みあのドラクエブログ

DQMSL速報管理人みあの弟のブログ [NewEntry] [Admin]

カレンダー

03 « 2014-04 « 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

記事分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

みあブラザーズ

管理人  [ みあブラザーズ ]

ドラクエやFFを中心としたブログ
少しグロ記事もあるので注意

RSS

広告

FC2Ad

        --------       スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2014-04-29       DQN大辞典を作ろうぜ!!第零版 [Google]

魔王Google
現実世界の大魔王。
本来、「魔王」とはRPGや小説などに登場する架空の悪魔なのだが、
このGoogleはまさに現実に存在するノンフィクション魔王なのである。

Googleの理想(というより野望)
「世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにする」
↑ある意味でこれは世界征服に他なりませんからw

なあ?
Googleって絶対にターミネーターに出てくるスカイネットだよな?

つまり、Googleは、CIAよりも多くの世界中の情報(特に個人情報でははるかに凌駕)を握っているために、
Googleの幹部に麻原●晃のような人物が出現した時、国家転覆、世界制覇を図る危険性は十分ある。
Googleは第二のオ●ムになる可能性も極めて高い。その気になれば世界征服など造作ない。
地球が壊れる前にGoogleに滅ぼされそうだ・・・

ここでは、Googleの利用者を"信者"と見做す!
はっきり言ってGoogle使っている奴は如何わしい宗教の信者と何ら変わらないw
chromeとか言うゴミブラウザも同じだ。いわばchromeは信者を増やすための邪道具である。スパイウェア。
Googleは邪教だ。

Googleのサービスを使うと、以下の個人情報がGoogleに送信されることになります。
・端末固有の情報(例えばハードウェア、オペレーティング、端末固有の ID、電話番号、ネットワーク情報など)
・お客様による Google サービスの使用状況の詳細(検索キーワードなど)
・電話のログ情報(通話の相手方の電話番号、転送先の電話番号、通話の日時、通話時間、SMS ルーティング情報、通話の種類など)
・インターネット プロトコル アドレス
・端末のイベント情報(クラッシュ、アクティビティ、ハードウェアの設定、ブラウザの種類、ブラウザの言語、リクエストの日時など)
・お客様のブラウザまたはお客様の Google アカウントを特定できる Cookie
・現在地情報
・固有のアプリケーション番号
・ローカル ストレージ
・Cookie と匿名 ID

少し難しい用語が含まれるので、いまいちパッと想像できない人もいるでしょう。
猿でもわかりやすく説明すれば、あなたが使っているパソコンやケータイの種類(型番)やあなたの住所、
電話番号と通話履歴等。個人情報がたっぷりとGoogleに漏れているのですよ。
その情報を探ればあなたが大体どんな時間に起きて、一日何時間インターネットをやっていて、
どんな職業なのか探ることも容易にできるのですよ。
今まで自分がどこで、何回セックスしたことも知られている。

Googleはまさに大魔王。未来における最大の敵。
考えてみてほしい。個人情報を人間の魂(エネルギー)に置き換えるならば、
Googleは世界中の人々の魂を吸収して力を付けている。
お前ら世界を滅ぼそうとしている大魔王を育てているのだぞ!?
Googleが完全体にでもなったら福島第一原発、首都直下型地震、"北ミサイル"どころの事態じゃなくなるぞ!?

自分の家族を守りたいだろ?
自分の故郷を守りたいだろ?

今からGoogleから抜けろ!今からでも遅くはない。
Googleアカウントを持っている人はアカウントを直ちに削除しましょう。
詳細は↓
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n83780


それでもあなたはGoogleを使い続けることができるだろうか?
使い続けるならばあなたは間違いなく自殺願望者である。またはただのバカ。
全人類のためにも、Googleはサイバー攻撃を受けて壊滅してしまえばいい。
こういう時こそ、ハッカーが勇者になれる!!

でも冗談無しでも、Googleが最終的に何を目指しているのかは分からない。
何となくこれ以上ここに個人情報を預けておくのは怖い感じになってきたな。
一昔前はYahooと並ぶ検索サイトという程度だったんだが、
今では"無料"を盾にありとあらゆる情報を1ヶ所に集めて何か画策している様に思えてならない。

きっと、Googleは世界征服を企んでるんでしょうねW
スポンサーサイト

        2014-04-29       魔導師ホイこそ全アニメ最強キャラクター!

ホイ画像1
正直、魔導師ホイは本当に最強だと思っている。もちろん単純に戦闘力だけではなく。
何しろ、バビディと同じ「魔導師」であるから、バビディの魔術も使いこなせるだろう。
バビディと違ってホイは戦闘力もかなり高く、戦闘力と魔術を合わせれば確実に最強。

バビディは戦闘力としては雑魚だが、魔術はかなりのものである。
悪の心が少しでもあれば支配でき、全世界をスピーカーのように話せる術等々…
超一星龍やゴジータ4にこんな芸当はできますか?
そういう意味では、魔導師ホイがDB最強というのもあながちネタではないのかもしれません。

魔人ブウを凌ぐヒルデガーンを作りだしたという設定からして、
ホイはビビディ・バビディ以上の魔力があることが判明。


能あるホイ2
正体は破壊神ビルスたちの頂点に立つ「大破壊神」であり、ドラゴンボールにおける最高唯一神でもある。
あえて魔導師として生きているのは、神であることを隠し、下界の様子を観察しているためである。
要するに黄門様みたいなもの。


能あるホイ1
本来ならアルティメット悟飯や超3悟空など、ホイにかかれば1秒で瞬殺できる雑魚だが、
すぐに殺してはつまらないので、自分では下さずにヒルデガーンを使った。
能ある鷹は爪を隠すならぬ、「能ある魔導師(神)は身を隠す」


ヒルデガーンの源
ヒルデガーンのパワーはコナッツ星人の邪気とされているが、
実はヒルデガーンのパワーの99.999999999…9%はホイのパワーが源である。
(もちろん、これでもホイの0.00000000000…1%である)

ホイがその気になれば超一星龍や超4ゴジータを瞬殺できる。
ホイからすればゴジータやベジットなど赤子にすぎない。


ホイは強い
地球が誕生する前から生きている。タピオンの1000年前の回想シーンでも爺さんの姿であったことから、
ホイの年齢は少なくとも1000歳以上は確実だ。もしかしたら億年も生きている可能性あり。
界王神の話によればバビディは原始時代から生きている模様なので、ホイもそのくらいは生きているのかも。
ホイはそのくらい老いているにもかかわらず、Z戦士並みの動きが可能!
ホイが若い時代の時はもっと強いはずだ。やはりホイは長寿でも最強!


