みあのドラクエブログ

DQMSL速報管理人みあの弟のブログ [NewEntry] [Admin]

カレンダー

05 « 2017-06 « 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

記事分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

みあブラザーズ

管理人  [ みあブラザーズ ]

ドラクエやFFを中心としたブログ
少しグロ記事もあるので注意

RSS

広告

FC2Ad

        --------       スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2013-10-12       少年ヤンガスの没ダンジョン

プレステ2の「少年ヤンガス」をPARコードを使って未知のダンジョンに行ってみた。
ほぼ全種類のモンスターが生息する秘密のまどわしの森のコード。

0CC360A6 1456B00A
4CFCF4F8 1456E7A1

L3ボタン(クリクリ回す部分)を押すと階数が5Fになり、階段を下りる。
そうすると、本来ないはずの6F~51Fまで出現する。48F~50Fは1匹ずつ出現する。
なお50Fは何故かスライムしか出現しない謎のフロア。
もしかしたら、没ダンジョンというより、デバックダンジョンなのかもしれない。


●色は本来、配合でしか出現しないモンスターである。

6F:
スライム、スライムベス、メタルスライム、スライムつむり

7F:
キングスライム、スライムベホマズン、メタルキング、スライムエンペラー、ゴールデンスライム、プラチナキング

8F:
ホイミスライム、しびれくらげ、ベホマスライム、ベホイミスライム、バブルスライム、はぐれメタル

9F:
ドラゴン、キースドラゴン、ダースドラゴン、ダッシュラン、テラノライナー、ヘルジュラシック

10F:
デンデン竜、ドラゴンバゲージ、ボボンガー

11F:
おおきづち、ブラウニーデザートデーモン、イエティ、ビッグスロース、キラーパンサー

12F:
ファーラット、モコモコじゅう、ケダモン、ももんじゃ、ダックスビル、メイジももんじゃ、サンダーラット

13F:
キメラ、メイジキメラ、スターキメラ、ホークマン、ガーゴイル

14F:
ひくいどり、ホークブリザード、れんごくちょう

15F:
オニオーン、たまねぎマン、じごくのたまねぎ、おばけキノコ、マタンゴ、マージマタンゴ

16F:
コロマージ、コロファイター、コロヒーロー、コロプリースト、プチプリースト、マドハンド、ブラッドハンド

17F:
おおナメクジ、うみうし、アイアンナイト、ぐんたいアリ、ラリホーアント

18F:
さそりかまきり、キラーマンティス、メダパニシックル、テンツク、スーパーテンツク、ラストテンツク

19F:
きめんどうし、ドルイド、げんじゅつし、アークデーモン、ベリアル

20F:
シルバーデビル、デビルロード、バズズ、トロル、トロルボンバー、ボストロール、トロルキング

21F:
リリパット、アローインプ、どくやずきん、つかいま、ミニデーモン、ベビーサタン

22F:
オルテガ、ごろつき、エリミネーター、デスストーカー、カンダタ

23F:
おおめだま、なぞの神官、闇の司祭、ブラックルーン

24F:
ゆうれい、しにがみ、スモールグール、ベロベロ、くびかりぞく、バーサーカー

25F:
がいこつ、かげのきし、しりょうのきし、くさった死体、リビングデッド、どくどくゾンビ、グール

26F:
シャドー、あやしいカゲ、ホロゴースト、まおうのかげ、シャーマン、ゾンビマスター、マクロベータ

27F:
アイアンタートル、スカイフロッグ、ファイヤーケロッグ、デーモントード、ぐんたいガニ、じごくのハサミ、ガニラス

28F:
わらいぶくろ、おどる宝石、ギズモ、メタルハンター、キラーマシン

29F:
ゴーレム、ゴールドマン、ストーンマン、どろにんぎょう、パペットマン

30F:
さまようよろい、じごくのよろい、キラーアーマー、カンダタこぶん、フレイム、ブリザード

31F:
ひとくいばこ、ミミック、パンドラボックス、スマイルロック、ばくだんいわ、メガザルロック

32F:
メガゴーレム、シドーデスピサロ、エスターク、ミルドラース

33F:
