みあのドラクエブログ

DQMSL速報管理人みあの弟のブログ [NewEntry] [Admin]

カレンダー

01 « 2013-02 « 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

記事分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

みあブラザーズ

管理人  [ みあブラザーズ ]

ドラクエやFFを中心としたブログ
少しグロ記事もあるので注意

RSS

広告

FC2Ad

        --------       スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2013-02-24       【DS版】ダークドレアム VS 魔導師ホイ

ホイ「久しぶりだな・・・ダークドレアムよ」
ドレアム「ほ、ホイッ!!」
ホイ「ほほう、私を呼び捨てにするとはいい度胸ではないか」
ドレアム「ふん、もう私は貴様の組織とは無関係のはずだ」
ホイ「はははっ! 自分を何様だと思ってんだ。今や我が軍団の恥さらしだ」
ドレアム「私に何の用だ。私を殺すつもりか?」
ホイ「ばかめ。お前のようなウジ虫を殺したところで何てこともないわ」
ドレアム「私がウジ虫なら、貴様はハエということだ」
ホイ「ほざけっ! この害虫め!!」

再び、ダークドレアムと魔導師ホイとの大激闘が始まる!!



ホイドレ1
ホイドレ
ホイ「少しは強くなったんだろうな?」
ドレアム「私を甘く見るな」
ホイ「心配するな、お前に合わせてやる」
ドレアム「確かに、今の私にはどう足掻いても貴様を倒すことは不可能だ。しかし、ここでやらねば私は・・」
ホイ「破壊と殺戮の神とあろう者が何をぶつぶつと言っておるのじゃ?」



ホイドレ9
ホイドレ最強1
ダークドレアムはおぞましい雄叫びを発した!
だが、魔導師ホイには何てこともない!

ホイ「今のは何だ? 大声出して山彦のつもりか? ここには山はないぞ」
ドレアム「メタルキングですらひとたまりもない守備力無視型の特技だぞ」
ホイ「メタルキングか、あんなプリンのような脆いカスごときに」
ドレアム「メタルキングがプリンだとっ・・・!!」
ホイ「そうだ。ついでにプラチナキングはクッキーと言ったところだ」



ホイドレ8
ダークドレアムは目にも止まらない超高速の攻撃を放った!!
だが、魔導師ホイに全て身をかわされてしまった・・・

ホイ「遅いぞ遅いぞ! 両手足に100tの錘を付けてもかわせるぞい!!」
ドレアム「100tだと? しかも両足と手足で合計400tの状態でもか?」
ホイ「そうだ、だから何だ。いくら年寄りでもたかが400tごとき何でもないわい!」
ドレアム「やはりな、認めたくないが貴様は魔術だけでなく戦いの大天才だ」
ホイ「けっ! お前のようなデク人形に言われる筋合いはない。ゴミのクセにのう!」



ホイドレ6
ホイドレ5
ホイ「それで私にダメージを与えているつもりか?」
ドレアム「こいつにはどうやってもダメージを与えられないのか」
ホイ「どうした? これでもかなり手加減しているのだぞ」
ドレアム「貴様にとって、私など存在しないにすぎないのだろう」
ホイ「そうだ。だからお前ごと完全に消滅させてやる」
ドレアム「私の存在を消しても、この世界の人間の夢が存在する限り再び復活するのだ」
ホイ「ならば、この世界に棲む人間どももついでに滅ぼしてくれるわ」



ホイドレ最強4
ホイドレ最強2
ダークドレアムは絶対零度のごとく輝く息を吐いた!! -273°もの極寒の威力!!
だが、魔導師ホイはその-273°を涼しげにしている!

ホイ「ばかめ! この私に冷気など通用せんわ!! 宇宙空間でもなんてことないわい!!」
ドレアム「おのれ・・・化け物め!!」
ホイ「バケモノはお前だぞ!」



ホイドレ3
ホイドレ4
ホイ厨最強2
ドレアム「かくなる上は・・・」

ダークドレアムはバイキルトを唱えた! ちからを溜めた! スーパーハイテンションになった!
そして、ダークドレアムは8倍の強化攻撃を放った!!
だが、魔導師ホイには全くダメージを与えられなかった。

ホイ「今のがお前の最大攻撃じゃと?」
ドレアム「物理攻撃は一切通じないようだな。ならば特殊能力のみ!」
ホイ「悪足掻きか、破壊と殺戮の神が呆れるわ!」
ドレアム「うるさい!! だまれーーーっ!!!」

ダークドレアムは正気を失っている。



ホイドレ7
魔導師ホイは凍てつく波動+9999固定ダメージの凄まじいオーラを放った!!
ダークドレアムにかかっている特殊効果を打消し、9999ダメージを与えた!!