長寿最強
魔導師ホイがドラゴンボールを作れば最強の神龍になれる。
それこそ「超一星龍を倒してくれ!」「超4ゴジータをも超える強さになりたい!」という願いもかなえられるだろう。
何しろDBにおいてはホイを上回る人間は全次元でも存在しない。


ホイ老様
超公式の「戦闘力6」って未だに訂正してないんだなw
9億のトランクスがわざわざ攻撃を避けなければならないくらい翻弄していたのだから、
ネタ抜きでホイは「6億」が妥当だろうが。もちろんこの時は気を抑えている状態で、
気を解放すれば超サイヤ人2以上の戦闘力(本気を出せばフュージョンおよびポタラ超4以上)

ヒーローズのPVで超4ベジットと魔導師ホイが戦っていれば・・・


さあ!!
そもそもホイが最強と言われている理由は、超4ゴジータ以上の戦闘力とバビディ以上の魔術を兼ね備え、
尚且つドラゴンクエストとファイナルファンタジーの他作品にまで干渉できる。
かつてのナッパ様と言えど他作品には手を出せない。その点ではホイの方が勝る。



ぬ!?
いつか魔導師ホイはドラゴンボールヒーローズに登場すると思う。
何しろブロリー、ナッパ様に次ぐネットで人気キャラで、
話題だった神と神の時もいち早く動いたのはヒーローズである。
もしかしたら「ドラゴンボールヒーローズ最後のキャラ」としてホイが登場する可能性も!?
魔導師ホイがヒーローズのラストを飾ったらかっこいいなぁ!

個人的にだけど、魔導師ホイってドラクエの魔王に例えると「ゾーマ」の位置づけっぽい。


ホイの最後!?
未だに勘違いされがちだが、ホイは死んではいない。
ヒルデガーンに踏みつぶされて地面に潜り込んだだけ。もちろん生きている。
この時のホイはタピオンに集中しすぎてかなり油断していたため。
あらかじめ踏みつぶされることを構えていたらヒルデガーンを投げ飛ばしていた。


神様=ホイ
ホイは実在する神である。この現実世界にも干渉しておられる。
ホイは鳥山明という天才漫画家に自らをドラゴンボールという作品に登場させた。
鳥山明が存在しなかったら、この魔導師ホイも存在しないことだが、
魔導師ホイが存在しなければ、また鳥山明も存在しなかったであろう。

        2014-04-26       DQN大辞典を作ろうぜ!!第零版 [魔導師ホイ]

魔導師ホイとは?
魔導師ホイとは、DQ界・FF界およびドラゴンボール最強のキャラクター。
またドラゴンクエストとファイナルファンタジーの世界を支配している神。
ドラゴンボールにおいてはビルスたちの頂点に立つ大破壊神。

全次元で一番強く、賢く、最高位に立たれる神の中の神。
全ての世界のあらゆる知識を兼ね備えている。


ドラゴンボールにおける魔導師ホイ
劇場版ではヒルデガーンに踏みつぶされて死亡したと思われたが、
実は地面に潜り込んだだけで死んではいなかった。(一説では踏みつぶされたホイは幻影と言われている)

悟空たちのように気を自由自在にコントロールすることが可能。
故に劇場版でのホイは超サイヤ人2~超サイヤ人3以下の実力だったが、
本気を出せばスーパーゴジータ4をも遥かに超える強さになった。
下手をすればAFのキャラクターをも超えかねないほどのパワーを秘めている!
公式では劇場版最強はビルスorウイス(過去にはジャネンバ)だが、
実質最強は間違いなく「魔導師ホイ」なのである。

これまでのラディッツ、フリーザ、セル、ブウ、GTの強敵は
全て魔導師ホイによる思し召しであった。魔導師ホイは運命すらも自由自在に操れる。

魔導師ホイがその気になれば第1~第12の全宇宙を全て消滅させることが可能。
しかも魔導師ホイは自由に過去や未来、精神世界を行き来できる故に、現在の宇宙を破壊しても
過去の世界に行けば痛くもかゆくもないのだ。まさに超越者。



RPGにおける魔導師ホイ
ドラクエとFFの世界をも干渉しており、ドラクエやFFに登場する魔王と言った存在は
魔導師ホイから派遣されるホイ・クラッシャー軍団の一味。配下。

お約束のエンディング後のお楽しみダンジョン&隠しボスは、
ラスボスが倒され、魔導師ホイが時間を戻し、新たな部下を派遣させている仕組み。
だからエンディング後も何事もなかったかのように魔王を生きている。

RPGで最強と言われているデア・リヒターやヤズマットも、魔導師ホイからすれば生まれたばかりの赤子。
つまり、魔導師ホイが直々にDQやFFの世界に出現したら一巻の終わり。
魔導師ホイなら指一本でその世界が消滅してしまう。


ドラゴンボールヒーローズ
意外にもヒーローズには登場していない魔導師ホイ。
ビビディ・バビディが登場しているヒーローズにホイが出てもおかしくはないのだが…

ヒーローズにあえて登場しない理由は、魔導師ホイこそが本物の神であるため。
本物の神様(魔導師ホイ)は子供たちがどんちゃん騒ぎするゲームセンターには登場しない。
魔導師ホイがもし登場したら、最強の座であるゴジータ4を越えてしまうからだ。
まさに「能ある魔導師は姿を隠す」である。


キャラバンハート3DS
ドラゴンボールのキャラで唯一魔導師ホイがモンスターズに特別参戦!
皮肉にもモンスターとして登場しているw
とはいえ、本作の最高位に立ち、ホイ・クラッシャー軍団と創造神グランゼニスを配合すると彼が生まれる。
魔導師ホイと何かでヒルデガーンが生まれたりはしない。



ホイカード

        2014-04-22       DQN大辞典を作ろうぜ!!第零版 [ホイ・クラッシャー軍団]

ホイ・クラッシャー軍団とは、ドラクエの存在するラスボスや隠しボス(裏ボス)たちの総称。
ドラクエのみならず、ファイナルファンタジーやロマンシング・サ・ガ等のラスボス・隠しボスまで含まれる。
彼らを総統するのは、なんとドラゴンボールの魔導師ホイである。
破壊と殺戮の神であるダークドレアムも、魔導師ホイの部下にすぎない。

神竜
グランドラゴーン
エッグラ&チキーラ
エビルプリースト(完全体)
エスターク
ダークドレアム
神さま
四精霊
竜神王
グレイナル(宝の地図)
災厄の王
マスタードラゴン
ヒヒュドラード
魔戦神ゼメルギアス
名もなき闇の王

ドラクエの世界を征服するために、ホイが各次元に彼らを派遣させているのだ。
ダークドレアムなどの隠しボスは、ラスボスが倒される前の時間に戻しているのと同時に送られる。
これがRPGお約束のエンディング後の関係。

神竜や竜神王は善に見え、征服なんか企んでないように思えるが、
彼らも立派にホイ軍団の一員で、密かに世界征服を目論んでいる。
事実、竜神王は暗黒神ラプソーンが下界で暴れているのに助けもしなかったあたりもそれ。
(ラプソーンと竜神王は同じホイ軍団の仲間であるから)
神竜だって本当に善なら多くの犠牲者を出す前にゾーマなんか倒していたはずだ。

