みあのドラクエブログ

DQMSL速報管理人みあの弟のブログ [NewEntry] [Admin]

カレンダー

10 « 2017-11 « 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

記事分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

みあブラザーズ

管理人  [ みあブラザーズ ]

ドラクエやFFを中心としたブログ
少しグロ記事もあるので注意

RSS

広告

FC2Ad

        --------       スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2013-05-24       【FF6】期間限定のモンスター

FF6にも期間限定のモンスターはたくさんいます。挙げればキリがないです・・・
何故ならば、崩壊前のほぼ全てのモンスター(約113種)が期間限定であった。
GBC版ではその一部のモンスターたちが魂の祠という場所に出てくることもある。だがそれはあくまで救済措置。
それでも崩壊前の期間限定モンスターは多く、基本的になるべく出遭うことを。

もっとも気を付けなければならないのが、サウスフィガロの洞窟に出現するモンスター。
コルツ山を抜けると二度と遭えなくなるため、GBA版で図鑑を埋めたいなら忘れずに遭遇しておこう。
短いダンジョンなので、意識していないと全種類に出遭わないことも多い。
コルツ山突破以前までに出現するのは、エポクスプレス、デミウルオク、フォーパーの三種。
それ以降の崩壊前は、カルタグラ、アクロフィーズ、ビックベアの三種。

ここに載せているモンスターは魂の祠にも登場しないものである。


ナルシェの洞窟
FF6 ウェアワイルド FF6 ハイウェイウェアラット、ハイウェイ
最初あたりの期間限定モンスター。遭遇率も普通なので、まず見逃すことはないと思う。
逆に見逃したらどうやって避けられたの?と言われるくらい。ロック編になると居なくなる。


ナルシェの洞窟(ロック編)
FF6 ウェアワイルド FF6 ヴァレオルワイルドラット、ヴァレオル
ロック編のみの期間限定モンスター2種。ここを見逃す人が意外と多いんだよね。
ヴァレオルはハイウェイの色違いで区別できたが、ワイルドラットとウェアラットの色が同じだから、
ロック編にワイルドラット出てきても、名前を見ないとわからないだろう。


ナルシェ周辺
FF6 リフィーバニー FF6 ブラックウィンド リフィーバニー、ブラックウィンド
こいつらはフィガロ城の周辺にも出てきたりする。だが、なるべく早く倒した方がいいだろう。


フィガロ城周辺(砂漠)
FF6 アクアラン FF6 デザートソーサー アラクラン、デザートソーサー
砂漠地帯に入らないと遭遇することはないだろう。ここは見逃しやすいかは微妙なところ。
これを知らない人は、最初の弱いうちは砂漠に入ろうとはしないかもしれない。


サウスフィガロの洞窟
FF6 デミウルオク FF6 エポクスプレス FF6 フォーパー
デミウルオク、エポクスプレス、フォーパー
サウスフィガロの洞窟・・・ここも気を付けなければならない場所。
時期によってモンスターがガラリと変わるからだ。


サウスフィガロの洞窟(ロック編)
FF6 ビッグベアFF6 アクロフィーズ FF6 カルタグラ
ビッグベア、アクロフィーズ、カルタグラ
ロック編では生息しているモンスターがだいぶ変わっている。これを知らないで後から損した人も。


サウスフィガロ周辺
FF6 ベルモーダー FF6 アンシリーコート FF6 ムー
ベルモーダー、アンシリーコート、ムー
言うまでもなく期間限定なので、早めのうちに倒しておくことがベター


コルツ山
FF6 ゴルギアスFF6 セルピアス ゴルギアス、セルピアス
ゴルギアスはHPがかなり高く、カウンター技である2倍強化攻撃「キバでつきあげる」は威力が大きい。
ポーションの他に低確率でハイポーションを盗め、低確率で金の針をドロップする。


ドマ城周辺
FF6 エピオルニス FF6 セレイドホッパー FF6 シピーラビット FF6 ストレイキャット
エピオルニス、セレイドホッパー、シピーラビット、ストレイキャット
ここで特筆したいのが「ストレイキャット」。ただの期間限定のモンスターかと思うが、
「ネコキック」は4倍強化物理攻撃で、ガウの「あばれる」でも使用することができる。
つまり、ガウの実質最強物理攻撃になる。モンスター図鑑とあばれるコンプの両方の目的が狙える。


迷いの森
FF6 パウポリウム FF6 ゴースト パウポリウム、ゴースト
迷いの森や魔列車にも出現する。この2種が同時に出てくることがあり、出現率も高め。


魔列車
レア・ジークフリード レア・ぼうれいジークフリード、ぼうれい
ジークフリードは宝箱を開けようとすると、どこからもなく現れる。戦闘後は生意気にアイテムを奪っていく。
竜の首コロシアムでは「俺の偽者がいる」という事から、おそらくこのジークフリードは偽物なのだろう。

一方、ぼうれいはジークフリードとは別の部屋の宝箱に潜んでいる。ジークフリードと違って雑魚戦のテーマだが、
ジークフリードよりかなり強い・・というか、ジークフリードが弱すぎただけなのかもしれん。
まあ、どちみちこいつはまともに戦えば魔列車自体よりも強いが。
これも列車内で仲間にした幽霊が憑依すればイチコロだが。亡霊に幽霊の憑依が効くというのはどういうことだ?