ドレアム「お・・・おのれぇ・・・」
ホイ「おいおい、これで終わりか?」
ドレアム「まさか、こんな老いぼれごときに1ダメージすら与えられないとは・・・」
ホイ「そりゃ違うぞい。お前が弱すぎるだけだ。ドラクエという世界も大したことないのう」



ホイドレ2
ホイ厨最強1
ダークドレアムは目を光らせて魔導師ホイを思い切り睨み付けた!
しかし、魔導師ホイには効いていないようだ。

ホイ「目を光らせるなんて、お前はネコか?」
ドレアム「まさか、妖しい瞳すら効かぬとは・・!! これは如何なる相手にも無効化できぬ特技だぞ」
ホイ「私はお前たちを遥かに超越している存在。お前たちアリの特技が効くわけがないじゃろう!」
ドレアム「やはり、強さがかけ離れすぎると特技も効かなくなるというのか」
ホイ「私とお前では、恐竜とミジンコだぞ!」



ホイドレ厨1
ホイ「いろいろと試してみたが、やはりお前はミジンコだな。ザコ以下だ」
ドレアム「ならば殺すがよい。このまま生きていても一生の恥だ。生まれ変わって貴様を滅ぼしてくれる!」
ホイ「お前に言われるまでもない。望み通り殺してやる!!」

ダークドレアムは全てのプライドを失った・・・
もうダークドレアムとして生きる価値を無くしたドレアム。
魔導師ホイに殺されることを覚悟している。

ドレアム「生まれ変わるなら、今度は伝説の超サイヤ人というのに生まれ変わりたいな」
ホイ「超サイヤ人になったところで、この私を倒すことなどできんぞい」
ドレアム「いずれ・・・私はお前を・・・」
ホイ「覚悟はいいな!! 行くぞいっ!!!」



ホイドレ厨2
ホイの特技4
ホイの特技5
ホイの特技3
ホイの特技2
ホイの特技1

マダンテ→グランドクロス→れんごく火炎→ジゴスパーク→ビッグバン→ギガスラッシュの6連コンボ!!

ドレアム「ぐわぁーーーーーーーーーっ!!!!!!」
ホイ「2度と復活できぬよう、この世界を滅ぼしてやる!」

魔導師ホイは最後にメドローアを唱えた!!

まどうしホイ10

魔導師ホイのメドローアによって、ドラクエの世界は滅亡した!
魔導師ホイはフリーザのように宇宙空間でも生きられるので、たとえ星を破壊されても大丈夫。
スポンサーサイト

        2013-02-04       【DQ7】謎の異世界~さらなる異世界

Ⅶの隠しダンジョンにはなんと2つもあるのだ。
謎の神殿の最後の鍵の扉を抜けた先の台座に「ふしぎな石版?」をはめると行くことができる。
必要な石版は4枚で、それぞれ「グラコス5世から貰」「ちいさなメダル90枚の景品」「サンゴの洞窟(過去)の幽霊から貰う」。

敵は結構強いが、強敵が蠢くあのダークパレスを抜けてきたプレイヤーなら何とかなるはずだ。
最深部ではDQ史上最強の隠しボスとされる神さまと戦う。20ターン以内で勝利するとご褒美が貰え任意の場所に送ってもらえる。
相当強いので、当初は20ターン経過してしまうことも。ご褒美の中には「不思議な石版? その1~3」。
つまり、もう一つの隠しダンジョンに行くには、神さまを3回倒し、不思議な石版?を貰う必要がある。



バーバリアンバーバリアン
隠しダンジョンのモンスターでありながら、発売前に紹介されたモンスター。
パラメータは大したことはないが、防御無視の痛恨を連発して200近くものダメージを与えてくる。
痛恨の他にもハッスルダンスも踊るが、こいつのダンスを見て元気付けられるだろうか?

モンスターパークでは暴れられないからか禁断症状みたいになっている。やっぱりバーサーカー系。



ブラックサンタ ブラックサンタ
その名が示すように全体的に暗い配色。サンタとは反対に、こちらの金額を盗んでくる。
ステータスも隠しモンスターの中では低いが、集団で現れることが多く、一人を袋叩きにしてくる。
袋の中の物を投げつける強化攻撃のほか、お金を盗むこともあるが、やはり裏ダンジョンの敵としては少々力不足。

なお、1/256の確率で闇の衣を落とす。闇の衣の入手方法はコイツのドロップしかないので、よく狩られる運命にある。
と言っても、今作での闇の衣はそれほど最強ではない。まあ、アイテムコレクションの範囲内で。



バスカービルバスカービル
元ネタはシャーロック・ホームズの「バスカービル家の犬」であろう。
明らかに凶暴そうな見た目だが、モンスターパークでは下位種の二体に比べ、やけに大人しくなっている。

下位種と同じく、何度もかみつくに加え、二回攻撃をするようになっている。
下位種はゾンビ系だったが、こいつはれっきとした獣系のようである。
倒すと稀にあくまのツメを落とす。Ⅷに比べるとドロップアイテムが豪華に思えるのは俺だけ?



ブドランブドゥのランプ
青みがかった色をした呪いのランプ。この色はDS版DQⅥのエビルポットに使われている。
バイキルトを使ってくるが、MPが0のため発動できない。これだけを聞くとただのアホな奴にしか聞こえないのだが、
最初に3体以下で出現した場合、強敵のまじんブドゥを呼ぶことが多い。まるきりのバカではない?

