスがいるので、
最終的には9匹も使うことになるだろう。
どっちにしろ、こいつは多く持った方が良いに越したことはないだろう。

        2014-10-19       DQMSL大辞典を作ろうぜ!![エンペラン]

エンペラン
転生素材のタマゴロンの一種。見た目が金色で少し超マスターエッグに似ている。
[究極転生への道]の道中やボス戦に出現する。
主にジェネランと共にSSランクの究極転生に使われる。
ほとんどの究極転生でこいつを2つも使うという鬼畜な仕様になっている。
まれにこいつを1つで済む心優しいSSランクもいる(デスプリーストなど)

敵として出て来るエンペランはかなり強く、HPが1000を超え、攻撃力も高く、複数回行動もできる。
かなり強いと言っても、通常攻撃しかしてこないのでそう怖くはない。
ただし、黄色ゲージになると痛恨率が高まってくる特性を持つ。あと何気に回避率も高い。
仲間としてのエンペランは当然レベルアップしないため、育てることができない。

ドロップ率は低めで、大体20%つまり5回に1回は手に入る程度。
まおうのたまごに比べればドロップしやすいが、ここまで来るのにかなりの苦労を背負うことにもなる。

余談だが、気合伝授する時に特技無しの要らない超マスターエッグを、
こいつと間違えて餌にしてしまうという超マヌケな話もある。
気合伝授の時はアイコン表示で、どちらも金色でAランクだからよく見ないと間違いやすい。
間違えてエンペランを餌に使ってしまった人は、ご愁傷様としか言いようがない・・・

        2014-10-19       DQMSL大辞典を作ろうぜ!![SSSランク(未実装)]

まだ実装はされていないが、そのうち実装されるであろうランク。
その名の通り、SSランクの上位に当たる。
第三回目らいなまキャンペーンにて、「まだ先だがそのうち実装する」という言葉から、
SSSランクが実装される可能性は高い。

SSSランクモンスター予想
ソードイド(SS)→デーモンソード(SSS)
てんのもんばん(SS)→はがねのきょぞう(SSS)
メタルスコーピオン(SS)→じごくのザリガニ(SSS)
キングヒドラ(SS)→グランドラゴーン(SSS)
魔剣士ピサロ(SS)→サイコピサロ(SSS)
デスプリースト(SS)→ロードコープス(SSS)
ゴールデンスライム(SS)→プラチナキング(SSS)
ヘルバオム(SS)→エビルプラント(SSS)
ドラゴンガイア(SS)→大地の竜バウギア(SSS)
バラモスブロス(SS)→バラモスエビル(SSS)
竜王(SS)→しん・りゅうおう(SSS)
破壊神シドー(SS)→ジェノシドー(SSS)
ほうおう(SS)→あんこくちょう(SSS)
ゴールドマジンガ(SS)→ファイナルウェポン(SSS)

※赤字のモンスターはまだ実装されていないSS。

SSSランクが実装されるであろう根拠はもう一つ。
これから続出すると思われる魔王にデスタムーアも登場する可能性があるからだ。
中でもデスタムーアは3形態が存在する。
おそらく第一形態がSランク、第二形態がSSランク、
そうなると最終形態はSSSランクになる。

もしSSSランクが実装されるならば、一体どんな転生素材が必要となるのか?
SSSランクに転生する時はエンペラン3個とかザラになるかもしれない。
または、SSSランク転生用の新しいタマゴロン系も登場するかも。

        2014-10-15       DQMSL大辞典を作ろうぜ!![ライベホ」

ライベホとは、ライデインとベホイミの2つの総称である。
主に究極転生への道の攻略に使われる。
この2つはキングタマゴロンやニジゴロンなどの転生素材から特技転生で付与できるため、
簡単に身に付けられ、誰でも覚えられ、消費コストもお得など
とっても使い勝手がいい。

ベホイミはキングタマゴロン、
ライデインはマスターエッグ、超マスターエッグ、ニジゴロンが持つ。
またベホイミ持ちのキングタマゴロンのことを「ベホイミキンタマ」と呼ばれることも。