どちらも、獣ヶ原に出てこない完全限定モンスター(ジークフリードは人間)である。


蛇の道
蛇の道
ディオルベーダ、アスピランス、アクティニオン
この3匹は蛇の道にしか出てこない限定モンスター。というか、自動的にこいつらが出てくるので大丈夫だろう。
ナルシェ防衛イベント後に再び三日月山の洞窟から入れば、再び蛇の道に跳び込めることができる。
モグの「おどり」の一つ、水のハーモニーを覚えられるので、1回はモグを連れて来たいところ。


ナルシェ(幻獣防衛イベント)
FF6 バウンドハンター FF6 ボスバウンドハンター、ボス
この時期でしか会えないある意味レアなモンスター。図鑑コンプも考慮すると難しい。
バウンドハンターは曹長と共に登場する。残り一体になると逃走する。
出現時期を逃すと二度と遭遇できないため、あばれるをコンプしたい場合は十分に注意したい。


コーリンゲン・ゾゾ周辺
FF6 ブラッドファング FF6 ブレインシュガー ブラッドファング、ブレインシュガー
世界崩壊前のジドール周辺にも出現する。ブレインシュガーという名前が気になる・・・
毒蜂のようだが、その割に睡眠の効果がある「ねむりのはり」を使ってくる。


オペラ座
FF6 スタゴエスタナー、ゴエティア
バグ技の話になるが、オペラ劇場の天井裏にいるこの2種を全部倒さずに1匹以上残しておいて、
崩壊後に残っているこいつらに全滅させられると、何もないはずの場所で透明のオルトロスが4tの重りを落とし、
なぜか全滅扱いにはならずにそのまま演劇失敗のブーイングが流れて外に出る。

そしたら崩壊前の世界に戻っている(街の中は崩壊後)。なぜか音楽は獣ヶ原で敵も普通崩壊前の敵。
同一座標で片方が海の中に当たる場所に置いてしまうと、世界変更時に飛空艇が消えてしまう。
崩壊前・崩壊後共に平地になっている場所を探して置く必要がある。意外とシビア。
ちなみに外見だけブラックジャックに戻るが、中身はファルコンのまんま。
そして、オペラ座の団長に話しかけるとフリーズしてしまう。

PS版・DS版ではこのバグが修正されており、崩壊後はすっかり消えている。


帝国大陸
FF6 ジョーカー FF6 ドン ジョーカー、ドン
何気にこのペアで出現してくる。特にジョーカーからはグリーンベレーを盗めることがある。
関係ない話だけど、DQMJにも同名のがいるが、同じ名前でもポジションが全然違う・・・
こっちのはただのザコモン。あちらは伝説の神獣・・・


FF6 ワイバーンFF6 グラスウィルム FF6 リトワールビッヘ
ワイバーン、グラスウィルム、リトワールビッヘ
ワイバーンはHPが892と周辺の敵に比べて高め。スリップ効果の物理攻撃「スリップウイング」の他に、
たまに使ってくる大旋風はHPを激減させるため非常に厄介。


帝国首都ベクタ・魔導工場
FF6 サージェントFF6 ベルゼキューサージェント、ベルゼキュー
このセットで現れることが多い。ベルゼキューは見た目は犬だが、
物理防御力が高く、水・雷属性に弱いところを見ると、実は機械なのかもしれない。
普段の攻撃は物理攻撃のみだが、「スケッチ」「操る」で混乱効果のプログラム95を使用。


魔導研究所
FF6 プリン プリン
帝都首都ベクタの魔導工場に出現する。カラーリングは「青色」。
まれに魔石のかけらを盗める。そのため一部の縛りプレイなどでは結構重宝される敵。
用済みの幻獣を廃棄する場所に主に出現し、魔石の欠片が盗める……意味深である。

倒しても倒しても、上からボトボト「降ってくる」。
全滅させたと思いきや、さらに多くのコイツが降ってくると嫌になる…。


封魔壁への洞窟
カッパッパー ポーカー、アンタレス、リッチ
五種類の出現モンスターのうちポーカー、アンタレス、リッチの三種類は最初の3フロアまでにしか出現しない。
最初の3フロアは非常に狭いので、うっかりすると見逃してしまうので注意。
何気にボーカーがうざったい。カウンターでカッパソング「カッパッパーーーー!!」(笑)


帝国城(会食イベント)
FF6 しんえいたいしんえいたい
帝国での会食イベントにて、休憩をとった場合に戦うことができる帝国軍兵士。意外と見逃しやすいかも。
3体で出現し、2分以内に全員倒すと会食での評価が上昇する。

プロテスがかかっていたり、3倍物理攻撃の「腹に一撃」を使ったりするが、
HPは雑魚レベルだということもあって制限時間内に倒すのはたやすいだろう。


サマサの村周辺
FF6 ブレアレトス FF6 デバウアーブリアレオス、デバウアー
期間限定のモンスターというだけで、キマイラ以外の限定2種はこれといった特筆はない。
ブリアレオスからは大地の衣が盗め、余力があれば量産させて後の資金源にするのも良い。
ガウで「あばれる」と大旋風を使用することができる。


FF6 キマイラ2キマイラ
サマサの村がある大三角島の森のフィールド上に出現。崩壊前期間限定ではドラゴンに次ぐNo.1の強さ。
アクアブレスや2倍強化攻撃、一体だけになるとブリザード、ファイアーボール、大旋風といった技を使い始める。
盗むとゴールドアーマー(通常)とハイパーリスト(レア)を盗める。


幻獣の山
FF6 プワゾンベンヌ FF6 マンドレイク FF6 ランドグリヨン
プワゾンベンヌ、マンドレイク、ランドグリヨン
幻獣の山の外壁部分で登場するモンスターたち。期間限定なので見逃さずに倒すことは当然だが、
プワゾンベンヌはホワイトウィンドを使うため、いち早くストラゴスにラーニングさせることが可能。
ストラゴスは必然的に崩壊後の復帰が遅れるため、是非ともラーニングしておきたい。