だが、こいつの真骨頂はそれではなく「しっぺ返し」である。強力な特技を使ってやり返されると危険。
HPが530と見た目の割に高いので、輝く息やギガスラッシュも、コイツに使うとしっかり反撃されてしまう。



ドランゴメタル ドラゴメタル
ドラゴスライム・スライムブレスのメタル系で、属性攻撃はほとんど効かないが、ラリホーやメダパニなどは効く。
「メタル」と付くが、系統はドラゴン系である。つまりメタル斬りは特効にならない。
メタルスライムほどでないが、守備力が非常に高い。

裏ダンのモンスターだが、氷の息や火炎の息というショボイ息を吐き、攻撃力もそれほど高くない。
他にもたまにベホマラーも使うが、こいつ自体大したことないだろう。



サタイルサタンメイル
デビルアーマー系最上級だが、守備力はマジックアーマーより低く、呪文耐性も劣る。
だが、戦闘開始からマホカンタがかかっていることがあり、迂闊にギガデインを唱えたらデンジャラス。
1~2回行動・真空斬り・ドラゴン斬り・火炎斬り・ムーンサルト・痛恨の一撃(守備依存型)を放つ。

ちなみに、Ⅵのラスダンに出てきたガーディアンにそっくり。というか完全に使い回し?
しかも、こいつは落とすアイテムが「プラチナメイル」。ガーディアンが「プラチナソード」。プラチナが共通している。
ゾゾゲル=マジックアーマーといい、シュプリンガー=りゅうき兵といい、Ⅶは流用ばっか。



まかファまかいファイター
リザードマン系の最上位で、見た目が完全にドラゴン系なのだが、何故かドラゴン斬りでダメージは増えない。
ルカナンで守備力を下げてくるほか、激しく斬り付ける強化攻撃を駆使して戦う。
基本的には下級種のいいとこ取りに過ぎず、実力もラストダンジョンのモンスターに毛が生えた程度なので、
隠しダンジョンの敵の中では比較的楽に倒せる部類に入る。

何となく、同ダンジョンに生息しているサタンメイルと似ている気がする。
金と紫の配色、戦士タイプ、同じく裏ダンジョン。また、Ⅸではどちらも宝の地図にしか生息しない。



くさまくさったまじゅう
こんな地味な名前だが、ドラゴンコープスの上位種。全く捻りのないネーミングで、容姿も名前がほぼ完璧に表している。
あくまで「魔獣」らしく、ドラゴンコープスには効いたドラゴン斬りは効かない。

炎を吐くのを得意としており、激しい炎と灼熱の炎を吐く。何気にⅦのモンスターは「灼熱」を使う敵が多い。
炎を吐くわりに自身の炎系耐性も低いので、炎系のブレスが使えるならそれで攻めるといい。
腐っているので守備力はたったの30とかなり低く、下位種のドラゴンコープスより脆い。

落とすアイテムは「ほねつきにく」と何だかツッコミどころがある。
腐った肉というわけではないし、宝箱に入っていることから、きっと体の一部でないとは思うのだが、
それでもこいつの落とした肉は食べたくはない。
それを言っちゃFFⅥのラグナロックによる「干し肉になるがいい!」にも言えるが(笑)



デブゴーンデッドドラグナー
ドラゴンヘビー・ドラグナーの上位にあたるデブのドラゴン。デッドとあって、色もそれっぽいが、別にゾンビ斬りが効く訳ではない。
灼熱を吐いたり、地響きを起こしたり、わしづかみで攻撃してくる。
太っているだけあってHPは高いが、メラ系、イオ系、デイン系とブレス攻撃には耐性が無い。攻撃力も周囲の敵とそんなに大差ない。
こんなに巨体だが、実はⅢのダースドラゴンの方が強い。

デッドドラグナー
HP:580 MP:0 攻撃力:235 守備力:115 素早さ:92 経験値:450 ゴールド:165

ダースドラゴン
HP:700 MP:0 攻撃力:280 守備力:170 素早さ:110 経験値:4500 ゴールド:220



マスタッシュデビルマスタッシュ
なんとなくカッコよく思えるネーミングだが、直訳すると「悪魔の口ひげ」である。
下位種と同様に悪魔の将軍で、居合いを操る剣の達人である。

ザオラル、スクルトといった呪文を使うほか、めいそうで自身のHPを回復したり、頻繁に痛恨の一撃を繰り出したりと、戦闘力は非常に高い。
モンスターパークでは塔の最上階で将軍をやっており、台詞からも真面目な武人といった人柄が伺える。
雑魚敵でありながら正統なモンスターのように思えるが・・・

だが、所持アイテムはなんと「しんぴのビスチェ」。騎士道精神のこいつが何故?
どうみてもこいつは男。どうやらただのスケベらしい。または、オカマか女装趣味か?
下位種も派手な服を落とすので、もしかしたら、この系統はそういう変わった趣味をお持ちなのかも。



