みあのドラクエブログ

DQMSL速報管理人みあの弟のブログ [NewEntry] [Admin]

カレンダー

08 « 2013-09 « 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

記事分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

みあブラザーズ

管理人  [ みあブラザーズ ]

ドラクエやFFを中心としたブログ
少しグロ記事もあるので注意

RSS

広告

FC2Ad

        --------       スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2013-09-27       ナッパ様 VS 魔導師ホイ

ナッパ様VS魔導師ホイ

魔導師ホイもナッパ様も、はじめはあまり面白いネタではないと思ったが、
改めて思うとどちらも面白いネタであることを気づいた。こないだは本当に悪かった。

近頃、魔導師ホイもナッパ様と同様に崇められている存在となった。
ナッパは「ナッパ様」と呼ばれているが、魔導師ホイに関しては別に「様」は付けなくてもいいようだ。
「魔導師ホイ様」「ホイ様」…

ナッパ様は当然として、魔導師ホイも超一星龍やゴジータ4より強い!
ついでに、ポタラで合体したスーパーサイヤ人4のベジットよりも強い!

ナッパ様=魔導師ホイ>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>超4ベジット>超4ゴジータ

他所からの情報を集めると、ナッパ様より魔導師ホイの方が強いようだ。
しかし、ナッパ様には超1~超78の形態を持っているのがサイヤ人である強み。
ナッパ様が超サイヤ人78になれば魔導師ホイを超える。
だが魔導師ホイにも変身能力がある。魔導師ホイが第二形態に変身すれば確実に超78ナッパ様を超える。

魔導師ホイ(第2形態)>超4ナッパ様>魔導師ホイ>超1~3ナッパ様

魔導師ホイの第一形態ですら9999不可説不可説転の9999不可説不可説転乗以上あるのに、
第二形態に変身したらどれぐらいの強さになるんだよ!? グラハム数の領域!?


そうだ! いっそのこと魔導師ホイとナッパ様を合体すればいいんだ!
とりゃっ!!!

ホイッパ ナッポイ
ナッパ様と魔導師ホイのポタラ融合!!
うおおおっ!!! まさに神と神の融合! この上ないポタラの最強の組み合わせだ!
ホイのナマズのような触覚がナッパ様の髭と合わさった。さらに「髪に一番遠い」ナッパ様に髪が与えられた!!
これでナッパ様(魔導師ホイ)は真の髪(神)になられたのだ。

ところで、魔導師ホイとナッパ様が合体したネーミングは?
「ホイッパ(様)」 「ナッポイ(様)」 「魔導師ナッパ様」 「魔導師ホイッパ」 「魔導師ナッポイ」 …
一番似合う名前は「ホイッパ」であろう(ホイップクリームみたいな名前だ?)

さらに、ナッパ様と合体したことで超サイヤ人78まで変身することも可能だが、
魔導師ホイとも合体したことで、超サイヤ人9999不可説不可説転にまで変身可能。
これは魔導師ホイのポテンシャルだ。
さらにそこから魔導師ホイの第二形態に変身したら……
スポンサーサイト

        2013-09-24       「色違い」と「上位種」の違い

下位種・上位種の定義
RPGにおけるモンスター関連の用語の一つ。主に色違い系統のある種族に言う。
同じモンスターグラフィックで、カラーリングが異なるモンスターで、よりステータスの高い種族。
低い方の種族を指す場合は下位種(または最下位種)となる。一番強い系統は「最上位種」と呼ばれる。

じんめんちょう・ひとくいが・しびれあげはの3系統で、ひとくいがを中位種とは呼ばない。
この場合は「じんめんちょうの上位種、しびれあげはの下位種」と言うべき。

また、色違いではあるものの、微妙に形が異なっているものについては「亜種」と呼ばれる。
例:どぐう戦士・メタルスラッシャー、ギガントドラゴン・ギガントブラッド等

メタルスライムやはぐれメタル、メタルキングは色違いではなく「メタル系」と呼ばれる。
「はぐれメタルはバブルスライムの色違い」→×
「はぐれメタルはバブルスライムのメタル系」→○