魔大陸
ドラゴン6ドラゴン
世界崩壊前の期間限定のモンスターの中で一番強い。「リベンジブラスト」などで攻撃してくる。
レアアイテムである源氏の小手を盗むことができる。余裕があるなら幾つか盗んでおくと良い。
HPが7000あるため、戦闘開始直後を除きリベンジブラストの威力は即死クラス。
「しっぽ」が凶悪(装備を堅めた状態でも1700ダメージ程度くらう)。


魔大陸脱出時
FF6 ノーデ ノーデ
期間限定・・・というか、脱出時にはクソなくらい必ず遭遇する。他のモンスターはどこへ?
タイムリミットに追われるパーティーを嘲笑するがごとく、多彩な攻撃で足止めしてくる。
逃走不可で耐久力もそれなりにあるので、低レベル攻略時には非常に鬱陶しい相手。
経験値やギルは0だが、魔法修得値3ポイントが手に入る。期間限定はおいしいモンスターが多い。



ツェンの屋敷
ツェンの家ゾッカ、ナイトウォーカー、スコーピオン
ケフカの「裁きの光」を受けた事で崩壊寸前となり、この3種類が生息している、家なのにどうしてだ?
この3種類のモンスターは、どれもここでしか出現しない。獣ヶ原にすら出てこない。
民家なのにザコ敵が登場する。裁きの光をくらったときに一緒に送られてきたものなのか…?

そもそも、「ケフカに逆らったから裁きの光を受けた」との事だが、具体的に何をしたのか?
子供が「ケフカのバ~カ」とでも言ったのか?
あるいは「ケフカなどカスだ!カス以下だ!カス以下の以下だ!」なんて言ったのかも。
いずれにしても発言が元ならば、恐るべしケフカの聴力。


カイエンの夢
FF6 アルジャッブルアルジャッブル
カイエンの夢の中の魔列車以降のみに出現するモンスター。
雑魚が面倒だからとモルルのお守りで回避していると、モンスター図鑑に登録できずに終わってしまうので注意。
GBA版でも魂の祠に出てこないので、登録する場合は倒すべし。


エアフォース戦
FF6 ピット777 ビット
エアフォースがレーザー砲かミサイルポットが破壊された後に放出する魔法回避用のビット。
ビット自体にセリスの「魔封剣」と同じ効果があり、これがあるうちはエアフォースに魔法攻撃できない。
エアフォースが一度「波動砲」を発射すると、再チャージ開始と共に再びビットを放出する。

スポンサーサイト

        2013-05-23       【FF5】期間限定のモンスター

FF5はシナリオの進行によって舞台となる世界が変わります。
つまり、最終的には第一世界・第二世界限定のモンスターに出遭うことはない。
また、イベントのクリアで訪れる事ができなくなるダンジョンが数箇所あります。
特に第二世界のエクスデス城は期間限定のバーゲンセールみたいなものです。

今作はⅥの魂の祠みたいな救済措置がないため、モンスターを全て倒す必要がある。

Ⅴは期間限定のモンスターが多すぎるので、一つの記事にモンスター1体ずつ載せると重くなるので、
今回は期間限定のモンスターを出現するエリアにまとめて表示しています。


トルナ運河(第一世界)
FF5 サッカー FF5 オクトラーケン サッカー、オクトラーケン
名前だけ見ると「サッカーボール」つまり、ムーバかなんかのモンスターかと思いきや、
「sucker(吸盤、しゃぶるもの)」という意味のモンスターであった!

オクトクラーケンはHPは60とサッカーより10多く、しかもコイツは弱点属性がない。
強威力物理攻撃の「8本足」で攻撃をされる前に、物理攻撃で倒そう。


ウォルスの塔
FF5 ワイバーン FF5 パドスール ワイバーン、パドスール
ワイバーンは属性は耐性・弱点が特に無く、HPが200と高い。メタモルファが変身する際はHPが35倍!
1体だけになると強力なブレスウイングを使うので、その前にとりあえず集中攻撃。
ミスリルナイフを盗めるのでチャレンジするのもいいかもしれない。さらにポーションを必ずドロップする。

パドスールはHPが280と塔のザコ敵の中では一番高く、さらに直接攻撃の威力も高いモンスター。
ダメージ+毒効果の『ひれ?』も使ってくるので厄介。雷に弱いのでサンダーで攻撃したいところ。
通常攻撃は3桁ダメージもザラにある威力で、この時点ではかなり痛い。



カルナック城脱出時
FF5 ぐんそう FF5 ソーサラーFF5 ギガース FF5 カルナック
ぐんそう、ソーサラー、ギガース、カルナック
カルナック城の脱出イベントに出現するモンスターたち。10分という時間をどう使うか? 焦るけれど面白い。
全宝箱回収に励むか? ギガース相手にエリクサーを盗みまくるか?