ゴーレムーゴーレムーガ
謎の異世界の中盤以降に出現するモンスター。見た目はゴーレムの色違い…でなくゴーレムそのもの。
ゴーレムが中ボスとして登場したため、雑魚モンスターのゴーレムが居なくなってしまったために登場したのだろう。
…と言いたいところだが、チョッキンガーやウルフデビルなどはボスと雑魚で両方出てくるのに、
なぜゴーレムはこんなことになっているのか。疑問は尽きない。

通常ドロップはごうけつのうでわと豪華だが、1/64でゴーレムの心も落とす。
「ゴーレムーガの心」でなく「ゴーレムの心」・・・やっぱゴーレムじゃんw



ゴードン ゴードンヘッド
謎の異世界の後半に出てくるモンスター。結構出現率が低く、割とレアモンスター扱い。
使う特技は不気味な光と岩石落とし、さらに巨体で押しつぶしてこちら全体に物理ダメージを与えてくる。
攻撃力や防御力はかなり高い。また、見た目に反して素早さも意外に早い。

1/256の確率でまじんのかなづちを落とす。お前かなづち持てないだろ・・・
ところで、こいつの顔がFFⅦのバレッドに似ている気がする・・・



ラプラスキラープラスター
1~2回攻撃でつるぎのまいやいなずま斬り、メタル斬りを使う。さほど強敵ではない。
ただ、石像のような見た目から如何にも高い守備力を持っていそうだが、防御力は92と思いの外少ない。
HPも530と出現場所のモンスターの基準から見ても平均的。というラスダンのモンスターより弱いんじゃ?

余談だが、トルネコ3では本編とは打って変わって恐ろしい敵へと変貌する。
こちらや仲間が同じ部屋や視界内にいると、ルカナンを連発して守備力を下げる。
その上デフォルトで攻守共に高く、更に魔法効果が効かないため動きを封じるのも難しい。
隣接していると真空斬りで固定25ダメージを受けるが、こっちの方が大分ありがたい。



サイザース デスカイザー
謎の異世界の比較的浅い階層に出現。不気味な光を放って耐性を下げ、イオナズンや凍える吹雪で攻めてくる。
だが、周囲には灼熱やら痛恨の一撃やらを多用する敵が多いため、それほど強くはない。
その横幅が広い体型ゆえに、一度に多く出てこられないのがある意味一番の弱点。
落とすアイテムの「ふぶきのつるぎ」は、Ⅶではこいつからのドロップでしか入手できない貴重品。



まじんブゥまじんブドゥ
【ランプのまおう系の最上位種。Ⅵのランプのまじんにそっくり(こっちの方が雲の色がピンクになっただけ)。
こいつ自体の出現率は非常に低く、何気にレアモンスターだが、出現率の非常に高いブドゥのランプに呼ばれて来る。
そのため、「まじんブドゥの心」狩りや999匹討伐のために、ランプに呼ばせて利用することも。

バギクロス・おしつぶす・かまいたちで攻撃してくる他、おいかぜを起こしたりする。
また、攻撃力240とパンドラボックスに匹敵する力から繰り出される打撃も強力。

ところで名前がドラゴンボールの魔人ブウに酷似しているため、それをモデルにしたのではという声もある。
デブっちょ、ブサイク面、ピンク色の煙(雲)、召喚されるなど、結構共通点がある。



エビラン エビルプラント
Ⅴにも同名モンスター(マッドプラントの色違い)が存在するが、明らかに別物。
あっちのはストーリー初期で、こっちのはED後の裏の裏のダンジョン。

猛毒の霧、やけつく息、ラリホーマなどの状態変化を引き起こす攻撃が中心。
パラメータは謎の異世界のモンスター(最強でまじんブドゥ)より高いが、これでもさらなる異世界では最弱クラスである。
見た目、攻撃の傾向から、たまにこの系統はドラクエ界のモルボルだと言われる。

PS版では水色や緑が入り混じった毒々しい体色をしているが、これから発売される3DSでは黒っぽい色に変更されている(PVより)



デスゴーゴデスゴーゴン
見た目はパワー系であり、確かに攻撃力やHPも高いが、ザラキやパルプンテなどの上級呪文を使いこなす。
ザキ・ニフラム・マヌーサは完全耐性があり、ルカニ以外の補助系もなかなか効果を発揮しない。
然しながら攻撃系の耐性はまるでないので、強力な攻撃系特技で蹴散らすか、効きやすい休み系の特技で動きを止めよう。
ザラキはマホカンタで跳ね返せるが、パルプンテの効果は反射できないので、あやしいきりの数少ない出番かもしれない。

1/128の確率でまじゅうのツメを落とすが、この時期ではあまり嬉しくない報酬だろう。



ナイキングスナイトキング
高いHPと攻撃力を持ち、ベホマ・メラゾーマ・凍える吹雪・痛恨の一撃を使う、かつてない最強ゾンビ系。
しかし、守備力は140とナイトリッチ(守備力200)より低い。