ベホイミは現段階で単体回復魔法の最高呪文で、
賢さが300以上あれば300ほど回復できる。
そのうち上位体のベホマやベホイマが出たら…

ライデインは上位にギガデインが存在するが、
あちらは消費MPが高く、持っているモンスターに限って賢さが低いので実用的ではない。
総合面から評するとやはりライデインが良い。
何より、究極転生への道のほとんどの敵が、デイン系を弱点としているからだ。

ただし、これらはあくまで究極転生への道におけるおすすめ特技であって、
通常クエストや闘技場に必ず使えるという訳ではない。
闘技場では全体ダメージを食らうことなどザラで、単体ベホイミでは回復が追いつかない。
ライデインも通常クエストの敵だとそれを弱点にしているモンスターは多くない。
むしろ通常クエストの方はイオラやバギマあたりがおすすめ。

消費MPが少なく誰でも付けられるならドルクマ+ベホイミで「ドルベホ」でもいいんじゃないか?と言われそうだが、
前述したようにライデインに弱いモンスターの大半が究極の敵。
ただし究極の敵のごく一部はデイン系を無効にしているものもいるので、その時はドルクマが活躍する。
そもそもドルクマの方が単純なダメージ量ではライデインより強い。
よってドルクマでも十分代用になる。

ならば、メラミ+ベホイミで「メラベホ」では?
はっきり言ってメラミは役不足。
敵の耐性を差し引いてもメラミはライデインやドルクマより劣る。
わざわざライデインやドルクマと入れ替える価値もない。
まあ大半のゾンビ系はメラ系を弱点たしているので、
ライデインやドルクマに強耐性も持つゾンビ系をなら活躍するかもしれないが。
メラミにするくらいならメラゾーマにするだろう。

        2014-10-14       DQMSL大辞典を作ろうぜ!![究極転生への道]

究極転生への道とは、DQMSLにおける超最難関ダンジョン。
ダンジョンの構造は特殊で道が一方通行なので、すべての敵を強制的に倒さなければならない。
ボス戦含めて最大で5回戦う羽目になる。

目標レベルは80と表記されているが、その難易度は実質レベル100以上!
ノーコン込みで挑戦しなければ9割で全滅してしまう。ほとんどがコンティニュー前提で挑むプレイヤーも多い。
しかもスタミナは40とバカ高い消費量。
このダンジョンでしか仲間にならないジェネラン、エンペラン、まおうのたまごの転生素材もいる。

最難関ダンジョン+ここでしか仲間にならない且つ仲間になる確率も非常に低い要素は、
まるでトルネコ3の異世界の迷宮のダースドラゴン確保を髣髴させる。


攻略
ステータスの関係上、全員Sランクのパーティで構成しなければ進むことすらままならない。
Sランクでもモンスターによっては全くの役立たずと化する。
ここに出現するモンスターは異常に強化されており、特にHPと守備力が高く、こちらの物理攻撃はほとんど皆無。
おまけにみかわし率までもが高くなっており、腕力だけの脳筋パーティで挑むと痛い目を見る。
キングリザードの攻撃力ですらほとんど2桁しか与えられない。

しかし、そんな鉄壁な奴らでも弱点はある。
それは攻撃呪文である。
特にここに出現するほとんどのモンスターがデイン系を弱点としている。
なのでライデイン主体のパーティがこのダンジョンにおける最大の攻略である。

もちろん攻撃呪文なら何でもいいと言いたいところだが、
イオラやヒャダルゴなどの全体攻撃魔法はドルクマなどの単体攻撃魔法に比べ威力が低く、消費量が無駄に高い。
イオラなどで片づけようとすると時間がかかり、無駄なターンのおかげで先にこっちが倒される可能性も十分ある。
究極転生への道のコツは、一刻でも早く敵の数を減らすこと(1体でも早く!)
上に書いたようにここのやつらはデイン系を弱点としている。ライデインで集中的に攻撃していれば早く殺せる。
しかもライデインは消費量もかなり少なくおすすめ。あとドルクマも。
ただし、ごく一部のモンスターにはデイン系が無効なやつもいる。
さそりアーマーとごくらくちょうの2匹である。そのためにもライデインの他にドルクマも必須。