リンリン、マージリンリン、アイスチャイム、ヒートギズモ、フロストギズモ

34F:
プチアーノン、だいおうキッズ、マリンスライム、ディープバイター、ランドアーマー

35F:
マーマン、マーマンダイン、キングマーマン、グレイトマーマン、アロードッグ、ドッグスナイパー

36F:
プチマージプチファイタープチヒーロー、マンドラゴラ、ダンスキャロット、ポイズンキャロット

37F:
いたずらもぐら、キラースコップ、ワンダーフール、マッドドッグ、ダークデーブル

38F:
はりせんもぐら、プラズママウス、しましまキット、プリズニャン、ベロニャーゴ

39F:
ゴースト、メトロゴースト、ヘルゴースト、ぼうれい剣士、ソードファントム、ダークナイト

40F:
メラリザード、ベビーニュート、ドラゴンキッズ、メタルドラゴン、メカバーン

41F:
いばらドラゴン、樹氷の竜ドラゴンブッシュ、アイスビックル、クローハンズ、オーシャンクロー

42F:
リップス、ブチュチュンパ、マジックリップス、かぶとこぞう、アーマービートル、アイアンダッシュ

43F:
キャタピラー、かえんムカデ、どくイモムシ

44F:
スペクテッド、サイクロプス、ギガンテス、アトラス、アンクルホーン、ヘルバトラー、デスカイザー

45F:
ドラキー、タホドラキー、メイジドラキー、ドラキーマ、メタッピー、ガチャコッコ、アイアンクック

46F:
まじんキノコ、オオバサミ、やみのみつかい、ラストキラーマシン、インヘーラー、インヘーラー(最終)

47F:
ビッグハンマー、ギガントビートル、スカルマスター、ゴールデンドラゴン、グランバズズ

48F:
ジャイアントホーン、ヘルワーム、エスターク、ミルドラース、めいおうのかげ

49F:
びっくりサタン、タップデビル、グリゴンダンス、パペットこぞう、マペットこぞう、ドールマスター

50F:
スライム


このダンジョンの特徴は、階数ごとに同種族が数体出現する。配合でしか出現しないモンスターも登場。
ほとんど同系統が生息しているが、35Fだけは水系のマーマン族と獣系のドッグスナイパー族が一緒になっている。
配合限定の他に、ボスやインヘーラー等が普通に出現してくる。また一つの広い部屋のみ。
落ちているアイテムはロトの剣・ロトの盾・サギの杖・特モリーの壺。
ここで注意するのがザキの杖ではなく、サギの杖である。
このサギの杖は敵のHPを20%減らす効果である。たまねぎマンなど入手の難しい敵はこれを6回ほど振れば簡単に手に入る。
こちらが強すぎて、仲間にするため敵のHPを減らす前に一撃で倒してしまうこともあるので、そういう時にこれが重宝する。


このダンジョン配合限定のモンスターも生息してくれるので、それらの経験値を調べることができました。
配合限定モンスターの経験値 (※これらの経験値はヤンガス一人分の場合)

オルテガ…
しびれくらげ…
デザートゴースト…18
ブラウニー…25
プチマージ…30
プチヒーロー…30
プチプリースト…30
プチファイター…30
フロストギズモ…60
どくやずきん…85
れんごくちょう…90
マージリンリン…105
樹氷の竜…132
ダークナイト…300
メタルキング…500
パンドラボックス…500
シドー…500
デスピサロ…500
メガゴーレム…500
エスターク…500
ドラゴンブッシュ…520
アイアンダッシュ…530
マクロベータ…560
ベリアル…700
カンダタ…700
グレイトマーマン…730
オーシャンクロー…740
ガニラス…770
デスカイザー…780
トロルキング…800
プラチナキング…800
ミルドラース…800
まおうのかげ…810
ブラックルーン…820
デーモントード…820
ランドアーマー…840
アトラス…850
メカバーン…850
バズズ…860
キラーマシン…900


本来は経験値の無かったボスモンスターもここでは持っている。
なるほどな、攻略本ではデスカイザーの経験値が780と書いてあったわけだ。
何気に配合限定のモンスターは経験値が非常に高いようだ。

普通に生息する雑魚モンスターで一番高いのは、魔導の宝物庫に生息する経験値860のアークデーモンだが、
実はキラーマシンは全モンスターの中で最も高い900という経験値を持つ!!
キラーマシンってこんなに経験値が高かったとは予想外…プラキン以上じゃないか!