なお、これらは基本的には出現時期やステータスから判断されるもの。
色違いで、よりステータスが高く、報酬(Gや経験値)も高く、出現時期が後であること。
そのため、以下のようなケースでは同系統モンスターの中で上位種・下位種を判断することが難しいこともままある。


ボスなのに雑魚モンスターのカラーリングと全く同じ
例:やみのドラゴン・ウィングドラゴン、セト・まかいファイター、ボルンガ・グレイトホーン…等

特にⅦではこのタイプが多い。これらは上位種でも色違いでも亜種でもない。単なる「使いまわし」だ。
(3DS版ではそこんところは改善されているが)
また使いまわしと言えば、ⅦのマジックアーマーとⅥのゾゾゲルがそうである。


登場作品によって系統内での上下関係が入れ替わることがある
例:ドラゴンソルジャー・バトルレックス、デビルパピヨン・キラーモス…等

上下関係が明確ではないため、一概に「こちらの方が上位種」と判断することはできない。
特に不思議のダンジョンシリーズでは、メタルハンターとキラーマシン、使い魔とベビーサタンの関係が該当。


色違いモンスターだが、同作品内で共演はしていない
例:デスホール・ホールファントム、スライムエンペラー・スライムマデュラ…等

同じような強さでも、作品が異なれば体感的な強さに差が出る場合もあるため、
この場合の上下関係の判断はとても難しい。
のように、後の作品で共演して初めてどちらが強いのかが判るのもいる。
3DS版Ⅶではスライムエンペラーよりもスライムマデュラの方が能力も特技も全て上なので、後者の方が上位種。


ボスモンスターが系統に含まれている
例:スライムジェネラル・デンガー、おやぶんゴースト・グレゴール…等

スライムジェネラルやデスマシーンなどが属する系統のモンスターが該当する。
これらのモンスターはどちらも初出の作品ではボス級モンスターだったが、
その後に雑魚として出現するモンスターもいる(例:ジャミラス・エビルホーク)

では、スライムジェネラルとデンガーはどちらが上位種なのか?と言われると非常に難しい。
HPと報酬こそはスライムジェネラルの方が高いが、それ以外はデンガーの方が高い。
また、ブースカ・バラモスエビル・サタンジェネラル等の重要ボスの色違いのザコモンスターは、
色違いではなく「量産型」と呼ばれることもある。

さらに、過去にボスモンスターだったのが他作品では雑魚モンスターである場合も多い。
ヘルクラウダー、ホラービースト、まおうのつかい、バルザック等が該当。
Ⅸではホラービーストはウィングデビルの上位種となった。


報酬の上下関係
例:スカイドラゴン・スノードラゴン、キングスライム・メタルキング…等
スノードラゴンはスカイドラゴンより強いはずなのに、経験値が440とスカイドラゴンより低い。
報酬の違いと言えば、ゴールデンスライムとプラチナキングの関係にも該当するだろう。
ゴールドではゴールデンスライムの方が高く、経験値ではプラチナキングの方が高い。
まあ、メタルスライムやはぐれメタルなどは「メタル系」として分類されるが。


ステータスの優劣
例:ゴールドマジンガ・ファイナルウェポン、デンガー・ゴッドライダー…等

これはⅨの宝の地図のザコモンに多い。例えばれんごく天馬とレジェンドホース。
れんごく天馬はHPや行動回数ではレジェンドホースを上回る。だがそれ以外ではレジェンドホースの方が上回っている。
ボーンスパイダとデスタランチュラでも、ほとんどのステータスと報酬ではデスタランチュラが上だが、
ボーンスパイダは完全2回行動で、デスタランチュラよりも厄介な特技が多い。
なので、デスタランチュラがボーンスパイダの上位種とは言い切れない。