だが、最大の難関は宝箱から出てくるギガース。こちらの攻撃に対していちいちエアロでカウンターしてくる。
実は宝箱から出てくるモンスターもランダムらしい。



ロンカ遺跡(クリア前)
FF5 ヒュドラ FF5 ラメイジ ヒュドラ、ラメイジ
「ファイラ」「ブリザラ」「サンダラ」を唱えてくるので、「サイレス」が有効。
HPや防御力は高くないので、地形の「かまいたち」や、力の強いジョブの攻撃などで簡単に倒せる。
「ラ」系の中級魔法を使う魔道士(メイジ)、ということでこの名がついたと思われる。

HPも2000と第一世界の敵では高い方。全員に割合ダメージを与える稲妻と強力な突進で攻めてくる。
雷属性を吸収する。グラビデがよく効くのでHPを削ってから倒すとよい。



船の墓場(第一世界)
FF5 スケルトン FF5 カルキュルスル FF5 アンデッドラスク FF5 サイコヘッズ
スケルトン。カルキュルスル、アンデッドラスク、サイコヘッズ
船の墓場に生息する限定モンスターたち。無論、ここで倒しておかないと損をする。

にしても、アンデッドラスクの「ラスク」って、どうしてもあのパン菓子だと思ってしまう。
ラスクのアンデッド・・・カビてもなお食卓に乗ってしまうラスクということか?
英語版ではUndead Husk (husk:果実の殻や皮。もしくは「ヤツ(奴)」)


イストリー周辺(第一世界)
FF5 ストーンゴーレム FF5 ミニドラゴン ストーンゴーレム、ミニドラゴン
ストーンゴーレムはHPが1000と高いうえに防御力も高いため、弱点の雷属性以外ではダメージを与えにくい。
ミニドラゴンはイストリー東部の森に出現する緑色の小さなドラゴン。連発するプチブレイズが強力。


ウォルス城の配水塔(第一世界)
FF5 シヴァFF5 アイスコマンダー FF5 アイスソルジャー2
シヴァ、アイスコマンド、アイスソルジャー
ウォルス城配水塔に生息。召喚獣シヴァはお供でアイスコマンダーを3体連れている。
行動パターンは前列ブリザラ→後列ブリザラを繰り返すのみ。全員前列の場合は、全体ブリザラ→単体ブリザラ。



第二世界入ってすぐ
FF5 アブダクターアブダクター
第2世界で一番最初、もしくはその次に戦うことになるモンスター。
カラーは青だったり緑だったりと場所によって変化する。亜種なのか?
他にも、バル城から出たガラフを襲撃したり、エクスデス城のドクロ型トラップから出現。


ビッグブリッジ
FF5 はんぎょじん FF5 ネオガルラFF5 フライングキラー FF5 プチチャリオット
はんぎょじん、ネオガルラ、フライングキラー、プチチャリオット
プチチャリオットはビッグブリッジの強制戦闘で最初に3体で出現するモンスター。


ゼザの船団
FF5 エンキドウFF5 ガブルガデックエンキドウ、ガブルガデック
ゼザに言われたとおりに休むと「魔物だー! 敵が攻めてくるぞっ!!」という声が響き、
ガブルデガックやエンキドウを率いたギルガメッシュが襲ってくる!
ここの固定エンカウントの雑魚であるガブルデガックは最低でも1回戦わなければいけない。

ギルガメッシュのHPを3000削ると親友?のエンキドウを呼ぶ。
つまり、エンキドウが登場する前にギルガメッシュを即死攻撃で倒すと出番が無くなり、図鑑が埋まらなくなる。


バリアの塔
FF5 ネオン FF5 マグニティス FF5 レベルトリッカー FF5 グラビード
ネオン、マグニティス、レベルトリッカー、グラビード
第二世界に登場するダンジョン。エクスデス城を護るバリアの発生装置である。
リフレクドナイトと一緒に出るグラビードやレベルトリッカーなどのモンスターを混乱させると、
使用魔法が跳ね返ってくるので少し危険。


FF5 リフレクドナイト FF5 ジグラトギガースリフレクドナイト、ジグラトナイト
HPの高いジグラトギガースや防御力が高く常時リフレク状態のリフレクドナイトなど、厄介なものが出現する。
ジグラトギガースは第三世界のピラミッドでゼファーゾーンの召喚モンスターとして出現。


カトブレパスの湖周辺(第二世界)
FF5 カトブレパス カトブレパス
第2世界北西部にある湖の周辺で遭遇できる。一つ目の巨大な牛の姿をしている。
戦闘で勝利し、ドロップアイテムを使用すると召喚可能になる。
通常物理攻撃とドレインで攻撃してくるが、ダメージを受けるとカウンターで「悪魔の瞳」使う。

第3世界に進むと二度と戦えないので倒し忘れに注意。


第二世界到着直後の島
FF5 パオパオ
ハンマーを持ったコソ泥の様な格好をしたモンスター。倒すと必ずテントをドロップする。
コイツは経験値もギルも持っていない。得られるのはテントと1ABPのみ。
それゆえに、低レベル攻略・制限プレイではそこそこ美味しい敵と言える。


エクスデス城地下
FF5 ジェイルベア FF5 タランチュラジェイルベア、タランチュラ
タランチュラはHPは200しかないが、集団で出現し、スロウ効果の『糸』を使うので厄介。
ジェイルベアから盗めるスピアは最弱の槍だが、こいつから盗む以外に入手方法がないレアアイテム。


エクスデス城周辺(第二世界)
FF5 ロックブレイン FF5 ウォーターバズロックプレイン、ウォーターバズ
地味に期間限定のモンスター。GBA版でモンスター図鑑を埋める際は気を付けよう。
ロックブレインからエリクサーがゲットできたりと、期間限定故にお得なモンスター。


ルゴル周辺(第二世界)
FF5 デバウアー FF5 マンドレイク FF5 フェアリーオーク FF5 ルネンタ
デバウアー、マンドレイク、フェアリーオーク、ルネンタ
第二世界限定のモンスターたち。当然、この時期のうちに戦わないとモンスター図鑑が完成しなくなる。