ダークドレアムとデスタムーアに関しては、おそらくデスタムーアはホイ軍団の中では役立たずで、
ホイがダークドレアムに処刑させたものだと考えられる。

ドラクエ7の神様も、ホイ・クラッシャー軍団の一味なのである。
神様の強さは魔王より遥かに強いのに、ストーリー上では魔王に敗北したなどいくつかの矛盾がある。
このことから、神様もオルゴ・デミーラとあらかじめ示し合わしていた可能性が高い。


キャラバンハート3D(仮称)
ホイレア
なんとキャラバンハートでは神竜、グランドラゴーン、真エビルプリースト、エスターク、ダークドレアム、神様、
四精霊、永遠の巨竜、復活グレイナルと言った1~9の全ての隠しボスたちがスライムファミリーのように集まり、
1匹のモンスターとして登場している4枠モンスター。
待望のグランドラゴーンや真エビルプリーストや永遠の巨竜などが登場している。
何気に四精霊と復活グレイナルが入っているw

ランクはssで、???系である。所持スキルは「ホイ・クラッシャー軍団」
真・災厄の王×ダークドレアム×かみさま×プラチナキングの4体配合で生まれる。
しかし、かみさまは現時点で入手は不可能なので、通常では入手できない。

こいつ(ら)と【創造神グランゼニス】を配合すると、今作の最高峰の階位に属する【魔導師ホイ】が誕生する。

特性は超ギガボディ、AI4回行動、超ガードブレイク、常にマホカンタ、常にアタックカンタ、亡者の執念。
+25でギャンブルカウンター、+50で超行動早い、新生配合で秘めたる力が解放される。
見てのとおり、強力すぎるために、新生配合で特性を入れ替えなくてももれなくデメリット特性が付いてしまう。

        2014-04-22       DQN大辞典を作ろうぜ!!第零版 [ドン・モグーラの手下の排泄物]

ドラクエ8のデータ上に存在する没アイテム。
名前の通りモグラの子分の糞である。

効果はDQMにおける「あやしい薬」と同じ。
敵1体に何らかの状態変化を及ぼす。

本来は話かけると「うるさいな」と返してくる手下に
連続5回話かけると、参ったのかこのアイテムをくれる予定であった。

…にしても、何でドラクエの主人公は平気で馬の糞なり、牛の糞をアイテムとして
持ち歩くのか甚だ不思議である。感覚を疑うw
しかも糞を握ったりすることもあるのだ(まあこれはプレイヤーによる動作なのだが)
現実に考えれば主人公はバカである。

        2014-04-21       DQN大辞典を作ろうぜ!!第零版 [ヒルデガーンの触手]

とっても臭い触手
ヒルデガーンの触手。ベロ触手。
名前の通りヒルデガーンの特技である。対象は敵全体。
ヒルデガーンは尻尾も口になっており、涎べっとりのぬるぬる触手で
獲物のエネルギーをセルのように全て吸い取る。
殺人フェラチオとも呼べる技だ。

劇中ではヒルデガーン(下半身)が一般人をこれで吸収していたが、
ドラクエではヒルデガーンではなく、なんと【魔導師ホイ】の特技となっている。
(ドラクエには意外にもヒルデガーンが登場していないため、代わりにホイが使っているという様)
エフェクトは魔導師ホイが上空に闇の空間を出現させ、そこからヒルデガーンの尻尾だけが出現し、
尻尾の先端から無数のベロ触手で対象全体を襲い掛かる。

この技はあらゆる敵を一撃で抹殺できる最強の特技である。
効果はザキ耐性無効の100%命中のザラキーマと言ったところだろう。
この技自体が「無属性」であるため、メタルキングだろうとラスボスだろうと一撃で死ぬ。
たとえこちらがアストロン状態になっても確実に死ぬ。
ドラクエ6のドグマの紫の瞳(強制マヒ)の強制即死バージョンと言ったところ。

ドラクエのシステム上なら、ヒルデガーンよりも強い
超3ベジット、ゴッド、ビルス、ウイス、超一星龍、超4ゴジータをも瞬殺できる!

しかし、この特技はあまりにもグロテスクだったためか、
最近のドラゴンボールのゲームでもほとんどヒルデガーンが登場しているが、
尻尾から無数の触手でエネルギーを吸収する特技は残念ながらない。
なのでヒルデガーンの触手吸収シーンは現在のところ映画のワンシーンでしか見られない。
それゆえに、ヒルデガーンがそんな特技を持っていることすら知らない人も多い。

        2014-04-17       災厄の王

災厄のホイ
災厄の王とは、魔導師ホイの魔術によってエスタークが究極進化した姿である。
イルルカ3DSのグランエスタークとは異なる進化態。

解説によると、理性を失う前はアストルティアを見守っていた帝王であったが、闇の根源によって災厄の王となった。
その大いなる闇の根源は「ホイ・クラッシャー軍団」なのである。

アストルティアの帝王の正体は紛れもなく地獄の帝王・エスタークなのだろう。
まあ、災厄の王も元を辿ってみればダークドレアムだ。
ダークドレアムはホイによって記憶を洗われ別の生命体に転生された。それがエスターク。

ちなみに、ドラクエに登場する進化の秘宝も魔導師ホイに生み出されたものである。

ところでこの災厄の王、ヒルデガーンに似てはいないか?
似ているも何も、ヒルデガーンを作ったのは同じ魔導師ホイであるから不思議ではない。



災厄のホイ2
災厄の王の真の姿。魔導師ホイによる超進化態。
戦闘力はドラクエ歴代最強!
だが、最強の真・災厄の王も魔導師ホイに比べたら生まれたばかりの赤子にすぎない。
それくらい魔導師ホイは強さの次元が違う。

やはり災厄の王とてドラゴンボールの世界では雑魚。
魔導師ホイはおろか、チャオズ…いや、ピッコロ大魔王以下の可能性も大いにある。
何しろ魔導師ホイは常時でも超2以上の強さ(本気を出せば9999極以上でゴジータ4を遥かに超える)

        2014-04-14       改造版DQMJの追加モンスター

改造版DQMJ(ジョーカー1)の新モンスター

とりあえず、DQMJ2~イルルカの全モンスター(803種)と、
次のモンスターを追加。
ついでにDS版ジョーカー1の没レア26種も全て追加。

だが、DQMJ2~イルルカに出席しているゲモンと大地の竜バウギアの2匹は
改造版DQMJに登場するものの、仲間にならないモンスター。

メガヒーロー
メガファイター
メガプリースト
メガマージ
ベテラン兵
メタルスラッシャー
ダイヤパペット
ゴールデンパペット
メタルパペット
しゃくねつりゅう
ギガントブラッド
ウォンテッドヘビー
ゾンビーミラー