このダンジョンにおけるおすすめ特技は、ライデイン、ドルクマ、べホイミ、ピオリムの4つ。
これらは転生用エッグで特技転生で簡単につけられる。
ライデインとベホイミは4体以上、ドルクマは2体以上のパーティが望ましい。


おすすめモンスター
究極転生への道でかなり活躍できるモンスターを紹介。
くどいようだが、このダンジョンをクリアするには魔法中心のパーティで組む必要がある。
豊富なMPと賢さと、優秀な耐性を持つモンスター。
該当するモンスターはデスプリースト、竜王、シドー、魔剣士ピサロなどのSSランクと言いたいところだが、
これらはエンペランやまおうのたまごを手に入れなければならず、何度も周回する必要があるので、
とりあえずは使えるSランクモンスターのパーティで挑もう!

Sランクの中でも優秀なモンスターは
ごくらくちょう、ヘルミラージュ、グレートライドン、ベリアル、ヘルバトラー、妖女イシュダル、
レジェンドホーン、ハーゴン、バラモス、りゅうおう、スライムマデュラ、ようじゅつし(☆4強化)


出現モンスター
前述のとおり、敵モンスターはこちら側の同じモンスターのレベルマックスより遥かに強化されている。
また特性や耐性までもがチート化され、AI1~2回行動するブラックドラゴンやマヒ完全耐性のSキラーマシンなどむちゃくちゃw
2戦目~4戦目にはごくまれにニジゴロン、超マスターエッグ、ジェネラン、エンペランのいずれかが+1匹出現。

1戦目
サソリアーマー、クローハンズ、てっきゅうまじんの中からランダムに3体が出現。

2戦目
ブラックドラゴン、サソリアーマー、グレートライドン、クローハンズ、ごくらくちょうの中からランダム3体。

3戦目
ヘルバトラー、ワイトキング、グレートライドンの中からランダム3~4体。

4戦目
Sキラーマシン、グレートライドン、サソリアーマー、クローハンズ、ごくらくちょうの中からランダム3~4体。

5戦目(ボス戦)
エンペラン、まおうのたまご、ジェネラン

クローハンズ
素早さが非常に高く、ほとんど先制してくる。が、このダンジョンの中では最弱な方。
しんくうはやだつりょく斬りを使ってくるが、どれもそれほど脅威ではない。
だつりょく斬りに至っては、こちらがほとんど魔法主体のパーティなので、攻撃力を下げられたところで問題はない。
ライデインを集中的に放っていれば1ターン以内で死ぬ。
物理攻撃で倒せなくはないが、非常にみかわし率が高く、ほぼ70%以上かわされる。

てっきゅうまじん
ただの脳筋だと思ってはならない。攻撃力はたしかに高いが、恐ろしいのはそれだけではない。
HPのゲージが黄色(瀕死)になっていくと、痛恨の一撃の確率が大幅に上がってくるのだ。
さらにはげしいおたけびやメダパニダンスも使ってくるので要注意。

さそりアーマー
戦闘能力は大したことないが、敵モンスターが倒れるたびにザオラルをかけたりなど少々ウザったい。
他にスクルトやピオリムもかけるが、スクルトはまだしもピオリムは異様に厄介である。
もっとウザイことにライデインに完全耐性を持つため、ドルクマやメラゾーマで殺すしかない。
幸いにもHPは低めなので、1ターンドルクマで集中攻撃すればすぐに死ぬ。

ワイトキング
バギマやこおりの息と、究極転生への道に出て来る敵としては場違いなくらい弱い。
特にこれと言った特徴もない。

グレートライドン
AI1~2回行動をし、もうどくの息やマホトーンなどの状態異常技を使ってくる。
特にマホトーンは魔法パーティにとっては非常に深刻。
万が一全員マホトーンにされたら、コンティニュー覚悟しなければならないかも。
弱点はデイン系とメラ系で、ライデイン(できればメラゾーマ)で一気に打ち込む!