クーザー周辺(第二世界)
FF5 クーザークーザー
第二世界で封印城クーザー周辺に出現する大型の魔獣。
HPが5000と高く、物理攻撃の威力も怖い。「????」も使ってくるため、コイツは瀕死時が一番危険。
第三世界ではフェニックスの塔の「壁トラップモンスター」として出現。
HPが10000と倍増しているが、攻撃パターンは変わらない。


地下大河
FF5 レッサーロプロス FF5 モーグリイーター FF5 アクロフィーズ
レッサーロプロス、モーグリイーター、アクロフィーズ
第二世界のグロシアーナ砂漠西方の地下を流れる大河には、モーグリイーターが多数生息している。
期間限定のモンスターなので、常に出遭っておこう。


モーグリの村付近の砂漠
FF5 サンドクローラー FF5 カークタース サンドクローラー、カークタース
第2世界限定モンスター。特にサンドクローラーには要注意!
出来れば会いたくないだろうが、GBA版のモンスター図鑑完成には会わなければならない。


バル城~ケルブの村周辺(第二世界)
FF5 アクアソーン アクアソーン
第二世界でケルブやサーゲイト周辺の沼地に現れる水棲植物。
HPは800しかなく、単体で出現することも多いので弱点の雷属性で早く倒そう。


ギルガメの洞窟(第二世界)
FF5 アンダグランダ アンダグランダ
1匹だけで出現することも多い。また、他の地域には出現せず、あくまでもこの洞窟のみ。
地の属性を持ち、パーティー全員に地震で大ダメージを与えるので、レビテトを唱えてから戦いたい。
混乱させると自分自身に「地震」ばかりするが、地属性のために吸収して大幅に回復する様がみられる。
レベル24である上に火力の高いタイタンが使えないので、レベル4グラビガが輝く数少ない相手。


ギードのほこら
FF5 ラジエーター ラジエーター
第二世界のギードの祠で出現するブラッドスライムの色違い。
通常攻撃とクリティカルで攻撃してくる。レベルが40なのでレベル5デスで一掃した方が楽。
あやつることで青魔法きゅうけつのラーニングが可能。


サーゲイト城・ムーアの村周辺(第二世界)
FF5 ボールドマニー FF5 ランドタートル FF5 キュアビースト
ボールドマニー、ランドタートル、キュアビースト
キュアビーストはたまにエリクサーを落とすのでヒマなら集めよう。
ボールドマニーはカトブレパスがいる森などにも出現し、ギル、EXP、ABPがそこそこ手に入る。
5体で出現した場合、1695ギル(339×5)と結構な大金が手に入り、さらにABPも3得られる。


ムーアの大森林
FF5 ウィルム FF5 インプウィルム、インプ
GBA版でモンスター図鑑を埋めたい場合、ウィルムはここで倒しておかないと二度と遭遇できないので注意。
インプも限定モンスターだが、こちらは出現率が非常に高いので問題ないだろう。


エクスデス城
FF5 アダマンゴーレム FF5 バンデルクアール FF5 ツインリザード
アダマンゴーレム、バンデルクアール、ツインリザード
第二世界のラストダンジョンだけあって、敵もかなり強いやつが多い。
特に即死orマヒ効果の「ブラスター」を使うバンデルクアールが強敵であろう。


FF5 モータードライブ FF5 あんこくまどうし FF5 リフレクドメイジ
モータードライブ、あんこくまどうし、リフレクドメイジ
第二世界の最終ダンジョンになる為なのか、まさにエクデス城はレアアイテムの宝庫である。
モータードライブからはビーストキラー、リフレクドメイジからはリフレクトリング、
そして暗黒魔道士からはレアで裁きの杖が盗める。他にもレッドドラゴン等もレアアイテムを持つ。
特にリフレクトリングは低レベルプレイだけでなく、通常プレイでも役に立つので人数分盗んでおきたい。


FF5 カーバングルカーバンクル
エクスデス城の10Fで戦える召喚獣。
通常では常時リフレク状態で、魔法の反射攻撃を仕掛けてくる。最初はLv3の黒魔法だが、
HP10000以下でバイオ、ストップ、コンフュ、5000以下ではブレイク、デジョン、デスを使うようになる。
3回攻撃するたびにモードチェンジし、ケアルラを使った後通常に戻る。


古代図書館(ピラミッド終了前)
FF5 32ページ FF5 64ページ FF5 128ページ FF5 256ページ
32ページ、64ページ、128ページ、256ページ
第一世界および第三世界に登場する施設。地下は本棚を動かすことで道を開いていくダンジョン。
通常戦闘では「○○ページ」というモンスターしか出現しない。
最も気を付けなければならないのが64ページ。レベル5デスを使われ一瞬で全滅を経験した人も多いだろう。
ちょうどここを攻略する時期にLv15前後になるよう、巧妙にバランス調整された結果である。


フォークタワー
FF5 リカルドメイジFF5 タイニーメイジ リカルドメイジ、タイニーメイジ
フォークタワー(左の魔法の塔)に生息する魔法使い系のモンスターたち。
リカルドメイジはウォルスの塔にも出現するが、魔獣使いのジョブ入手時には行けなくなっているので、
そこで取り逃した人はフォークタワーで倒しておこう。それでも逃した場合は諦めるしかない・・・


FF6 アイアン FF5 デュエルナイト FF5 バーサーカー
アイアン、デュエルナイト、バーサーカー
フォークタワー(右の物理の塔)に出現する力持ちのモンスターたち。