スライムダーク(仲間にならない)
影の騎士(仲間にならない)
シャドーナイト(仲間にならない)
デスターキー(仲間にならない)
あんこくちょう(仲間にならない)
まかいじゅ(仲間にならない)
ヘドロイド(仲間にならない)
スピンサタン(仲間にならない)
スケアフレイル(仲間にならない)
クロコダイモス(仲間にならない)
シャドウパンサー(仲間にならない)
ダークジャミラ(仲間にならない)
ブラックモス(仲間にならない)
ボスプリズニャン(仲間にならない)
ブラックキーパー(仲間にならない)
やみのしょくだい(仲間にならない)
ブラックボトル(仲間にならない)
くらやみにゅうどう(仲間にならない)

大ナスビナーラ
レッドアーチャー
スウィートバッグ
レッドバロン
さくらこぞう
チョコヌーバ
ムーンキメラ
デビルロード
しろバラのきし
マーブルン
聖銀のどくろあらい
ファイアボール
のろいの岩
ほねリーダー
まかいしつじ
シールドあにき
リトルライバーン
ゴールドマント
ブロンドボーイ
メタルホイミン
メーダプリンス
モテモテ
アカツキショウグン
つむりんママ
ももいろ三姉妹
アスラ王
マッドレインボー
ゼブラマンティス
とろろ将軍
じごくのドアボーイ
アスタロト

クリスタルスライム
スライムエンペラー

ヴァルハラー
れんごくまちょう
マッドブリザード
エビルフレイム
じごくぐるま
ラストテンツク
ゴールデントーテム
メタルブラザーズ
まかいファイター
ゴールドタヌ
プラチナキング
デンガー
ゴッドライダー
イエローサタン
ダークマリーン
シーバーン
ヘルガーディアン
ロードコープス
レジェンドホース
オーシャンボーン
ガメゴンレジェンド
ファイナルウェポン
じごくのヌエ
ドラゴン・ウー
いにしえの魔神
ハヌマーン
ブラッドナイト
グレイナル(宝の地図)

まだらぐも
テンタクルス
サウルスロード
かぼちゃおとこ
ぶたおとこ
うしおとこ
とかげおとこ(リザードマン)
がいこつおとこ(マクロベータ)
タワーオブアイ
ガスドラゴン
ストーカー
オルテガ
ピラニアン
しびれあんこう
たこまじん
シャークマンタ
シーライオン
マリンリバイアサン
フライングデス
マッドルーパー
じごくのザリガニ
オーシャンキング
ブルーマッコイ
ドードリアン
アースクラッシャー
チョッキンビートル
きつねおとこ
ハリセンボール
ろうごくへい2
くびなしアーマー(8のヘルガーディアンと同色)
ニガニガー
ツインドラキー
サンドバックくん
マーマンダイン
デスジャッカル(没)
きとうし(没)
りゅうせんし(没)
ごろつき(没)
テラノライナー(没)
だいまじん(没)
じゃしんぞう(没)
ガネーシャ(没)
ひくいどり(没)
やみのしさい(没・仲間にならない)

ドラゴンガイア
災厄の王
真・災厄の王
永遠の巨竜
エビルプリースト(完全体)
グランドラゴーン
真・ゲマ

DQMJ2P・テリワン3D・イルルカで一雑魚モンスターであったゲマを裏ボスに超格上げ。
さらにゲマに最終形態を作ってほしい。

        2014-04-14       改造版DQMJ

前々から思ったが、DQMJ1ってストーリーがやたら短すぎたことで、
あまり評判よくなかったよな。
俺はイルルカ3DSみたいにクリア後もストーリーが長ければよかったと思う。
もちろん、ただ長いだけで内容がくだらなかったら皆無だが。
エスターク撃破後の新ストーリー。
改造版と言うからには、色違いの追加モンスターも多数。


改造版DQMJのストーリー

(エンディング後)

エスタークと対決!

エスタークを仲間にする

ここからがオリジナルストーリー

カルマッソ研究所を出たところに黒ずくめの怪しい男が横切る

突然、アルカポリス噴水場所に神様が現れる。その時にマデュエルを神様に渡す
(マデュエルを売った場合はその場でデータやり直し)

神様は実は魔王だった! マデュエルの力で全世界が暗黒の世界に変化した
魔王の手下(アトラス・バズズ・ベリアル)と対決!

水上バイクは襲ってきた手下によって全て壊され、他の島に行けない。
ところが、アロマが主人公にプテラノドン(移動手段用)を貸す

母親であるデオドラのことが心配で、主人公をデオドラン島に行かせる

デオドラン島もすでに暗黒の世界と化した

城に入ったが、そこにデオドラの姿はなかった

後ろを見ると魔物出現!
(レオパルド・ドルマゲス・暗黒の使いの3体が襲い掛かる!)

島探索

なんと、デオドラン島からアルカポリスに向かおうとしたとき、
既に魔物と化したデオドランが登場(フォロボシータ)
デオドランは大量のマ素を浴びたため、魔物と化してしまった

フォロボシータと対決!
戦闘後、デオドランは元通りにならずカルマッソのように死亡・・・

デオドラン島のみ暗黒世界ではなくなり元通りになる
(同時にメタルエリア奥地解放メタル狩り放題に)

アロマは悲しみのあまり、会長室で一人で泣いている
(当初は「人殺し!」と主人公を責めた)

もらった水上バイクで、次のレガリス島へ向かう
そのレガリス島も暗黒世界と化した。

レガリスのGピットは既に魔物に襲われて全員死亡、無人の幽霊Gピットと化した
(そこには、ロードコープス・デーモンスピリット・どくどくゾンビなどのゾンビ系が出現)

Gピットのお見合い部屋から太陽の遺跡へつながる穴がある

太陽の遺跡に侵入

太陽の遺跡にはあの怪しい男がいた!
なんと、その正体はゲマであった!

ゲマと対決(全滅イベント)

ゲマに敗れた主人公は、ゲマのメドローアで殺されそうになる
だが、主人公が殺されようとしたその時、神獣がかばってメラガイアーをモロ喰らった!

神獣は主人公に
「○○よ…どうやら、私はここまでのようだ… 今まで汝と共に旅をしたことは一生忘れない…
あのときはさよならは言わんといったが、今回で本当にさよならになりそうだ…ぐふっ!」

力尽きた神獣にゲマがメラガイアーでとどめをさした!
そして、神獣の身体があとかたもなく消滅した…
(神獣はパーティから完全に外れてしまう・・・)

ゲマ「これでギルツ様の計画をジャマする者は消えました・・・」
主人公は自分の親父の名前を聞いて驚いた

続き

        2014-04-08       幻の超激レアモンスター「魔導師ホイ」

魔導師ホイモンスター
イルルカのシークレットモンスター「魔導師ホイ」
今作には「V龍」という非ドラクエのキャラクターがモンスターとして出たことから、
さらにドラゴンボールのキャラクター「魔導師ホイ」までもがモンスターズに参戦した!