それにしても、プラチナキングの経験値また低いなぁ…
本編では地味だったまおうのかげ、ブラックルーン、デーモントード、ランドアーマーの方が高いし。
そういや、トルネコ3でもプラチナキングの経験値って大したことなかったよね。

あと、意外にもダークナイトとパンドラボックスが強さの割に経験値が低い。
またデスピサロ・シドーも同じ境遇。HPも無駄に高かったのに…
ベリアルもアークデーモンの上位種なのに、アークデーモンよりも経験値が低い。
ベリアルが700で、それに対してアークデーモンが860。どうなってるんだこの作品は?

あと、もっと信じられないのがオルテガである。裸マントエリアでデスストーカーやカンダタも一緒に出てくるが、
明らかにオルテガは弱すぎる。剣を装備しなくても素手で一撃で倒せる。ちなみにオルテガの経験値はたったの2。
スポンサーサイト

        2013-09-18       ドラゴンボールファイナルバウトの没キャラ

バウト 没キャラ

なんと、ドラゴンボールファイナルバウト(PS)には、隠された没キャラが存在していた。
「ブロリー」「超一星龍」「超4ゴジータ」「魔導師ホイ」の4体。

このゲームはGTが主なので、超一星龍と超4ゴジータが何で登場しないんだ?と思った人もいるだろう。
ちゃんとデータ上では存在していたのだ。

それにしてもなぜブロリーとホイが存在していたのだろう?
超一星龍と超4ゴジータはGTに登場するキャラだから不思議ではないけど。
隠しキャラであることを考察すると、やはり魔導師ホイは最強クラスの戦士というわけだ。

ブロリーもたぶん超一星龍やゴジータ4と同クラスである設定であることがわかる。

        2013-04-29       ドラクエの没ネタ

ドラクエの没ネタを集めた

ドラクエの没モンスターとは別に、容量の関係で没になったイベントやネタを集めた。
特に、ジャンプや発売前の記事には没ネタが確認されることがある。


幻のボツ主人公
幻のボツ主人公
知っている人は知っているだろう。これはⅥの没の主人公。
これまでにないイケメンキャラの主人公だったのだが、
この画像に書いてある通り、思い入れしにくいような風貌のことで変えたらしい。

見ても分かる通り、この没デザインはテリーに使いまわされたようだ。
もし、Ⅵの主人公がこのデザインで採用されたならば、テリー(もしくはミレーユに弟)は存在しなかったのかもしれない。


OPイベントシーン?
没ネタ3
FC版DQ2の取扱説明書に載っているこのドット絵は、DQ2の開発時の構想では、
同様にいくつもの一枚絵を作成して、OPイベントシーンで表示させる予定だったらしい。


女勇者(FC版)
没ネタ2
実はFC版も鳥山氏本人による 女勇者 のイラストが存在したようだ。
当時のドラゴンボールの絵柄を彷彿とさせ、髪型も今のツンツンヘアーではない。

FC版の時期にはまだ勇者のグラフィックには男女の違いがなく、
セリフも殆ど男女兼用だったので各地で「オルテガの息子」扱いされていた。
SFC版以降、女勇者にも専用グラが用意され、

「息子…いや娘じゃったか」や、 「お前を勇敢な男の子のように育てたつもりです」など、
会話も女性版対応になり、イラストも男女それぞれの絵が掲載された。


あぶない水着
没ネタ1
没ネタではないが、MSX版のドラクエ2でムーンブルクの王女に何も装備させず、
ラダトームの武器屋2Fにいるおじいさんに話しかけると「あぶない水着」がもらえ、
それを身につけた王女のCGも見られる