また、不思議のダンジョンシリーズである少年ヤンガスでは、グールとどくどくゾンビの関係。
どくどくゾンビの方がHPと守備力は高いが、グールの方が攻撃力、回避、運の良さ、経験値が高い。
どちらが上位種なのかは難しいが、敢えて言うならグールの方が上位だろうか。


ボスにも上位種
例:呪幻師シャルマナ・フォロボシータ、ギュメイ将軍・魔剣神レパルド…等

基本、ボスモンスターは下位種・上位種ではなく「色違い」として分類されるが、
Ⅸにはボスモンスターだけど明らかにこちらの方が完全に強い=上位種であるボスがいる。
例えば魔神ジャダーマ・いにしえの魔神・破壊神フォロボス。この中で一番強いのは破壊神フォロボス。
フォロボシータもステータス・完全3回行動・マヒャド・痛恨の一撃を考慮すると、
呪幻師シャルマナの完全上位種とも取れる。



これらのように曖昧な場合、単に「色違い」として分類するべきだろう。
そもそも俺が子供の頃、「じょういしゅ、かいしゅ」で考えず、「色ちがい」で判断していた。

        2013-09-24       [DQ5]謎の洞窟

Ⅴにおける隠しダンジョン。エンディング後に開かれるお楽しみダンジョンを初めて導入したしたのがⅤ。
エビルマウンテンの南側の毒沼にある。要するに、ルーラでエビルマウンテンに着いたらそのまま十字下に進めばいい。
出現するモンスターは、ラスダンにも生息した一部のモンスター(スカルドン・ガメゴンロード等)の他、
メカバーン、ヘルバトラー、セルゲイナスのここでしか出現しない隠しモンスターも生息。
最深部にはエスタークが待ち構えており、SFC版では倒しても特に何も起こらなかったが、PS版では15ターン以内に倒すと…


5マヌハーンマヌハーン
もともと(SFC版では)エビルマウンテン後半にも出たが、リメイク版では隠しダンジョンのモンスターとなった。
だからなのか、ラスダンの雑魚ではそこそこ強いが、隠しダンの雑魚では弱めに感じる。
不思議な踊り3、誘う踊り、爆弾石を投げるなど多彩な行動をとるが、特に戦いのドラムは危険。
戦いのドラムを使って敵全員の攻撃力を倍にして、同エリアに出現するメカバーンやセルゲイナスの攻撃力を倍にされては…


5メタルキング メタルキング
エビルマウンテンと隠しダンジョンに登場する。どちらかと言えば隠しダンジョンの方が出現率は高いのでは?
ほとんどの行動は逃げるが、たまにパルプンテを使うことがある。
パルプンテで敵味方全員がマヒしたりすると、馬車のメンバーで思う存分メタル狩りすることができる。
メタルキングは完全耐性だが、パルプンテによる状態変化は例外なく受ける。


5メカバーンメカバーン
攻撃方法は通常攻撃だけだが、攻撃力・守備力共にⅤの雑魚モンスターで最強。
戦闘開始時から必ずマホカンタがかかっており、そのまま呪文を使うと跳ね返されて痛い目を見る。
これを知らないでイオナズン・ギガデインを一斉に放ったプレイヤーも少なくはないだろう。
イオナズンならまだしも、ギガデインを2発喰らえばほぼ全滅。
天空の剣(凍てつく波動)を使うとマホカンタが解除されるが、耐性も結構高くメラ系とデイン系以外は全く効かない。


5ヘルバトラーヘルバトラー
エビルマウンテンの最深部手前の他、謎の洞窟のほとんどのフロアにも出現する。
SFC版では同種同士2匹でしか出現しないが、リメイクでは他のモンスターとも組んで出現する。
激しい炎とイオナズンによる全体攻撃の他、強化攻撃まで使ってくる。
Ⅴでの激しい炎とイオナズンの威力は異様に高いので、注意が必要。