        2013-05-23       【FF4】期間限定のモンスター

相変わらず期間限定のモンスターがいるため、モンスター図鑑コンプリートを狙う場合には注意。
リメイク版では、SFC版で完全に期間限定だったモンスターの一部は「月の遺跡」にて出現する。


ゾットの塔
FF4 プラクティプラクティ
出現率が低い上に1・2・4階にしか出現しないため、GBA版では穴になりやすい。
2階はそこそこ出現率が高い模様。ブリズリザード2体と一緒に出現した。


FF4 マリオン マリオン
必ずマリオネイターと一緒に現れ、単体で出現する事はない。
マリオネイターが一人になるとこいつを召喚する。


FF4 マリオネイター マリオネイター
ゾットの塔にて登場する召喚士の亜種。最初はこいつと人形のマリオン2体セットで登場する。
先にマリオンを倒してから一定時間経つと再びマリオンを召喚するので絶好の経験値稼ぎになる。


FF4 ケンタウロナイトケンタウロナイト
DS版では攻撃力が高く、テラが一撃死する事も。またブレイクが効かないモンスターである。
ちなみにGoogleで検索すると「もしかして:ケンタロウナイト」と出てくるw


FF4 マグマントータス マグマントータス
地底に出現する赤い亀。名前も見た目通り炎に強い。
イージーでは「ファイアタートル」だが、地底に海亀(タートル)ってこたーないだろう。


バブイルの塔(地底)
FF4 ゴブリンキャップゴブリンキャップ
地底世界に出現するゴブリン系の敵。弱い割りに経験値が高めなのが特徴。
地底世界最弱クラスのモンスター。HPは199しかなく、出現時期を考えるとかなり低い。


FF4 メデューサメデューサ
地底に出現する。レアアイテム「ブレイクブレイド」を落とすことがあるが、出現率が低い。
普段は指先1本やりだが、1体だけになると打撃オンリーになる。


FF4 ストーンゴーレム ストーンゴーレム
出現率はかなり低く、アイズに呼び出される印象の方が強いのではなかろうか。
そこそこに高いHPと攻撃力を持つが、危険な存在とは言い難い。冷気が弱点。


FF4 アイズアイズ
こちらから手を出さなければ「…侵入者確認中…」と出るだけで何もしてこない。
攻撃するとカウンターで「警報」を使い、ナーガ、キマイラ、フレイムドッグ、ストーンゴーレムのいずれかを呼び寄せ攻撃させる。
他のモンスターがいる状態でアイズに攻撃すると、カウンターで「ビーム」を使う。

通常エンカウントのほかに、宝箱の中に潜んでいる事もある。
宝箱のアイテムを盗りに来た一同を警告するのが本来の目的じゃないかな・・・
地底の最上階にも出るけど、最上階は重要施設だから警備を厳しくするとして。
このモンスターの「警報」を利用して経験値を稼ぐプレイヤーもいる。


FF4 ナーガ ナーガ
アイズの警報でしか出てこないレアモンスター。特に特徴は無いが戦い忘れに注意。
アイスシールドの宝箱にいるアイズに呼ばせよう・・・というかそうしないと面倒。
ちなみに「ナーガ」とはサンスクリット語で「蛇」の事。


FF4 フレイムナイトフレイムナイト
炎属性を持つアイテム(炎のヤリ、フレイムソード、フレイムシールド、フレイムメイル)をドロップする。
そのため、何度も狩られることもあるおいしいモンスター。


FF4 キマイラ キマイラ
特殊攻撃はブレイズだけだが、炎・氷・雷の三属性を吸収し、後の作品のキマイラにつながる面が見られる。
HPがやや高く弱点もないため、他の多くのモンスターに比べると少々倒しづらい。


バブイルの塔(地上)
FF4 メレディボムレメディボム
バブイルの塔に出現。紫色のボム。ここで戦い忘れても月で戦える。3ターン目の行動で自爆する。
氷弱点だが、氷属性の魔法を受けるとカウンターで自爆する。


FF4 クアール クアール
FF4以降はブラスターがマヒまたは即死効果になり、それが特徴のモンスターになる。
ケットシーの上位種で、バブイルの塔の通常エンカウントの他に、エブラーナ城の宝箱でも出現。
また、シルフの洞窟南部のレアモンスター出没地帯で、アラウネと一緒に登場する。


FF4 バーサオーガ バーサオーガ
何も知らずエブラーナ城の地下にある宝箱を開けてしまい、叩き殺されてしまったプレイヤーは多いだろう。
魔法防御が異常なまでに高い為、攻撃魔法は1ダメージしか通らない。


FF4 ソーサラー ソーサラー
マリオネイターの色違い。特殊攻撃の「しょうかん」で
クアール、霊騎士、マザーラミア、バーサオーガ、グリーンドラゴン、ミスリルゴーレムのいずれかを呼び出す。


FF4 らいせいらいせい
雷精という名前だが通常攻撃をするのみ。霊体でもない。
雷属性の魔法を吸収する。


バブイルの巨人
FF4 ラストアームラストアーム
バブイルの巨人のセーブポイント付近の宝箱の中に入っているモンスター。
ダメージを受けるとカウンターで電磁場を使いストップ状態にして、一定時間経つと爆発。

        2013-05-23       【FF3】期間限定のモンスター

やり込みをされる方だと、モンスター図鑑を全部埋めたいという方もいると思います。
しかし、FF3には機会を逃すと二度と会えないモンスターが結構多くいるので、
それらを紹介したいと思います。でも、これはⅤやⅥの数に比べればまだまだ序の口です。


