みあのドラクエブログ

DQMSL速報管理人みあの弟のブログ [NewEntry] [Admin]

カレンダー

01 « 2017-02 « 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

記事分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

みあブラザーズ

管理人  [ みあブラザーズ ]

ドラクエやFFを中心としたブログ
少しグロ記事もあるので注意

RSS

広告

        --------       スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2013-01-21       普通に戦うと勝てない相手 (ドラクエ編)

ドラクエには普通に戦うと勝てない相手(強化りゅうきなど)や負けて進む負けイベントがある。

ドラクエにもある負けイベント。負けバトルや全滅イベントとも言う。
普通の戦闘とは少し特殊であり、負けてもストーリーがそのまま進むイベント。
ここでの戦闘はプレイヤーが絶対に勝てないように設定されており、強さがめちゃくちゃ強い。
一応、データ上倒すことはできるが、その場合でもこちらが負けたと見做される。

ドラクエⅨにもイザヤールやエルギオスの負けバトルなるイベントがあるが、
あらかじめ主人公が動けない設定なので、今までとは違う。



無敵・キングレオ キングレオ
ドラクエの負けバトルイベントの元祖である。ここから以降のシリーズに負けバトルを搭載。
FC版ではHP999で、さらに自動HP回復の特性まで備えている。
しかも、この自動回復は1ターンで999回復(つまり全回復)

有名な8回逃げ裏ワザを利用して、1ターンで会心の一撃を四発(1発250超え×4)叩き込めれば、なんとか倒せる。
ただし、そうして無理やり勝ったところで報酬は何も無く、即座に再戦となる。
ついでに、レベルと力はともかく、キラーピアスはデータを改造しない限りは第四章の内に手に入れることはできない。

リメイク版では自動回復量が100になっているため、レベルさえ十分に上げれば成功法で勝つことも一応可能。
とはいえ、キングレオが無限のMPでベホマを使用する関係上は多少の運も絡む。



無敵・ゲマ ゲマ
Ⅳのキングレオに続く負けバトルのボス。Ⅴではこいつだけである。
HP:1024で、常時マホカンタ、様子を見る・笑っている・メラミ・火炎の息・痛恨の一撃、自動回復100
普通のレベルなら難しいが、キングレオやⅦの負けバトル連中に比べれば比較的簡単。
ただし、勝利しても戦闘終了後、負けたことになっており、何事もなかったかのようにイベントは進行する。
せめて倒された時のレアセリフを吐いてくれればよかった。



無敵・まおうのつかいまおうのつかい
負けバトルではない。普通はもう一人の主人公と合体してから戦う相手なのだが、合体する前でも戦える。
だが、その時の魔王の使いの強さはハンパなく強い。この時のステータスは、

HP:1500 完全2回行動、ベギラゴン、マヒャド、火炎の息、ルカナン、激しく斬り付ける、攻撃をかわしやすい
耐性:デイン系以外の全ての呪文・特技・状態変化が効かない。守備力も300

単純にHPこそは1500とこの時期のボスとしては低いが、火力がものすごく強いため、
HP3000のデュランやそれ以降のボスよりも強い。



無敵・キラージャック キラージャック
絶望の町で監視をしている。ステータスは通常のキラージャックと同様だが、
この時はパーティ全員が無気力状態(全てのステータスが0)なので、戦うとほぼ全滅してしまう。
メラゾーマなどの呪文があればなんとか倒せそうだが、MPも0のため呪文系は一切使えない。
無気力状態から復活した後にこいつと戦おうとすると、逃げてしまう。



無敵・ドグマドグマ
HPをはじめとした各能力、耐性の全てにおいて優れており、弱点らしい弱点もない。
行動は完全ローテーションで、メダパニ→通常攻撃→ザラキーマ→様子を見る→ベホマラー→ムラサキのひとみ
【ムラサキのひとみ】は全体を確実にマヒさせるという反則的なもの。これはアストロンでも防げない。
つまり、6ターン以内に7000ものHPを削りきれれば倒すことは不可能ではない。
ただし、苦労して倒しても、戦闘終了後には負けたことになっている。



無敵・スイフースイフー
武闘家と荒くれというあんまりにあんまりな名前の取り巻きと共に出現。
その辺のモンスターの攻撃力が50程度の時期に、攻撃力120(この時期で最高)で強化攻撃と痛恨の一撃持ち。
しかもHPは30000もあり、その上ターン毎100の自動回復特性まで持っている。
おまけにこちらの呪文・特技が全て封じられているので、とても倒せる相手ではない。
ちなみに、データをいじって強引に勝った場合、何事もなかったかのように全滅したものとして話が進むらしい。



無敵・イノップ 無敵・ゴンズ イノップ&ゴンズ
初戦は西の洞窟。フーラルによってまんまと騙され、真っ向勝負をさせられる羽目になる。
ゴンズと共に登場し、人間たちから奪ったその力を余すところなく振るってくれる。

スイフー戦同様、こちらの特技や呪文が一切使えないため、苦戦を強いられるのは尚の事、
スイフーと同じ30000のHPと毎ターン100回復が2体、
火力がハリケーンによる全体攻撃や、武器の振り回しによる強化攻撃が強烈である。
スイフー以上に難関で、おそらくDQの負けイベント史上最強のボスだろう。



りゅうきシュプ りゅうき兵
過去のプロピナのボス。
最初の戦闘では、耐性はほぼ完璧で打撃回避率もそこそこあり、バギクロスや爆裂拳などを使う強敵。
なによりの特徴はHPが9999とⅢのグランドラゴーン並みのタフさを誇る。
だが、6ターン経つとイベントが発生、Ⅵのまおうのつかいのような弱体化を遂げる。

強化状態に倒すには、全員がアルテマソードを連発するしかない。それでぎりぎり6ターン以内に倒せる。
ちなみに、これで倒しても、何故か戦闘が始まって今度は弱体化したりゅうき兵と戦うことになる。

それにしても、どうしてⅦのボスモンスターはこうまで雑魚モンスターの使い回しなのか?
タイムマスター=ダークビショップ、やみのまじん=ランプのまおう、やみのドラゴン=ウィングドラゴン…
名前を変えただけならまだしも、明らかにザコモンそのままを流用しているコイツとウルフデビル(クレージュのボス)は・・・



無敵・ゼッペル ゼッペル
負けバトルボスにして最強のボス。HPは40000という、隠しボスである神さまの3倍以上!!
ドラクエにして40000のHPは、SFC時代のFFのボスよりも多く、
またドラクエではキャラバンハートのマスタードラゴンに次ぐタフさを誇る。

だが、本来負けイベントのボスは倒しても経験値やゴールド共に0(報酬なし)なのだが、
何故か経験値:1、ゴールド:1と報酬の設定がされている。

スポンサーサイト

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。