仲間がダメージを受けるとベホマで完全回復するなど、AIも比較的賢く設定されているようだ。
ヒャド以外の攻撃呪文には耐性が無く、ゾンビ斬りやグランドクロスも有効なのでダメージは通りやすい。
一応マホトーンは効くが、呪文を封じるよりも強力な攻撃を連発して倒してしまったほうが安全。

なお、モンスターパークでは頭の悪いシャウトを繰り返すナイトリッチと違い、こちらは静かかつ厳かな口調である。
彼の名前のナイトの部分は、騎士(knight)だけでなく夜(night)という意味もあるようだ。
だがナイトが夜(night)の方だとしたらよるのていおうと名前が丸かぶりである。
あんなデブこうもりと名前がかぶるとは哀れである。



パンボス パンドラボックス
ダークパレスやクリア後の宝箱に化けている他、さらなる異世界では通常エンカウントする。
おそらく、初めて出遭うのはダークパレス(中層)の宝箱だろう。
宝箱開けてもどうせミミックだろうと油断していたプレイヤーには涙目。

HPが900もあり、ザラキ・マホトラ・あまい息・痛恨の一撃を頻繁に繰り出し、2回行動まで行う。
もちろんマホトーンなんて効かないが、メダパニがたま効くので混乱を狙ってみるのも手。
実は、移民の町を最大まで発展させると出現する地下宝物庫にも何故か紛れ込んでいるので油断ならない。

なお、こいつの存在感が強かったのか、この作品以降のⅧ・Ⅸ・Ⅹにも出席し、
さらにはリメイク版のⅣ・GBC版Ⅲにも追加されるほどである。



ほうらいほうらい大王
ダーマ神殿のボス・アントリアの色違いで、隠しダンジョンの更なる異世界に出現する。
ベギラゴンを唱えるほか、右手に持っている念じボールを使う。
また、多くの攻撃系には高い耐性を誇り、炎系やデイン系の呪文や特技にも強い耐性を持つ。
一応、マホトーンでベギラゴンは封じることができるが、こいつと会う時点では耐性防具も十二分にあるはずなので、
ベギラゴンなどほぼ脅威ではなく、むしろ念じボールの方が危険なため意味がない。

モンスターパークでは塔最上階の左側の玉座に配置されており、大王という身分にあるからか、やたらと偉そう。
パーク自体は気に入っているらしく、あとは可愛い女の子でも居れば完璧なのだとか。
ちなみにメタボ化した暗黒神ラプソーンに似ている。デブソーンのモデルはこいつか?



あんまあんこくまどう
バギクロス・ザラキーマ・ザオリク・凍てつく波動・痛恨の一撃を使う魔法使い系最強。
これほど強い魔法使い系はいるだろうか? おそらくブラックルーンやロードコープスなどの比ではないだろう。
ほとんどの確率で痛恨の一撃を出し、攻撃力も魔法使いにしては非常に高い。デブのまじんブドゥをも超えるパワー。

なお、同ダンジョンではたまにプラチナキングとセットで出現することもある。
Ⅵにもこいつ同名のモンスターとはぐれメタルがセットで出現し、同様ザオリクを唱えさせて経験値を稼ぐことが共通している。
最強の魔導師なのだが、MPは意外にも90と有限で、ザオリクを連発出来るほど高くはない。



れんまれんごくまちょう
ダークパレスの「業火の洞窟」や、さらなる異世界に出現。
通常攻撃・メダパニ・灼熱・れんごく火炎を使い、こいつの唱えるメダパニは、Ⅶの通常のものとは違い一人が対象。

だがこいつの最大の特長は、「煉獄」という名前にある通り、火炎ブレス最強技であるれんごく火炎や灼熱を吐く事。
ギガントドラゴンが吐く灼熱だけでも十分にきついのだが、こいつはそれを遥かに通り越している。
まあ、MPは30しかないため1回しか煉獄火炎は吐けない。本当に不幸中の幸いと言ったところか。
だが、灼熱は消費0なので、こっちの方は何回でも吐いてくる。これでも十分すぎるくらいの難敵である。
こいつ自体出現率も高く、2~3体で現れることもザラである。さらに先制攻撃されたら=死を意味する。

攻撃力や素早さもかなり高く、HPも周囲の敵に比べて2倍近くあり、その余りある強さから、
ラストダンジョンとはいえ、ダークパレスに出現するのは明らかに設定ミスではないかという噂も。
設定ミスだとしたら、本来はにじくじゃくが生息していたのかもしれない。
少なくとも、ダーマ周辺(闇)のマッドファルコンとミスで入れ替わらなくて良かったよ。



ドラウードラゴン・ウー
さらなる異世界の奥に1~2体で出現。通常攻撃の他、地響き、真空波、灼熱による強力な全体攻撃を使う。
HPが非常に高く、攻撃力も380とエビルエスタークに次いで全雑魚モンスター中2位の値を誇る。
全体攻撃では灼熱はもちろん、真空波も100以上のダメージを受けるので要注意。