ハインの城
FF3 ファラオファラオ
ラミアやレムレースとセットで大量に出てくるので、倒すのに時間がかかる。
こいつのにらみ効果は睡眠だが、ラミアのよりはマシ。狩人がいるなら聖なる矢で攻撃しよう。


FF3 レムレースレムレース
こいつ自体はさほど脅威とならない。こいつが付き従う姉貴分や兄貴分のほうを警戒すればいい。
英語版ではlemur(lemuresの単数形)。偶然にも、ワオキツネザルの英名と同じつづり。


FF3 ラミアラミア
誘惑ではなく「にらみ」で混乱させてくるようになった。グラフィックは明確なトップレスである。
厄介なのは「にらみ」を防ぐ方法はほぼ無いことだ。


FF3 デーモンデーモン
ハインのしもべとして量産されているらしく、牢番をしているものもいる。
グラフィックはⅡのアスタロートを小型化したような感じで、サイズの関係か下半身が描かれていない。


FF3 デュラハンデュラハン
姿が大きくてドットも美しいものだから、一見ボスかと思った人もいるだろう。しかし雑魚モン。
ハインの城で出るものの、出る部屋などが限られているため、結構見落としやすい敵でもある。
その容姿からアンデッドのように思われるが、違うので注意。


浮遊大陸の海
FF3 キラーフィッシュキラーフィッシュ
内海に出現する魚。大きさは5~8倍大きいとのこと。特殊攻撃もなく、電撃が弱点。
前作のⅡ同様、期間限定の雑魚モンスター。


FF3 ハーミット ハーミット
浮遊大陸海域に出現するアンモナイトの殻に住み着いたモンスター。通常攻撃に毒の追加効果をもっている。
名前だけ聞くと、hermit(世捨て人、宗教的隠遁者)→ってことは魔術師・僧侶系か?と思ってしまうが、
こいつの場合はhermit crab、つまりヤドカリである。


FF3 サハギン サハギン
浮遊大陸の内海に出現する雑魚モンスターで、ステータスも低く目立った特殊攻撃もしてこない。
封印の洞窟に行く際には、カヌーに乗ったままこいつなど海域の敵に出くわすことがあるので注意。
逆に、序盤からレベルを上げたい場合はカヌーに乗って狩るのも一つの方法である。


FF5 シーエレメンタル シーエレメンタル
浮遊大陸海域に出現する、意思を持つ渦潮のモンスター。水棲モンスターのご多分に漏れず、雷に弱い。
「海」という自然要素をつかさどるモンスターということなのかもしれないが、
「エレメント」と付く割に、エレメント系モンスターの仲間に入れてもらえない。


FF3 タンギー タンギー
催眠効果を持つ「にらみ」にさえ気をつければ、問題ないだろう。弱点の雷で一掃してしまおう。
Tangieとは、スコットランド北部沿岸地域に伝わる、子馬(または半魚人)の姿をもつ海の怪物のこと。
デンマーク語のTang(海藻)に由来する。


下の世界の海
シードラゴンレアシーライオン
DS版にて、地上世界の海域に出現する正式なモンスターとして復活した。
元々海底のモンスターに匹敵するステータスがベースの為、サロニア突入前のステータスでは危険な相手。
しかしながら、サロニア突入後はエンタープライズが無くなるので海上の敵、つまりこいつと戦えなくなる。
モンスター図鑑完成プレイヤーにとっては避けては通れぬ道。


ドーガの洞窟
FF3 ペリュトン ペリュトン
主にドーガの洞窟に出現するが、海底洞窟でトライデントの入った宝箱を守るモンスターとしても登場する。
ワイバーンと同じグラフィックだが、FC版でのワイバーンはデータ上のみの存在だったので、
昔は固有グラフィックのモンスターと思われていた。


FF3 サイクロプス サイクロプス
ドーガの洞窟に出現するキュクロプスの上位種。ドラクエにも同名のモンスターが存在している。
能力設定も適当で、周りのモンスターとほぼ同じパラメータで肉弾攻撃一本槍。


FF3 オーガ オーガ
色違いのボストロルとファハンに比べて色彩がキツい。DS版では棍棒の色が違う。
周りのモンスターと比べても特に力が強いわけでもない上お宝も持っておらず、印象に残りにくい。


FF3 フンババ フンババ
ドーガの洞窟に出現する雑魚敵。カトブレパスの上位種で翼が生えた牛の姿。
通常攻撃しかしてこないのでそれほど手強くない、何とも地味なモンスター。

FF6に同名のモンスターがいるが、あっちのはボス敵である。


FF3 ネメシス ネメシス
緑色の背びれがある紫色の半魚人のように見えるが、その正体は異常進化を遂げた食虫植物。
同時期のモンスターと比べ、攻撃力が著しく低い。
混乱にらみを使ってくるが、この時期になるとこれもあまり効かない。


ドールの湖
FF3 レモラ レモラ
実に奇妙な姿だが「レモラ」(コバンザメ)の名を名乗るからには一応魚なのだろう。
不気味な姿がやたら印象に残るが、戦力的には特に目立った点はない。


FF3 ウロボロス ウロボロス
人間の頭を持った蛇の姿で、他シリーズのナーガと同種だと思われる。
強さ的にはほとんど変わらない。毒の追加効果を持つのも同じ。他には特に特殊能力はない。
しかし、DS版では通常攻撃の追加効果が石化に変わり、危険な敵に・・・


FF3 プランクタイ プランクタイ
ドールの湖に出現するオログハイの上位種。催眠にらみと高い攻撃力を駆使して襲いかかってくる。
かなり多くの経験値とギルを持つが、出現数が少ないので稼ぎのカモにはならないのが残念。