この魔導師ホイ、チャレンジャーズGPとマスターズGPの2つを1位にしなければ手に入らない超レアモンスター。
超入手困難である称号「未来」「堕天使」以前に、このモンスターの入手は非常に困難である。
ニジゴロンやモンスターパレードはいずれ救済措置として普通配信されであろうが、
この魔導師ホイは絶対にこの方法でしか手に入らない究極のレアモンスターである。
当然SSランクなので、すれ違いなどのスカウトは不可。


魔導師ホイの詳細
なんとこの魔導師ホイ、スモールボディでありながらかなり高いステータスを持つ。
AI3回行動の補正によりステータスがかなりガタ落ちされるが、魔導師ホイだけは例外でその補正は受けない。
たたし、+配合による「常にマホカンタ」「常にアタックカンタ」によるHP減の補正はある。

どれもこれも超強力な特性のオンパレードであるが、ただ一つ欠点なのが、
こいつは新生配合すると(特性を入れ替えなくても)、デメリット特性が付いてしまうのだ。
さすがのこいつとて、クソ特性の呪縛からは逃れられない。

しかも、Sサイズのモンスターにしては非常に珍しく、
ザキ、マインド、呪い、毒、混乱、麻痺、眠りの状態変化が無効である。
弱点は斬撃封じと踊り封じの2つだけだが、魔法主体のホイには痛くもかゆくもない。


魔導師ホイのスキル
なんと、魔導師ホイは固有スキルまでも所持しているのだ。
そのスキルは何とも超強力な技を一挙に覚えられるのである。

イオグランデ・ザオリク・べホマズン・メドローアなどの超最上級の呪文を使いこなし、
とても「魔導師」という肩書のレベルではない気がする・・・これじゃ「大賢者」レベルであるw

「てんぺんちい」「獣王げきれつしょう」は魔導師というよりむしろ天地雷鳴士のような・・・
また魔導師ながら、ギガクロスブレイク、オーロラブレスも覚えるのは何とも・・・

最終的にはミナダンテも覚えるが、この技は意外と実用性がない。

        2014-04-06       クソエニ

イルルカ3DSにはほんとガッカリしました・・
それは俺が一番望んでいたグランドラゴーンがまたもや出なかったからです。
あとプラチナキングやエビルプリーストとか。

エビルプリーストと言ってもリメイクで変身したデスピサロ型のヤツです。
スクエニはエビルプリースト(だいまどう型)が登場しているので出す必要がないとでも思っているのでしょうか?
確かにエビルプリーストはエビルプリーストですけど・・・

まだDQMJ2のグレイナル(老)と若きグレイナルはほぼ同一の姿であるから、
わざわざ宝の地図verの若きグレイナルを出さない理由はわかるとしても、
(それを言えば竜神王の永遠の巨竜と竜王はほぼ同一なので、永遠の巨竜を出さない理由と同じ)
エビルプリーストの完全体あたりは出してもいいと思うんだけどな。
ラプソーンの第一と第二に分けて出している以上。

今回のイルルカは過去の既存モンスターよりも大半がオリジナルモンスター枠で埋まりすぎている。
DQMJ2Pやテリワン3Dでは「おっ!こいつも出て来るのか!(嬉)」というのがあったが、
イルルカにはそれが全くなかった・・・
というか毎回毎回前作と全く同じの配信モンスター(ゴールドマジンガやスラリンガル等)で正直面白くない。
それこそ配信モンスターでグランドラゴーンやプラチナキングを出せよという話。

あと、今作で800種以上もいるのに、相変わらず引っ越しアプリでAランク以下しか持っていけないのが痛い。
次回作はSランクも引っ越しアプリで持ってこれるようにしてほしい。あとすれ違いのスカウトもな。

本当は自分の好きなモンスターが登場しないイルルカなんかプレイする甲斐が全く感じられないが、
いずれは出るであろうDQMの次回作のためにも、否でもイルルカはプレイさせる必要がある。
また次回作ではまた引っ越しアプリ機能があり、イルルカでしか引き継げないモンスターも絶対にいる。

最近のスクエニってみんなが言っている通りほんとに糞だと思う。
スクエニはみんな意見を見ているのだろうか。批判だらけだろうがw

何故未だにプラチナキングを出さないのか?
ここまでやるとプラチナキングを意図的に出さないという嫌がらせ感があります。

メタルゴッデスとかなんですか?
あんなのよりもみんなが期待しているプラチナキングを出させるべきでは?

スクエニが確実にアホだと思ったのは、
前作のテリワン3Dの最後のモンスターがエテポンゲであったこと。
どうやらリメイク7が決定の記念モンスターらしいのですが、どう考えても7の記念はプラチナキングが妥当だろ。
何でマイナーなエテポンゲにしたのかほんと意味不明。

スクエニは消費者を馬鹿にしてんのか!?
いつまで経っても「過去の栄光を食いつぶしているクソエニ」と言われ続けるぞ。

        2014-04-05       キラーマジンガ最強説

マジンガ=純粋ブウ
キラーマジンガって普通にゴールドマジンガやサージタウスより上だよね?
何かDQMJ2PとかではSキラーマシンがSSランク、キラーマジンガがSランクとされている。
下位種のキラーマシン2と同ランクのSであるのが気がかりだ。

キラーマジンガ自体6以降の本編に登場せず、尚且つファイナルウェポンらと共演がないから何とも言えないが、
キラーマジンガが9の宝の地図に登場させたら間違いなくファイナルウェポンより強い。
9は敵のステータスもかなりインフレしているため、9のファイナルウェポンと6のキラーマジンガを比較させたら、
圧倒的に前者の方が強いけど、キラーマジンガを9に出したら9のレベルにインフレしてもっと強くなる。

キラーマジンガ(DQ9)
HP:1023
攻撃力:650
守備力:685
素早さ:430

下手をすればキラーマジンガは雑魚モンスターではなく、ゾーマたちのような宝の地図のボスになったかもしれない。


マジンガの配合
キラーマジンガはSキラーマシン×ゴールドマジンガ×ファイナルウェポンの3合体で生まれそう。
タイプこそキラーマシン3、Sキラーマシンより下だが、キラーマジンガは格別。
実際イルルカではキラーマシン3×ドラゴンマシンでマジンガが出来るという。
(キラーマシン3もドラゴンマシンもキラーマシン2より進化したタイプのはず)

またマシン系最上位のサージタウスはSキラーマシン×キラーマシン2×キラーマシン×プロトキラーの4体配合であるが、
キラーマジンガ2体だけでサージタウスが簡単に作れてしまう。
ということはキラーマジンガは実質SSランクとすべきであろう。

何故キラーマジンガがキラーマシン2と同じSランクなのか不可解。
キラーマジンガをSSランクにするか、せめてキラーマシン2をAランクに格下げにするべきだろう。

まあ、DQMJ2以降の階位はあまりあてにしないほうが無難。
例えばメタル「カイザー」なのに、何故かメタルキングより下または同ランク。
第一形態のオルゴ・デミーラやデスタムーアがAランクとか(デスタムーアの配下であるムドーはSランクだというのに・・・)