ドラクエのシステム
初代ドラクエは、最初はいきなりフィールドから始まる予定だったが、
テストプレイの結果、いきなりフィールドから始まると、城に入るか街に入るかわからなかったり、
スライムにやられてしまう問題がすぐに出たため、お蔵入りとなった。


ドラクエ2の没イベント
サマルトリアの王子のメガンテでシドーを倒す。

サマルトリア国に凱旋。

妹サマルトリアに刺される

というのがある。なぜ刺されるかというと、
「(メガンテで死んだ)お兄ちゃんの仇!」ということで妹が襲ってきて、
サマルトリアは生き返らないというダークなボツネタ。

また、2のエンディングでは舞踏会の演出予定があった。


ドラクエ3の没イベント
3の商人を置いてくイベントは、容量の関係で当初はパーティーに戻れる予定だった。
もしかして、7のキーファとかも戻れる予定だったりして…


ドラクエ5
5の主人公のターバンは当初赤色だった。

        2013-04-29       キャラバンハートの没データ

モンスターズシリーズであるキャラバンハートには、没要素がデータ上に存在している。
気球、幽霊船イベント、スライムレースの3つ。


気球
キャラバンハート 没気球
なんと、キャラバンハートにも空を飛ぶ乗り物が存在したらしい!?
動画を見ている限り、空中イベントはなさそうだ。



幽霊船イベント(没)
海上イベント
本来なら海上を歩くことはできない(船は存在するが自由に移動できない)のだが、
海上をひたすら移動すると、モンスターには遭遇しないが、幽霊船が現れる。



幽霊船 没イベント
あれ? 思い出したけど、これってテリワン3Dの配信限定のゆうれい船そっくりじゃない!?
この角度といい、帆のボロボロ具合といい。
テリワン3Dの新モンスターかと思いきや、何気なく没を復活させたような感じ。





キャラバンハート 幽霊船
幽霊船没イベント
乗り込んではみたが、残念ながら特にこれといったイベントは起こらなかったようだ。
「どうやら追いかけてはこないようだ」というメッセージから、戦闘する時もあるようだ。



海のバトルフィールド
おそらく、これが海上バトルフィールドなのだろう。幽霊船が襲った時の戦闘。
幽霊船から出るモンスターはマーマン、グラコス、しりょうのきし辺りか?
データ上見る限りでは今作は没モンスターがいないので。



スライムレース
没レース3
没要素の中でも一番面白いのがこのスライムレースである。
Ⅴのスライムレースとは違い、競争しながら戦っていくようだ(特技は使わない)。
レース中ながら、ダメージを受けてHPが0になって力尽きることもある。


没レース9
没レース0
ゲインとケロンという2人の人物が実況しているようだ。この2人の絡みが妙に面白い。
要するに、彼らのコメントも没セリフであろう。


没レース5


没レース10


没レース6


没レース13


没レース12


没レース11
いろんなパターンの台詞が用意されているようだ。この2人のノリツッコミが結構いいんだけど。
なんだか没にしたのが非常にもったいないですな。



没レース2
ここでようやくレースが始まる。ここでも2人の実況が見れる。


没レース14


没レース8


没レース15


没レース17


没レース16


没レース7


没レース4
これがゴール地点。


没レース1
これが結果表のようだ。Ⅴのスライムレースよりもかなり盛り上がりそう。
しかし、これといったご褒美はないようだ。単なる娯楽要素にすぎない。
でもさ、なんで没にしちゃったんだよ~

        2013-01-15       [DQMJ2P]プラチナキングは没モンスター

幻の没モンスター「プラチナキング」
プラチナキング没1
なんと、プラチナキングはDQMJ2Pのデータ上に存在していた。ガセネタではなかったのだ。
これはParコード(プロアクションリプレイ)で確認できた。

http://ameblo.jp/agaresutozero/entry-10868128391.html
↑このサイトに記述されていた。

試しにそのコードを入力して、プレイするとプラチナキングに出会えるらしい。
その結果、見事にプラチナキングをお目にかかることができた。
嘘だと思うなら、リンク先のURLにアクセスしてみるとよい。ちなみにそのサイト以外でこのコードは書いていない。
万が一そのサイトが削除または書き換えられたら、もう証拠のしようがない。