FF3 シーライオンシーライオン
ライオン頭のアザラシもしくは魚(尾の形状から、少なくともアシカ科ではない)。雷属性が弱点。
DS版ではこいつを倒さずにダンジョンをクリアしてしまうと、後で泣く羽目になる。

25thメモリアル本で公開された当時の設定画では、なんとこいつの背中に女戦士がまたがっている。
海上の騎士というアイデアがあったようだ。

        2013-05-23       【FF2】期間限定のモンスター

FF2の期間限定モンスターは、ストーリーを進めすぎると出現する機会が無くなる。
つまり、それらのモンスターと二度と遭遇することがなく、モンスター図鑑が永遠に完成されなくなる。
FFⅣの月の遺跡やⅥの魂の祠のような救済措置も設定されていないので特に注意!

具体的にタイミングを考えないといけないのは2回で、ミシディアの塔をクリア(アルテマの本を入手して脱出)、
竜巻が襲来すると、全フィールド上のモンスターが一新され、これによって今後出現する機会が一切なくなるモンスターが存在する。
次に、パラメキア城をクリアすると出現する機会がなくなるモンスターもいる。

オレジナル版とリメイク版では、モンスターのカラーリングが大きく変更されていので、
FC版とGBA版のグラフィックの2つを出します。


ミシディアの塔クリア後に出なくなるモンスター
FF2 キラーフィッシュキラーフィッシュ
竜巻出現前の全海域で遭遇する魚型のモンスター。特殊攻撃もなく、バッカニアと並ぶ海でのザコ。
持っているギルはバッカニアの方が遥かに多いし、何かアイテムを落とすわけでもない。


FF2 ありじごく ありじごく
その名の通りの姿をしたモンスターで、パラメキア城周辺地帯に出没する。
通常攻撃の追加効果で麻痺があるくらいで、あとは普通のモンスター。冷気と毒に弱い。


FF2 ビッグバードビッグバード
序盤に登場するスプリンターの上位種。ゲーム中、大戦艦へ行く途中に遭遇することが多いが、
それ以降はその辺りの地域に用がないので見かけなくなる。
出現時期が限定なのに加えてフィールド特定地域なので、モンスター図鑑のある機種(GBA版)では注意が必要。


FF2 ランドレイランドレイ
エイのような姿をしたモンスターだが、パラメキア城近辺の砂漠やその周辺地域で出てくる。
追加効果に麻痺があるが、他に注意すべき点があるわけではない。上位種にフライングレイとマンタレイがいる。


FF2 バッカニア バッカニア
FF1のパイレーツに相当する、全海域で遭遇するザコ。
Wikipediaによると、バッカニアとは「大航海時代に国の許可を得て敵国の略奪を行った海賊」とのこと。
もしかしたら、コイツらはパラメキア帝国の許可を得て海賊行為をしていたのかもしれない。


FF2 シースネイク シースネイク
竜巻出現前の全海域で遭遇する。竜巻出現前の海上で遭遇するモンスターの中では強い。
追加効果で猛毒があることと、稲妻が弱点ということ以外は特筆すべきこともない。
キラーフィッシュと同時に出てくることが多い。


FF2 ダイブイーグルダイブイーグル
大戦艦や海上で登場。耐性や特殊攻撃もなく、ステータス上もそれほど見るべきところはない。
リメイク版のグラフィックはよく見ないとキノコに手足が生えた化け物のように見える。


パラメキア城クリアに出なくなるモンスター
FF2 スカル スカル
デッドヘッド同様、怪しい火を伴う頭蓋骨の姿をしたアンデッド。色違いのデッドヘッドより遥かに強く、
通常攻撃の追加効果でHP吸収がある上、ブリザド12、スタン16、トード10を使ってくる。

パラメキア城に出現するが、同じエリアに出てくるモンスターの中では比較的HPが少なめなのが救い。


FF2 アイメーバ アイメーバ
緑のスライムに目玉がたくさん付いたような外見のモンスター。
出現率は高いので、竜巻とパラメキア城を普通に攻略していればまず間違いなく遭遇できる。


FF2 ストーンゴーレム ストーンゴーレム
パラメキア城に出現する石製のゴーレム。
攻撃力・防御力が高く、魔法で攻撃するほうがいい。FF2では期間限定モンスターなので、
モンスター図鑑のあるリメイク作でモンスター図鑑のコンプを目指す人は注意しよう。


FF2 くろきしくろきし
冒頭でいきなり敵にやられるという演出は当時は斬新で、多くのプレイヤーに強い印象を残した。
ここで黒騎士を倒そうというプレイヤーもいたが、そんなのはチートでも使わない限り不可能である。
後にパラメキア城で通常のザコモンスターとして登場。ここまでくればもはや楽勝だと思いきや、
ゲーム終盤に差しかかったこの段階でもそれなりに強いモンスターだったりする。


FF2 ジェネラル ジェネラル
パラメキア帝国の将軍で、かの有名なキャプテンの上位種。
通常物理攻撃のみだが、攻撃力120、攻撃回数と命中率は10回-95%と凶悪。
テツキョジン程ではないが、あのデスライダーやラスボス皇帝陛下を凌ぐ攻撃回数である。

本作最強の斧であるルーンアクスをドロップすることがある。
コイツが守っているダイヤアーマー自体は役立つ機会のほとんどない防具だが、
ルーンアクスのドロップ目当てに敢えて戦ってみるのは悪くない。

古い記事  | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。