そもそも一雑魚モンスターであるメタルスコーピオンが
魔王と肩を並べるSSランクというのも明らかにツッコミどころw

それはどうでもいいとして実際は
キラーマジンガ>ファイナルウェポン≒ゴールドマジンガ>Sキラーマシン>ドラゴンマシン>キラーマシン3
なのだろう。

キラーマジンガとドラゴンボールの純粋魔人ブウは共通している。
キラーマジンガはSキラーマシン・ゴールドマジンガ・ファイナルウェポンと合体してさらに豪華な形態に変身するかと思いきや、
なんとキラーマシン2型のシンプルな姿に。おそらくSキラーマシン系の余分な体躯を省いた純粋最強形態だろう。

キラーマジンガは空中を飛べるし、ファイナルウェポンにはなかった常時マホカンタも付いている。
体感的にはファイナルウェポンよりキラーマジンガの方が驚異的であろう。

魔人ブウの純粋も吸収ブウよりデザインがシンプルだが、実は悟飯吸収ブウ以上のパワーを誇る。
本来のブウのパワーは「理性」というものが弊害してあったため、思うように発揮できなかった。
こちらも体感的には悟飯吸収ブウよりも純粋ブウの方が驚異的のはず。

        2014-04-01       転生モンスター

ドラクエ10およびイルルカの転生モンスター。
イルルカは10の転生モンスターから登場させている。以下の通り

サボテンゴールド
ムーンキメラ
ピンクボンボン
ワイヤーマン
ハートナイト
ゴールデンコーン
ちょうろうじゅ
アルケミストン
マッドスミス
タイプG
クイーンモーモン
とげこんぼう
シャドーノーブル
シルバリヌス



ゴールデンコーン
ゴールデンコーン(アルミラージ)
「黄金一角獣」

金色に輝く 毛並みとツノが
ひときわ目立つ ウサギの魔物。
かわいい見た目とは 裏腹に
血眼になって 獲物を求める。
ゴールデンコーンの大好物は
つぶつぶコーンポタージュ。
ナベの底に残ったコーン粒も
ツノを使って 器用に食べる。


アルケミストン
アルケミストン(マジカルハット)
「錬金猪獣」

禁忌の錬金術を身につけた
いまわしい ブタの魔物。
やみのブレスや呪いのきりで
世に災いをもたらす。
いつも かぶっている帽子は
はじめて錬金で作ったもの。
テカテカした色合いが
だいぶ 気に入っている。

イルルカではトンブレロの転生モンスターとなっている。
賢さ上限が異常に高く設定されている。


ピンクボンボン
ピンクボンボン(ケダモン)
「桃色毛玉獣」

ハッスルダンスや おうえんで
仲間をサポートする
なかなか やっかいな
モンスター界のアイドル。
足の裏に 血マメができるまで
ひたむきにダンス練習を続ける
ど根性アイドルであることを
ファンたちは まだ知らない…。

イルルカではファーラットの転生モンスターとして登場。


とげこんぼう
とげこんぼう(ブラウニー)
「凶棒妖精」

旅人を 地獄に突きおとす
おそろしい処刑人。
特製の トゲつき棍棒で
痛恨の一撃を お見舞いする。
一度 トゲつきハンマーを
導入しようかと 検討したが
そうしたら オレの名前は
どうなるの……と思い直した。


ワイヤーマン
ワイヤーマン(パペットロープ)
「鋼線怪人」

狭い隙間から スルッと現れる
ヒモ魔物のヒーロー。
かたいロープを投げつけ
身動きを取れなくしてくる。
かたく結ばれているのは
ロープだけじゃない!
絆の戦士 ワイヤーマン!
というセリフと共に現れる。

イルルカではくみひもこぞうの転生モンスター


スウィートバッグ
スウィートバッグ(わらいぶくろ)
「甘味妖魔」

お菓子好きの魔女が
作り出した 袋の魔物。
ピンチに おちいると
ハッスルダンスを踊る。
ノースウィーツ ノーライフ。
お菓好きの魔女が遺した
この言葉を胸に 今日も
スウィートバッグは戦う。

ドラクエ7のリメイク版では「トクベツなモンスター」として登場し、
お菓子なのに何故か「超しもふり肉」をドロップする。
いくつかの転生モンスターが登場してきたイルルカだが、
意外にもこいつは出してもらえなかった。ふくぶくろとの共演がない。


ハートナイト
ハートナイト(スライムナイト)
「真心騎士道」

ピンクのスライムに またがり
華麗な剣技を披露して
女子のハートを わしづかみ。
小柄な身体のダテ男。
毎日 かぶとのタテガミに
クシを入れるのを 欠かさない
重度の ナルシスト。
相棒のスライムは呆れている。

イルルカでは同じくスライムナイトの転生として登場しており、DQMだから仲間にもできる。
「経験値増」「ゴールド増」「アイテム%アップ」の特性を持っており、しかもAI2回行動持ち。
こいつ4体で「ハートナイト部隊」というパーティで、金策のカギとかでは大いに活躍できる。
新生配合した「行動早い」のハートナイトがチェインを使えば、100%連携になるという裏技も。
そういう意味では10よりもずっと有名だろう。


レッドアーチャー
レッドアーチャー(リリパット)
「紅蓮弓鬼」

血に染まった 赤いフードを
まぶかにかぶる 邪悪な射手。
ただひたすら 一心不乱に
さみだれうちを放ちまくる。
左手に持つ 黄金の弓矢は
以前 弓対決した弓の達人から
ぶんどった戦利品だ。
光り物に目がないらしい。

トルネコシリーズに登場した「黄金の矢」とは関係ない?


大ナスビナーラ
大ナスビナーラ(ナスビナーラ)
「大物茄子鬼」

品種改良を重ねられた
ジャンボナスビナーラ。
格段に大きくなったものの
性格や戦い方は相変わらず。
地獄の農場で 催された
ジャンボ野菜コンテストで
惜しくも 優勝を逃した。
次回に望みをかけている。

イルルカでは新生配合によりナスビナーラをメガボディにすれば
実質「大ナスビナーラ」の完成だ?


レッドバロン
ロッドバロン(ホースデビル)
「紅魔男爵」

魔王に 絶対の忠誠を誓う
高貴な血筋の大悪魔。
ぶきみなひかりで敵を弱らせ
凶悪な呪文を はなつ。
レッドバロンは 何千年と続く
由緒正しい悪魔の貴族。
人間の断末魔を音楽にして
混沌の美酒に酔いしれる。


マッドスミス
マッドスミス(くさった死体)
「狂乱不死者」

腐りただれた身体をひきずり
ガスをはきちらすゾンビ。
毒 マヒ 呪いをもたらす
おそろしい 冥界の使者。
生き別れた恋人を探して
長い間 さまよっていた。
そのうち自我を忘れ
冥界に堕ち こんな姿に。


チョコヌーバ
チョコヌーバ(ドロヌーバ)
「甘泥魔人」

ドロドロに溶けている
チョコレートの魔物。
ジバリカを唱えて罠をはり
かかった旅人に猛烈アタック!
2月の 特別なあの日に
チョコをもらえなかった
男子たちの怨念により
この魔物は生まれたという…。

そういやイルルカでも「チョコゴーレム」とかいう奴いたな。
あいつとは関係ない?