ごくらくちょう
やけつく息・しんくうは・ベホマラーを使ってくる。みかわし率もかなり高い。
やけつく息をかかるとかなり厄介なので、できれば優先的に倒してしまいたい。
ライデインとメラゾーマは無効なので、ここでドルクマの真価が発揮できるだろう。
また瀕死になると痛恨率も高まっていくが、意外にもダメージ量はそれほどでもないので大したことない。

ブラックドラゴン
究極転生への道に出現するモンスターの中でかなり強い且厄介。
AI1~2回行動までする上に、凍える吹雪やマホカンタまで使ってくる。
特にマホカンタは魔法パーティにとってはグレートライドンのマホトーンに次いで深刻。
敵全体にマホカンタを張られては魔法パーティでは手も足も出せない。
しかし、パーティに「いてつく眼光」を使えるキャラがいればだいぶ楽になる。

ヘルバトラー
HPがかなり高く、ライデインでの集中攻撃でも最低2ターンくらいはかかる。
はげしい炎とイオラが地味に痛い。AI1~2回行動もする。
たまに繰り出す痛恨のダメージ量もかなり痛いので、HPは常に満タンにしておく。

Sキラーマシン
究極転生への道において最凶最悪の敵。4回戦ではこんなのが同時に3体も出てくる。
Sキラーマシン×3は、イコール死を意味する。ほぼコンティニュー必須。
完全2回行動で、非常に高い攻撃力ではやぶさ斬りやらいじん斬りを繰り出す。
マヒ完全耐性のため、やけつく息などの小細工は一切効かない。
ごくまれに眠りやマヌーサが効くが、実用的ではない上、それをするくらいなら早くダメージを与え続け倒した方がよい。
そんなSキラーマシンだが、実はピオリムを2枚かけると恐ろしいほどミスってくれる。
もしこいつが3体現れた時は、間違いなくピオリムが必須となる。

エンペラン・まおうのたまご・ジェネラン
4戦目を突破すればほぼ楽勝。だが残りHPが黄色ゲージになると、かなりの確率で痛恨を出しまくる。
3匹ともに耐性の強弱点がなく等倍で通るため、ライデインやドルクマを惜しみなく使える。
エンペランはAI1~2、まおうのたまごは攻撃力が高くAI1~3と、普段の転生素材よりかなりチート化されている。

敵の組み合わせや状況にもよるが、大体倒す順番としては、
さそりアーマー>グレートライドン>ブラックドラゴン>Sキラーマシン>てっきゅうまじん>ヘルバトラー>ごくらくちょう

異世界の迷宮のオマージュ?
やはり究極転生への道とトルネコ3の異世界の迷宮は似ている。
いずれも最難関ダンジョンで、そのダンジョンにしか出ないレアモンスターで、また仲間にすることも難しい点。
まおうのたまご入手は、まるでダースドラゴン確保と似ている。
まおうのたまごがダースドラゴンとすると、やたらと手に入るジェネランはダースが落とす邪魔なアイテム。

まおうのたまご=ダースドラゴン
エンペラン=ランガー
ジェネラン=ダースドラゴンが落とすアイテム(笑)

たとえジェネランが居なくても、まおうのたまごのドロップ率は5%程度なので手に入りにくいことは変わらない。
魔王を手に入れたいならば嫌でもこのダンジョンを周回する必要がある。

        2014-10-13       DQMSL大辞典を作ろうぜ!![魔剣士ピサロ]

魔剣士ベロンベロン
デスピサロから究極転生できる???系のSSランク。
特技は「神速の剣技」と「ジゴスラッシュ」。
特性はAI2回行動とみかわしアップ、リーダースキルは全員のMP20%

全体のステータスも非常に高く、SSランクの中でも間違いなく最強の部類に入る。
特に攻撃力はキングリザードを上回り、AI2回行動と神速の剣技の相性が非常に良い!
特性に「会心でやすい」でないのが残念ではあるが、それでも十分すぎるくらいだ。
AI2回行動と神速の剣技で実質4回攻撃ができ、その中で1回でも会心の一撃が出ればかなり強力!!
あまり使い道はないかもしれないが、全体ドルマ系ダメージを与えられるジゴスラッシュも魅力的。
ただ、今のところドルマ系を弱点にしているモンスターが多いわけではない(むしろ耐性を持つのが多い)ので、
せめてデイン属性の特技なら本当に使えたかもしれない。