・・・でも、れんごくまちょうの体感を味わった人にはまだマシかもしれん。

状態異常は基本的に無効だが、たまに混乱が効くので使ってみるといいかもしれない。
使わないのなら、バギ系以外の高威力の呪文や特技を惜しみなく使って倒そう。



エスタス
雑魚モンスターの中では攻撃力410という凄まじい攻撃力を誇り、しかもその攻撃力で痛恨の一撃まで放つ恐怖のモンスター。
攻撃力だけがインフレしたⅧにおいても、トロルキング(415)に次ぐ最強の数値。
幸い、痛恨の一撃は守備力影響タイプだが、こちらの守備力によっては350以上もの致命的なダメージを受ける。

さらには、イオナズンや凍える吹雪での全体攻撃や、凍てつく波動やあやしいきりまで使い、
Ⅷのトロルキングのように、ただ攻撃力が高いだけのバケモノとはわけが違う。
おそらく、Ⅸが発売されるまでの作品(Ⅷも含む)で、DQ史上最強の雑魚モンスターではないだろうか。

こいつはモンスター職にもなっており、本来はこいつの「エビルエスタークの心」も登場する予定だったのだが、
エビルエスターク心はデータ上には存在しているものの、入手不能の没アイテムである。

        2013-02-01       メタル系スライム

倒すと莫大な報酬を得られる、メタルスライムなどのモンスターのこと。
特徴としては「銀色(メタル)の身体」「メタルという名が付く」「素早い」「逃げやすい」「守備力・耐性が非常に高い」「経験値が高い」など。

守備力は255や999といったその作品における最大値に設定されていることも多い。また逃げ出す確率も作品によって微妙に違う。
特に、ドラゴンクエストⅤのは全シリーズを通じて逃げ出す確率が最も高い。

上記の通り単純に守備力も非常に高いため、通常攻撃で与えられるダメージは基本的に1か0になってしまう。
その分最大HPは非常に低く設定されている場合が多いため、その僅かなダメージの蓄積で倒すのが戦い方の基本となる。
特技である「メタル斬り」や武器である「はぐれメタルの剣」などは常に+1ダメージの効果があり、0になることはない。
Ⅵ・Ⅶ・モンスターズシリーズでは、メタル斬りを使わずとも攻撃力が一定の値を超えるとはぐれメタルでも通常攻撃一発で倒すことができる。
だが、Ⅸではメタルキングの守備力が512、プラチナキングの守備力が546になっているが、
これはメタル系の特性によって、こちらの攻撃が999でも0か1ダメージしか与えられない。

また、ゴールデンスライムやプラチナキングのように「メタル」という名前が付かないメタル系も存在する。
逆に「メタル」と付いているが、メタルハンターやメタルドラゴン、メタルライターなどはメタル系ではない。
ただし、メタルライターは作品によってはメタル系扱いされている。


メタイルスライム メタルスライム
ドラクエⅠからも登場している、シリーズ皆勤のモンスター。メタル系モンスターの原点。
ドラクエシリーズの序盤~中盤、レベル上げのカギとなる経験値の塊。すぐ逃げる。
序盤で出現した場合はプレイヤーに目の色を変えて狩られる。

だが中盤以降はぐれメタルやメタルキングが出てくると、のけ者にされてしまう。
ラストダンジョンや裏ダンジョンでは、メタルスライムよりも高い経験値のモンスターが生息している。
ドロップアイテムも平凡なものが多いので、最後に残ってもあまりお得感は無い。

こいつの亜種で「ぷちメタル」「メタルスライムS」というのがいる。


メタルライダーズ ラストルメタル メタルライダー
Ⅴ以降に登場するスライムナイトの上位種。メタルスライムに乗っている騎士。
だが、メタルスライムと一緒になっているにも関わらず、倒した時の経験値が意外と低い(それでも周りのモンスターよりは高いが)

Ⅸのモンスター図鑑の追加説明によれば、
「メタルスライムの経験値とライダーの経験値を足して2で割ると、メタルライダーの経験値になる」
同作ではメタルスライムの経験値は4096、だとすると、上のライダーの経験値はマイナスなのだろうか?

また、PS版Ⅴのものはカラーデザインがかなり違ったりする。Ⅴのはキングスライムの金色の盾と鎧の色、
ブーツや手袋の色、メタルスライムの口が赤など。


ドランゴメタル ドラゴメタル
属性攻撃はほとんど効かないが、守備力は410と他のメタルより低く、HPも100はあるので、セミメタルと言ったところか。
さほど逃げることもなく、経験値も1匹あたり2500と控えめとなっている。周辺のモンスターよりは高い。
氷の息や火炎の息を吐いて攻撃してくるほか、ベホマラーも使うが、これはあまり見られないだろう。
また、補助呪文耐性に穴があり、休み系・メダパニ・マホトーン・マヌーサが高耐性止まりとなっている。

ただ、メタルキメラと異なり攻撃がヌルいので、わざわざ搦め手を使わなくても大した痛手は受けないだろう。
実はデータ上ドラゴン系であり、メタル系になっていないためメタルぎりは特効にならない。


メタルマリオ メタルブラザーズ
このタイプのモンスターとしては唯一グラグラしないあたりからもチームワークのよさが分かる。
名前の通りメタルなので逃げることが多いが、「メラストーム」というオリジナルの呪文で攻撃してくることもある。

メタルスライムが3匹ということで貰える経験値はメタルスライムの約3倍。
サンマロウ北の洞窟に生息しているが、ここの立て札を読む限りではメタルハンターに狙われているようだ。
他にも生徒の宿題が楽にならないようにこいつを倒してくるように言われるクエストも。
3匹で重なって目立ってしまっているが、大丈夫なのだろうか・・・?