クイーンモーモン
クイーンモーモン(ピンクモーモン)
「女王毛紋」

伝説の楽園 モーモン王国から
迷い込んだ フワフワ女王様。
たたかいのうたを可憐に歌い
モーモンたちを奮い立たせる。
うつくしい青の毛並みは
幻の青いバラにも例えられる。
ちょこんと載ったティアラが
頂点に立つ者の証なのだ。

ちなみにイルルカにも登場するが、ピンクモーモンではなくマポレーナの転生。
10とは出現時期が異なり、イルルカでは裏ダンに登場するため、10よりも強い。


さくらこぞう
さくらこぞう(もみじこぞう)
「桜花妖怪」

舞い落ちた桜に花びらに
美に魅せられた邪鬼が宿った。
魅惑のおどりで旅人を魅了し
チカラをためて おそいかかる。
マスカラぱっちり 朱の口紅。
ゲタの鼻緒は さくら色。
乙女チックに胸トキメかせる。
……でも こぞう。


キラーピッケル
キラーピッケル(キラースコップ)
「鉄槌土竜」

血と汗がにじんだピッケルを
握りしめ 地下を見守る魔獣。
工事のジャマをする旅人には
チカラをためて 鉄槌を下す。
地下ではたらく もぐらたちの
仕事っぷりを見守っている
たよれる 現場の親方さん。
手抜き工事は許さない。

こいつってDQMJから輸入したモンスターじゃんw
アホかw よりによってDQMからの輸入モンスターを転生モンスターにするとはな。
やはりアホ未満は健在だな。


デビルロード転生
デビルロード(シルバーデビル)
「魔猿君主」

メラガイアーや しゃくねつで
辺り一面を焼け野原にし
さらにメガンテまで唱えてくる
悪夢のようなピンクの魔物。
千年生きたピンクモーモンが
心根まで血に染まって
変化した姿なのだと主張する
インチキ学者もいるらしい。

まーた既存モンスターを転生モンスターにしているよ。
今回も暴挙に励んでいるな、過去の栄光を食いつぶしているクソエニ。


ムーンキメラ
ムーンキメラ(スターキメラ)
「月光魔鳥」

月が 満ち欠けするように
光と闇の魔力を 増減させて
ブレス攻撃をしかけてくる
凶悪な鳥モンスター。
新月の日は 月に一度だけの
ムーンキメラの貴重な休日。
常に 羽ばたき続けているので
この日ばかりは 羽を伸ばす。

イルルカではキメラの転生モンスター。


ちょうろうじゅ
ちょうろうじゅ(じんめんじゅ)
「千年妖樹」

何千年も生き 邪悪な知識を
身につけた 魔界の霊木。
高度な呪文を使いこなし
混沌と破滅をまきちらす。
長寿の秘薬になると
勘違いされ 頭の葉っぱを
ちぎって持っていく不届き者が
後を絶たず 困っている。

イルルカでは氷の世界の迷いの森にも登場する。たぶん見つけにくいと思う。


のろいの岩
のろいの岩(スマイルロック)
「呪獄邪岩」

普段は のろのろ転がるだけの
怠惰な生活を送っているが
一度 獲物をロックオンすると
我が身を削って 打ち負かす。
のろいの岩と出会った者は
一生 その笑顔が脳裏に
焼きついて離れないという
呪いに かけられるらしい。


ファイアボール
ファイアボール(ガチャコッコ)
「火球鋼鳥」

火の玉のように空を翔る
赤き鳥型の殺人マシン。
翼からメラストームを放ち
自爆ダンスで大爆発!
ファイアボールの正体は
熱暴走したガチャコッコだと
唱える学者もいるが
目撃例が少なく 真相は不明。


聖銀のどくろあらい
聖銀のどくろあらい(どくろあらい)
「聖銀跳獣」

聖銀のメタルボディに変化した
とても希少な どくろあらい。
珠玉の逃げ足と豪華な経験値が
冒険者たちのウワサの的に。
ひとつのどくろを決して離さず
100年 洗い続けた時
身体が聖銀に変わるという
不思議な言い伝えがある。


マーブルン
マーブルン(しましまキャット)
「多色縞猫」

カラフルなシマ模様が自慢の
すごく 珍しい猫魔族。
気まぐれにメラを唱えたり
ペロペロなめまわしたりする。
猫島の7匹のキャッツが
プリズニャンに いたずらして
魔法のペンキをぬったら
生みだされてしまったのニャ!


まかいしつじ
まかいしつじ(アモデウス)
「魔神家令」

魔王に忠誠を捧げ
身の回りの世話をする悪魔。
ザオラルをたしなみ
細やかな心配りを見せる。
魔王様のスケジュールや
体調管理をする やり手執事。
最近はアルバイトで
カフェの給仕も こなすとか。


ほねリーダー
ほねリーダー(ほねコウモリ)
「赤飛翼骨」

ほねコウモリ戦隊を率いる
赤きリーダーが帰還!
魅惑のまなざしで魅了し
必殺のバギマでとどめを刺す!
リーダーとしての資質に悩み
骨休めしたこともあった。
しかし 燃える熱血魂が
彼を現世に呼び戻した!


ブロンドボーイ
ブロンドボーイ(ウイングタイガー)
「金髪幻獣」

ワインレッドのボディに
黄金のたてがみが生え
ニヒルな笑みから牙がのぞく
魔獣界のオシャレ番長。
やたらと凶暴ぶって
誰彼かまわず かみつくのは
ボーイと呼ばれるのが不満で
イライラしているせいだとか。


ゴールドマント
ゴールドマント(シルバーマント)
「黄金外衣」

とある滅びた王国の王が
身につけていたマントに
魂が乗りうつった。
亡き王は静かに剣をかかげる。
王の証だった黄金のマントは
妬みを生み 呪術師の手で
マントに魂が縛られるよう
呪いをかけられてしまった。


リトルライバーン
リトルライバーン(ドラゴンキッズ)
「小型翼竜」

ドラゴンキッズのタマゴに
まぎれて生まれてきた
いにしえの翼竜の子供。
ちょっぴり迷子ぎみ。
兄弟のドラゴンキッズに
いじめられたりして
ひとり涙をこらえながら
大空を飛ぶ日を夢にみる。


シールドあにき
シールドあにき(シールドこぞう)
「鉄壁兄貴分」

立派なちょんまげのはえた
こぞうたちの頼れる あにき。
その堅い守りにかけては
右に出る こぞうはいない!
無造作に見える ちょんまげは
毎朝1時間もかけて
セットしているらしい。
意外と シャレ者なのだ。