もちろん究極転生への道と闘技場の両方も活躍できる。もっとも前者の方は特技の組み合わせによるが。
転生前のデスピサロから「いてつく眼光」を継げば、究極のブラックドラゴン対策に役立つ。
究極転生用事にするならば間違いなくいてつく眼光は必須。そうなるともう1枠を何にするか迷うところ。
賢さもそれなりにあるので、それを活かしてライデインやべホイミでもいいのだが、
MPがSSランクとしては低めな方なので、できれば補助に回すのも○。
いてつく眼光を使う前提ならば、ライべホよりピオリムの方がいいかも?

同じ人間系モンスターでも、キャプテン・クロウなんかとは比べものにならない。
日本の首都で表すと、魔剣士ピサロが「浜松」で、キャプテン・クロウは「水戸」

魔剣士ピサロ>>>>>>>>>>>>>>キャプテン・クロウ
浜松>>>>>>>>>>>>>>水戸

ここまで行くには、デスピサロとエンペラン、ジェネラン、まおうのたまごの転生素材を持っていなければならない。
究極転生への道で手に入るエンペラン・ジェネラン・まおうのたまごは大変であるものの、
根気よく周回していればとりあえずはほぼ無課金で手に入ることができる。
だが、デスピサロの方はふくびきスーパーでしか手に入らない超レアモンスター。

つまり、ある程度の課金が必要とされる(最低でも2万ほど)。
しかも、その出現率はSランクの中でも低いとされる。
もちろん2万、3万課金したところでデスピサロが手に入る保障はないが・・・
下手をすれば何十万課金してまでも出てこない場合もザラである。
まおうのたまご入手困難よりも、深刻になるのはおそらくデスピサロ入手だろう。

「魔剣士ピサロ」と画像検索すると、☆4の魔剣士ピサロの画像が見れるが、
あれは相当な重課金者またはスクエニの社員であろう。
どちらにせよ魔剣士ピサロの☆4は現実的ではない。

        2014-10-13       DQMSL大辞典を作ろうぜ!![Bランクの星]

DQMSLにおけるふくびきスーパー(ガチャ)で手に入る一部のBランクモンスターの総称。
もちろん正式名ではない。たかがBランクかもしれないが、実は当たりモンスターなのである。
下手なA、Sランクより当たりとも言えるだろう。

該当するモンスターは
ヘルコンドル、くもの大王、ボーンナイト、メタルハンター、デザートデーモン、マッスルウータン※、大王イカなどのBからSに転生できるモンスターの総称。
※マッスルウータンはCランクのコングヘッドからでもも転生可能。

何故これらが当たりモンスターかと言うと…もちろんこのままでは使えませんよ(笑)
それは転生すると最終的には最強のモンスターになれるからだ。
いずれも究極転生への道にも十分活躍できる!

ヘルコンドル→ガルーダ→ごくらくちょう
くもの大王→ヘルクラウダー→ヘルミラージュ
ボーンナイト→死神きぞく→グレートライドン
メタルハンター→キラーマシン→Sキラーマシン
デザートデーモン→アークデーモン→べリアル
マッスルウータン→モヒカント→ブルファング

特にごくらくちょうとヘルミラージュは究極転生への道においてもかなり使える。
できれば☆付けはしておきたい。☆4にすれば魔王系にも勝るとも劣らない強さになる!
いずれもBランクから手に入ることができるので、比較的☆付けもしやすい。

とはいえ、BランクからSランクまでにはかなり時間がかかる。
できるならばSランク直接手に入れ、せめてAランクから手に入れるのが望ましい。
まあ、Bランクが当たりというのは、金の地図が出なかった負け惜しみの考えかもしれない。
少なくともCよりはずっとマシなのだが。

それはさておき、今のところBランクから究極転生SSランクへの例がないが、
そのうち、ごくらくちょうやSキラーマシンはSSランク転生の可能性はある。
この2種は上位体に「ほうおう」「ファイナルウェポン」が存在している。
可能性がある以上、ごくらくちょうとキラーマシンは☆付けしない方がいいのかもしれない。