3DS版ドラクエ7に登場。配信石板No.20「メタリックフェスティバル」で出現するトクベツなモンスター。
同じ石板にはメタルハンターが登場するので、相変わらず狙われているのだろう。
こちらではメラストームではなく、ただのメラミを使用する。

経験値は12288(Ⅸにおける経験値と同じ)で、Ⅶでは4人でもまるごとこの経験値が貰えるのだ。はぐメタ以上!
しかし、この時期に配信されてもメタルキングやプラチナキングの出る石版はインターネット酒場で交換を繰り返せばしょっちゅう来るし、
配信限定を利用してメタルのみを登場させるのに利用するにしても、こいつより経験値の高いメタルパペットが既に配信されているため、
完全に時期を外していると言わざるを得ない。

また、こいつをリーダーにした石版ではどういう訳か、ヘルバンデットが必ず出現する。お供にしている訳でも無いのに出現する。何故に?
どうやら普通のメタル系モンスターとして見做されているようだ。完全にメタルパペットに出番を奪われる。


ばくれメタル はぐれメタル
Ⅱ以降皆勤のモンスター。通称「はぐメタ」。こいつ1匹で10000ほどの経験値が手に入る。中盤の旅人にはおいしいモンスター。
バブルスライムの色違いだが、メタルスライムの同類という印象の方が強いかも知れない。
液状の金属なので、水銀のようにも見えるが、毒は持っていない。
ちなみにはぐれメタルの「はぐ」は水銀「Hg」とかけているらしい。

ⅤやⅥでは最強の仲間モンスターとして活躍できる。特に転職システムのあるⅥでのこいつは神。
だが、仲間にするのは非常に困難で、いわゆる「5強」タイプのなつきにくさ。
Ⅵに限っては素早さ500もあるため、倒す前に逃げられてしまうこともしばしば。仲間にするのに最悪な条件である。

トルネコシリーズでは「幸せの種」というアイテムを落としてくれるなど、報酬も大きめに設定されている。


メタルキングス メタルキング
Ⅳ以降に登場するメタル系スライムの王様。はぐれメタル同様、言わずと知れた経験値の塊。
主にストーリーの終盤に登場し、経験値は概ね30010とSFC版時代では最高。
こいつの材料で作られているという武器防具があるなど、メタル系の中でも有名。

大量出現場所のあるⅦとⅧ、オンリー地図のあるⅨではコイツを狩ることでビリーズブートキャンプの如き理想の身体を手に入れることが可能。
ゲームバランスが崩れかねないが。低確率ながら豪華なドロップアイテムもお約束。
また、ドラゴンクエストⅨの国勢調査討伐数最多モンスターランキングによると、 全国のプレイヤーからのべ1億匹以上も討伐され、
2位のスライムに約2300万匹の差をつけてダントツ1位となった。もはや悲劇のモンスターである。

大体のメタル系は逃げずに攻撃してくれるとプレイヤーから「よしっ、逃げないぞ」と安心させてくれるのだが、
Ⅳのみ2回行動することもあり、2回目で逃げることもあるという、一番ムカツク要素。


カイメタ メタルカイザー
ジョーカーに登場するモンスター。経験値はメタルキングの1.5倍ほど。
グランスライムのメタル系で、ひげが黒くカイゼル髭で、グランスライムと違って目もキリッとしている。
カイザーとは「帝王」という意味なのだが、ランクはAとなっている。ただの「王」であるメタルキングはS。
なんで帝王より王様が偉いのだろうか?

ジョーカー2では特性のヘロヘロが付いてある。メタル系である以上、逃げ出すこともある。
本当に「騎士道精神を守る誇り高きスライム」なのだろうか?
プロフェッショナル版ではヘロヘロが消え、1~2回行動の特性を持つ。魔界にも稀に出現することがあるが、
しかも1回攻撃してきた後で逃げるなど、「騎士道精神」とは程遠い汚い行動もしてくる。


地図・プラチナキング プラチナキング
Ⅶ、リメイクⅣ、Ⅸなどに登場する、全身がプラチナで出来ている巨大なスライム。
Ⅶでは守備力は800と他のメタル系より低かったりするが、ドラゴメタルのようにセミメタルとは言えない。
HPはなんと200とメタル系にしては異常な程に高く、そのため会心の一撃以外ではとても倒せない。