ドラクエ9でもそうだけど、なんかシュールが寒いんだよな。
受けを狙っているつもりだとしたら(じゃなく、そうしているんだよ)、いっそう寒い。


アカツキショウグン
アカツキショウグン(シュプリンガー)
「紅竜将軍」

まばゆいほどに純白の
神秘的なシュプリンガー。
縁起のいい魔物として
まつる地方もあるのだとか。
神聖視されることに
反発していた時期もある。
目のキズやタトゥーは
グレてた頃の名残らしい。


モテモテ
モテモテ(デザートゴースト)
「好色獣人」

トロピカルな雰囲気ただよう
イケてるデザートゴースト。
にぶそうに見せかけて
フットワークも軽やか。
日に焼けてボサボサだった毛に
ドワチャッカオイルをぬったら
全身がコンガリ小麦色に!
以来 モテモテ人生が始まった。


メーダプリンス
メーダプリンス(メーダクイン)
「触手王子」

大きな王冠を頭に載せた
メーダ界の王子さま。
サラブレッドらしく
多彩な技を身に着けている。
メーダロードとクインの間に
生まれた 由緒正しい血筋。
気品ある 涼し気なまなざしに
シビれる女性も多いとか。


メタルホイミン
メタルホイミン(ホイミスライム)
「合金癒系」

全身がメタルボディに変化した
奇跡のホイミスライム。
仲間たちを いやしながら
華麗に逃げてゆく。
誰より早く仲間をいやす
その姿に皆あこがれ
神話の英雄の名前をとって
ホイミンと呼ばれている。

意外に登場しそうで登場しなかったモンスターである。
なんでイルルカに出さなかったんだ?スクエニ(現:クソエニ)さんよ。


アスラ王
アスラ王(ボーンファイター)
「修羅王像」

正義を愛した太古の王の像に
邪悪な魂が乗りうつった。
ゆがんだ正義はただ争いを求め
殺りくの化身に成り果てた。
残虐非道な殺りくの数々を見た
ボーンファイターたちに
戦いの神と崇められている。
王は今日も修羅の道をゆく。


ももいろ三姉妹
ももいろ三姉妹(スライムタワー)
「桃色姉妹」

桃色スライム3人娘が結成した
魔物界のアイドルユニット。
十八番の ももいろシャワーは
ファン感涙のパフォーマンス!
魔物アイドル戦国時代の
頂点を極め 人気絶頂のうちに
普通のスライムに戻ります!
と言って引退するのが夢。

完全に某アイドルグループをモデルにしている…
今でこそAKBをモデルにしたモンスターも出ればいいのに…


つむりんママ
つむりんママ(スライムつむり)
「蝸牛聖母」

のんびり屋で おおらかな
スライムつむりの お母さん。
ただし びっくりさせると
雷を落としちゃうぞ!
つむりんママの殻に
トゲが生えていないのは
子つむりたちをキズつけない
ママの優しさなのだ。

チョココロネのモンスターかと思って、てっきり「コロネスライム」という名前かと。
それにしても、何かうんこっぽいよなw
うんこうんこ~♪


じごくのドアボーイ
じごくのドアボーイ(オーガキング)
「地獄扉番」

地獄の門を開け閉めしてくれる
礼儀正しい紳士な魔物。
見かけによらぬ温厚な人柄だが
怒ると扉で はさんでくる。
誰であろうと地獄に招き入れる
ウェルカム精神の持ち主。
頑固な じごくのもんばんとは
わかりあえないと思っている。


とろろ将軍
とろろ将軍(こんぶ大将)
「粘質将軍」

まりょくのうたを歌って
こうげき魔力を上げてからの
氷の呪文は かなりの威力。
こんぶ大将を呼びだすことも。
長く生きた こんぶ大将から
あふれだしたエキスが
とろとろと全身をおおったとき
彼が誕生するという。


ゼブラマンティス
ゼブラマンティス(ブラックマンティス)
「白黒鎌虫」

ビビットな白黒模様がまぶしい
マシン化されたカマキリ。
キャノン砲と そこから放つ
閃光弾に気をつけよう。
白黒の塗装は集団での戦闘で
幻惑効果を発揮するのだが
塗り替えが手作業で大変なため
量産化には至っていない。


マッドレインボー
マッドレインボー(どろにんぎょう)
「虹色泥人形」

虹色のボディが自慢。
ふしぎなおどりが 得意だが
強力な爆発呪文も好んで使う
見た目通りのハデ好き。
長く生きた どろにんぎょうの
泥が固まり 風雨にみがかれ
この輝きが得られるという。
一説では百年かかるらしい。


タイプG
タイプG(キラーマシン)
「殺人鉄機兵」

キラーマシンに改良を重ね
開発された 最新型マシン。
弓や剣の攻撃だけではなく
残虐性までパワーアップ!
タイプGの「G」の意味は
公表されていないが
じつは 中に おジーちゃんが
入っているというウワサも…。


シャドーノーブル
シャドーノーブル(しにがみきぞく)
「魔影貴族」

闇の奥底で生まれた
影をまとう高貴なる黒騎士。
得意のさみだれ突きで 周囲を
一瞬で死の世界に変える。
草木も眠るような真夜中に
訪ねてきて 戸をたたく。
うっかり扉を開けたものは
影だけ残し 消えるという。

イルルカではボーンナイトの転生モンスター。


しろバラのきし
しろバラのきし(しにがみのきし)
「白華騎兵」

咲き誇る白バラのごとく
高潔な志を持った謎の騎士。
テンションバーンを使い
攻撃を受けるたび強くなる。
何者にも屈さぬ気高さと
仮面の下の美しき素顔により
白バラ様と もてはやされ
魔物系女子に大人気だ。


アスタロト
アスタロト(セルゲイナス)
「異界邪神」

あらゆる悪魔が足もとに
ひれ伏すとされる邪教の神。
メラガイアーで獄炎に包み
生ける者を根絶やしにする。
この世の終末に 地の底から
アスタロトが大挙して現れ
世界を無に帰すという
おそろしい言い伝えがある。

現時点で10の転生モンスターの中で一番強い。


サボテンゴールド
サボテンゴールド(サボテンボール)
「黄金仙人掌」

ゴージャスな サボテン魔物。
サボテンゴールドのトゲは
金運アップの お守りになる。
サボテンボールの 転生姿。

実はこのモンスター、10のモンスターではなく、イルルカが初登場。
サボテンボール系のモンスターは10にいるので、これからの新モンスターで登場するかも。


シルバリヌス
シルバリヌス(セルゲイナス)
「異界銀魔」

異世界から来た 究極の刺客。
全身が 銀で埋めつくされ
白銀の化身ともいわれている。
セルゲイナスの近くに現れる。

10ではアスタロトが転生モンスターで、イルルカではなぜかこいつである。
シルバリヌスはゴールデンゴーレムの転生でもよかったのでは?金と銀だから。
アスタロトとシルバリヌス、一体どちらが強いのか?



さすがに無断転載とか言うバカはいないよな。これらばかりは俺の画像だし。
これでも文句言う奴はGoogleの回し者か、偏差値の低いchrome派ぐらいだろ。

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。