        2014-10-13       DQMSL大辞典を作ろうぜ!![クインローズ]

クインローズsl
クインローズとは、DQMSLに登場するローズダンスの色違いの新規モンスターである。
ランクはS。転生元はローズダンス。
全体的に涼しげなカラーリングをしており、見た目通りヒャド系無効の耐性を持つ。
特技はべホマラーとバイシオンという超貴重な2つを持っている。

全体のステータスもそこそこ高く、特に素早さはSランクの中でも5本の指に入るほど。
賢さもそれなりに高く、べホマラーの回復量も期待はできる。
持たせる特技によるが、使い方次第では究極転生への道にも活躍はできるであろう。
転生前のローズダンスからべホイミを付け、さらにライデインあたりにすれば良いだろう。
ただし、MPがそこまで高くないので、べホマラーの使い放題は禁物。
まあ、一応予備として持っているのは◎

しかし、クインローズには「全体のHPを10%アップ」というリーダースキルを持っている。
Aランクで唯一究極専用のようじゅつしは☆4にしたところで500届かないのを、
このリーダースキルでようじゅつしのHPを500切ることができる。

HPアップはクインローズだけではなく、バルザックややまたのおろちも持っているが、
彼らは完全な脳筋型なので、究極には正直向かない。
上記の通り、クインローズはMPと賢さもそれなりにあり、何と言ってもトップクラスの素早さも持つ。
DQMSLにおいては、素早さは命なのである。

余談ではあるが、クインローズ(ローズダンス)はDQMJ2の十二支モンスターの1匹。
ローズダンス系が登場していることから、おそらく他のアサシンブロスやじごくのマドンナなどの
色違いも実装される可能性が高い。

どうでもいいが、注意しておく点がある。
クインローズの事を「クイーンローズ」または「クィーンローズ」と間違える馬鹿なにわかもいる。
あと特技のライデインを「ライディン」と言うアホもいるので、ドラクエ用語はちゃんと覚えておこう。

なんと、2014年10月15日のアップデートより、いにしえの王座の15-5のボスとして登場。

        2014-10-09       [DQMSL]デスピサロを超高確率で手に入る裏ワザ!!

これを見ればもう課金要らず!?
何万もの課金がもうバカを見る!?

この記事を見ないと大損しますよ?

スーパーライトで確実にとは言えないが、少なくとも高確率で金の地図をゲットできる時間帯がわかったのだ!
いいか?誰にも(特にスクエニ関連のサイトには)言うなよ?
この情報が洩れたら必ずスクエニの耳に入り修正し兼ねないからな。

それはともかく、この方法をすれば金の地図が出やすいだけではなく、
なんと、超レアなデスピサロをも超高確率で同時に手に入るのだ!!


レア地図
その時間は、3:59だ!!
かなり中途半端な時間。ちょうどこのゲームの日付が変わる寸前だ。
たしかに4時ごろに金の地図が手に入りやすいというわけだ。
ただし、1分でも違うとこの確率もだいぶ変わってくるから要注意。

ただの偶然かと思いきや、なんと4日連続で10連デスピサロ2、3体の合計11匹を手に入れることができた!

万が一、3時59分でも金の地図が全く出ない場合は、スクエニが修正したのだと考えて良い。
ひょっとして、もうスクエニに修正されてこの裏ワザは使えないかもよ?
ダメだった人は残念ながらご愁傷様www

まあ、信じるか信じないはお前ら次第という事だ。
当たらなかったからと言って間違っても私を責めるなよな。
恨むならバカで無能なスクエニにするんだなw

        2014-10-06       究極転生への道ノーデスクリア!!