仲間にすることも出来るが、その確率は1/256とはぐれメタルと並んで最も低い。
1/256というのはあくまで確率で、256体倒すと仲間になるかと言われるとそうでもない。
確率が乱れるので、下手をすれば999回倒しても仲間にならないことがある。


5セルゲイナスセルゲイナス
強化攻撃と痛恨の一撃を繰り出し、マヒャドとベホマズンを唱える、Ⅴの雑魚最強モンスター。
ただ、強化攻撃やマヒャドで攻撃してくることが多く、痛恨の頻度は低め。
MPは36しかないので、ベホマズン1回分しか使えない。マヒャドを1回でも使うとベホマズンは使えなくなる。

オーガシールドをなかなかの確率で落としてくれる上、経験値も1500と多め(DS版では1250に減)
余談だが、雑魚でベホマズンを使う敵は全シリーズ通じてもスライムベホマズン、ビュアール、オーラーと並ぶ数少ない一匹。
(一応、コロプリーストやプチプリーストも使うが、MP不足のため使用することができない)

        2013-09-18       ドラゴンボールファイナルバウトの没キャラ

バウト 没キャラ

なんと、ドラゴンボールファイナルバウト(PS)には、隠された没キャラが存在していた。
「ブロリー」「超一星龍」「超4ゴジータ」「魔導師ホイ」の4体。

このゲームはGTが主なので、超一星龍と超4ゴジータが何で登場しないんだ?と思った人もいるだろう。
ちゃんとデータ上では存在していたのだ。

それにしてもなぜブロリーとホイが存在していたのだろう?
超一星龍と超4ゴジータはGTに登場するキャラだから不思議ではないけど。
隠しキャラであることを考察すると、やはり魔導師ホイは最強クラスの戦士というわけだ。

ブロリーもたぶん超一星龍やゴジータ4と同クラスである設定であることがわかる。

        2013-09-14       魔導師ホイはベジットより強い

最近は仕事とかで忙しいから、ブログどころかパソコンにすらいじっていない。
久々にインターネットでドラゴンボールについて調べていたら、「魔導師ホイ最強」というのを見つけた。
最近、巷では「魔導師ホイがDB最強」「魔導師ホイこそ史上最強」という書き込みが増えているらしい。
しかも、挙句の果てには「魔導師ホイは超4ベジットより強い」と言っている者もいる。

いや、さすがに魔導師ホイはベジットより強いはずがないと思うんだが…(笑)
というか、「超サイヤ人4ベジット」なんて存在しないのに、何故完全架空キャラを持ち出すんだ?
魔導師ホイはせいぜい超サイヤ人2の悟空よりは強く、超サイヤ人3には劣るものであろう。

これってもしかして、俺のブログの影響?
確かに魔導師ホイを崇めているブログではあるが、あくまでも魔導師ホイは超2以上超3以下として書いたつもりなんだが…
魔導師ホイがダークドレアムを圧倒している記事しか作らなかったはずなのに。
まさか、皆はダークドレアムがベジットと同じくらいの強さだと思っているのか!?

そもそも魔導師ホイが超2以上超3未満という根拠は、魔導師ホイが先代の界王神をZソードで封じ込めた張本人であること。
(東を除く)界王神たちは超サイヤ人2と同等の強さを持っており、おそらく老界王神もかつてはそのくらいの強さであっただろう。
その超2クラスである先代の界王神(現:老界王神)が魔導師ホイに敗れてZソードに封じ込められたのだ。

魔導師ホイ>若き先代の界王神≒超2悟空

さらに、老界王神曰く「(魔導師ホイは)魔人ブウほどではないがな」という台詞からして、魔導師ホイは超3より劣る。
魔人ブウも各形態によるが、一番弱いデブでも超3悟空に近い強さである。

魔人ブウ(純粋)=超3悟空≧魔人ブウ(デブ)>魔導師ホイ

これで、魔導師ホイの戦闘力が超サイヤ人2以上、超サイヤ人3未満であることが証明。

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。