プラチナキング没2
本来はプラチナキングの配合もあったようだが、はぐれメタルキングのせい?で没になったようだ。
どうやら、ダイヤモンドスライムの4体配合で生まれる予定だったようだ。

ちなみにプラチナキングがモンスター図鑑に載ることはない。いちおう「NEW」と表示されるが。
もし、プラチナキングが正式に登場していたら、階位はどれくらいだっただろうか?
「SS」ランクであることは確認できるのだが…
もしかしたら、はぐれメタルキングよりランクが上なんじゃ?


没モンスター・プラチナキング
※「父親」と「母親」は某人物(触れてはいけない)の名前なので、隠しています。

プラチナキングの上限値
HP:200
MP:1200
攻撃力:1200
守備力:2000
素早さ:1600
賢さ:1500

レベルアップのスピード:ゴールデンスライムと同じ。

プラチナキングの耐性
ザキ、混乱、毒、眠り、麻痺、マインド、炎ブレス、吹雪ブレス、全ての攻撃呪文を無効。
ルカ二を半減。
マホトーンに弱い。

メタル系だけあってさすがに耐性面ではかなり優秀。特にルカ二系を半減で済むとは。
これでルカ二をガードアップさせれば、守備力面でほぼ無敵と化す。
最強ダースドラゴンと同等の攻撃力1200、マガルギと同等の賢さ1500。まさに最強モンスター!!

忘れるところだった。なんとこいつには没スキルでもある「プラチナキング」の固有スキルも所持。
ザオリク(5)、べホマズン(13)、リザオラル(20)、光の波動(30)、ばくれつけん(40)、
メドローア(55)、てんぺんちい(70)、獣王げきれつしょう(85)、じごくの踊り(100)

これほど強力なモンスター&スキルなら、バランスブレイカーのためにも没になって仕方ないことか。


プラチナキング没3
おう!プラチナキングの特性である!
「メガボディ2~3回」「ハードメタルボディ」「れんぞく(3回)」「会心完全ガード」を持っている。

なるほど、ダイヤモンドスライムを4体使っているだけあって、ハードメタルボディの特性があるのか。
そういや、はぐれメタルキングとかメタルスターはどうして「メタルボディ」なのだろうか?
しかも、何気にメタル系モンスターはルカ二系に弱く、HPもかなり低いので痛恨喰らったら終わり。

ここで目を惹かせていたただきたいのが、メタル系のモンスターに「会心完全ガード」の特性があること。
メタルキングやはぐれメタルキングなどのメタル系モンスターは、相手からの「痛恨」が天敵となる。
なにせ、これらの上限HPはほとんどが200以下。痛恨喰らったらほぼ即死。
対戦などでは「魔神斬り」がメタル系にとって驚異的な技となる。
しかも、このプラチナキングは「会心完全ガード」を持っている。なんともありがたいモンスターだ。


DQMJ2Pの没モンスター
没モンスターなのにちゃんとプラチナキングの枠が存在してある。
間違いない!プラチナキングだ。念のため、これは合成でも加工でもありません。
前述のとおり、先ほどのURLで確かめてください。


没モンスターと戦う
なんと、敵データとしてのプラチナキングも存在していたのだ。これは強制出現というコードで。
本来は魔界かブランパレス城あたりに出す予定だったのだろうか?

敵データのプラチナキング
HP:500くらい?
MP:無限?
攻撃力:1000
守備力:2000
素早さ:2000?
特性:メガ2~3、れんぞく、会心完全ガード、ハードメタルボディ
特技:逃げる、イオグランデ、マヌーサ、斬撃予測
経験値:196090(1匹分)
G:2000

なんとこいつ、スカウトができないのである。Sランクでも野生ならばスカウトできるはずだが…
「このモンスターは特別なのでスカウトすることができない!」
どうやらぷちメタルと同様、特殊なモンスターとして見做されているようだ。

古い記事  | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。