倒すとぶっ飛んだ報酬が手に入り、経験値はなんと65000でゴールドも700と高額。
必ず最初からマホカンタがかかった状態になっているが、実は眠りと休み系が低確率で効くという弱点がある。
呪文は跳ね返されるので、おたけびや眠りの杖等で動きを止めてからまじん斬りを仕掛けよう。

なお、さらなる異世界の一部のフロアでは、非常に確率は低いものの、あんこくまどうと一緒に出現する場合もある。
その為、運よくこいつを最初に倒せたら、あんこくまどうのザオリクで蘇生→再度倒す事で更に経験値が手に入る場合も。


ダイモンスライム ダイヤモンドスライム
DQMJ2Pに登場するモンスター。メタル系スライムの新種で、黄金のリングにはめ込まれたダイヤモンドの姿をしたスライム。
CHのクリスタルスライムを豪華にした感じで、常にキラキラと輝きを放っている何ともゴージャスなモンスター。
特性は「ハードメタルボディ」「マホトラ攻撃」「ときどきテンション」「自動MPダウン」。

野生では出現せず、スライムマデュラとゴールデンスライムを2体ずつの4体配合で生み出せる。
どちらも作るのにそれなりの時間と手間を要する。
「ハードメタルボディ」は彼だけが持つ超レアな特性で、あらゆる攻撃のダメージを4分の1に抑えるが、
消費MPが4倍になるという諸刃の剣の性質を持つ。しかも「メタルキラー」の特性があるため、油断は禁物。


はぐれメタルキングスはぐれメタルキング
DQMJ2Pに登場する王冠を被った超巨大はぐれメタルで、スライム系及びメタル系最高ランクのモンスター。
かつて「あるくんです」に「はぐれキング」というものが登場していたが、それが何倍にもデカくなって帰ってきたという。
マップ移動時に「巨大な魔物に挑戦」のBGMが流れ、浮遊しながら大量のはぐれメタルを滴り落とす。
この時のはぐれメタルは何故か主人公に向かって追いかける。普通は逃げるのだが・・・

HP350で2000の守備力と素早さを併せ持ち、2~3回行動ですぐに逃げてしまう。
斬撃よそくをしてくる事もあるので、魔神斬りに頼る戦法はあまり有効ではない。
斬撃よそくを使うと、そのターンは1回とか行動をとらない。霜降り肉をやる際にはラッキーだ。

経験値稼ぎには向かないが、倒せば655300という莫大な量の経験値と、1/256の確率でぎんがのつるぎを落とす事もある。
スカウトすることも出来るが、前述の通りすぐに逃げるため悠長にテンションを溜めている暇は無い。
1ターン目に逃げないように祈りながら、霜降り肉とマインドブレイクを持つモンスターになめまわしを使わせよう。


メタルスターメタルスター
テリワン3Dで初登場したモンスターで、現時点で全DQシリーズ最強のメタル系モンスター。
メタルキングの形をした巨大な衛星。丸くて巨大でスーパーレーザーを装備している難攻不落の要塞。

はぐれメタルキングとスライダークロボを配合して生み出せる。 限HPもメタル系のでは最大の340持つ。
AI2~3回行動ゆえか、攻撃力が250と全モンスター中でも最低ランク。高い素早さもはぐれメタルキングよりは下回る値。
他にも特性は「ひんしで呪文会心」、+25で「ときどきインテ」、50で「いきなり赤い霧」。
所持スキルは「ふういん」と安っぽい。配合で強力なスキルを受け継ごう。

どうでもいいが、これがメタル系最強なのが少し悲しい・・・
まだダイヤモンドスライムやはぐれメタルキングの方がカッコいいし、こいつ出すならプラチナキングを出してもらいたい。


激レア はぐれキング はぐれキング
「あるくんです」に出てくる激レアモンスター。DQMJ2Pではそれが巨大化して再登場したと書いてあったが、
どう見ても別物にしか思えない。名前も似ているがあくまで違うし。


メタルパペットメタルパペット
スライム系ではないが、経験値が非常に高いのでとりあえずここに追記してみた。
3DS版ドラクエ7の新規モンスター。トクベツな石版「隠された財宝!?」に出てくる。

普通にセミメタルのモンスターかと思うが、完全にメタル化しているようで、守備力も999であらゆる呪文が通用しない。
また、今までのセミメタル化モンスターはメタルスライムに毛が生えた程度しか経験値を持っていないが、
こいつはなんと17500と、はぐれメタルを越えるのである。

とはいえ、隠しダンジョンまで攻略したプレイヤーならばメタルキングやプラチナキングと好きな時に戦える上、
すれ違いでメタル系のモンスターが出る石版を手に入れるのも難しくはないので有難みは薄い。
惜しむらくは、こいつがもう少し早く配信されていればより大きな価値はあったのかもしれない事だろう。

でも、一応はトクベツなモンスターなので、こいつ3匹で構成すればこいつしか出てこないと言う利点がある。
もちろんメタルキングやプラチナキングなどと組み合わせてもOKであり、
「特別モンスター」、「経験値が高い」という2つの条件を見事に満たしているため、
メタル系オンリーのすれちがい石版を作りたいのであればリーダーに最適である。

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。