今日、初の究極ノーデスクリア成功した!
パーティはクインローズ(リーダー)、レジェンドホーン、ヘルミラージュ、ごくらくちょう、妖女イシュダル、デスピサロ(フレンド)。
もちろん全員レベルマックス、星は無し。

※( )内は特技枠

クインローズ(ベホイミ、ライデイン)
レジェンドホーン(ベホマラー、ピオリム)
ヘルミラージュ(ライデイン、ベホイミ)
ごくらくちょう(ライデイン、ドルクマ)
妖女イシュダル(ライデイン、ベホイミ)
デスピサロ(ベホイミ、ピオリム)

このパーティで見事ノーデスクリアとなったのだ。
何がコツだって?そりゃ実力と運だろw
まあこのパーティだからといってノーデスどころかノーコンできる保証はない。

クインローズをリーダーにしている理由は、全員のHPを10%に伸ばすことができるからだ。
星4にしてもHP500寸前で止まってしまうようじゅつしもこのリーダースキルのおかげで500をようやく超えるから役立つ。
HPアップのスキルは他のモンスターにもいるが、
やまたのおろちやバルザック、レッドオーガなどはリーダースキルを除いてはただの脳筋バカ。
これらを考慮するとそれなりに高いMPと賢さを持つクインローズがちょうど良いだろう。
素早さに至ってはSランクの中でも5本の指に入るほどの早さ!!
それに、予備としてベホマラーが使えるのも◎

レジェンドホーン
デフォでザオリク、ライデインが使え、転生前のユニコーンからベホマラーを継げばもう十分!
あとは残り1つの枠を何に入れるか?
俺的にはピオリムあたりがいいと思う。
高い賢さを活かすためにドルクマやベホイミ入れるやつがいるが、
高い賢さを活かしているのはライデインとベホマラーで十分。
特性もみかわしアップなど、大体がごくらくちょうと似ている。

ヘルミラージュ
言わずもがな残り2つの枠はベホイミとライデイン。
デフォでフバーハが使えるのはとても良い!
ベリアルやヘルバトラーをも上回る賢さ、
AI1~2回行動とそこそこ安定はある。
Bランクのくもの大王から転生できるので星も比較的付けやすいところ。
まあ正直、ヘルミラージュは星無しでも十分強い。

ごくらくちょう
究極転生用ならば本当はドルクマの枠をベホイミにするべきだろうが、
ごくらくちょうは素でベホマラー持っているので必要ないと。
全員ダメージを食らい、戦闘後にベホイミを6体ずつかけるという事なんだろうけど、
ベホイミの消費14×6=84になってしまい、却ってベホマラーより多く消費してしまうことになる。
ベホイミは少なくとも3体、ベホマラーを2体くらいで十分回復役は足りていると思う。

妖女イシュダル
高い賢さでドルクマ、ライデイン、ベホイミはかなり良い。
ブラドラ対策でぱふぱふも結構役立つ!

とりあえずベホイミ3体(フレンド含まず)、ベホマラー3体、ライデイン5体、ドルクマ2体、ザオリク1体、ピオリム1体。
これで少しは究極転生をクリアしやすいだろう。
何コン覚悟のプレイヤーなら十分にクリア可能だろう。

        2014-10-04       DQN大辞典を作ろうぜ!!第零版 [魔王ダーブラ]

魔王ダーブラとは、ドラゴンボールZに登場するキャラクターである。
魔界において絶対最強を誇る強者で、
魔「王」でありながら、魔界の神の中の神である魔界王神を凌駕するらしい。
ツバで相手を石化させたり、手から剣を瞬時に出現させるなど、魔術にかなり長けている模様。
戦闘力はセル(俗に言うパーフェクト形態なのか?)以上とのこと。

余談だが、このダーブラこそがドラゴンボール界最強の存在である。
というのは、セルやブウやヒルデガーンといった造られた生命体はそもそも宇宙には存在していない。
よくフリーザやクウラは宇宙の自然界最強と言われているが、
生命体である以上、ダーブラも最強候補になる。

このダーブラ、ホイと同様にドラクエの世界を支配している。
というのは、ドラクエに存在する魔界は、ドラゴンボールの魔界につながっている。
ドラクエ5の魔界も、ダーブラが支配している魔界のほんの一部にすぎない。
魔界は表世界の宇宙と同様に幾つかのエリアに分かれている。
なお、ドラクエ5の魔界は全魔界の中では最低レベル。
ミルドラースはドラクエの世界の中では最強クラスだが、全魔界の生命体と比較してしまえば下の上。

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。